失踪日記

  • 2054人登録
  • 3.67評価
    • (256)
    • (275)
    • (521)
    • (35)
    • (8)
  • 339レビュー
著者 : 吾妻ひでお
  • イースト・プレス (2005年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872575330

失踪日記の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 実話である。すさまじいなと思いつつ、東京では、乞食のような状態でも、意外に生きていけるものだと思った。贅沢を言わなければ、お金がなくとも生きられるようだ。
    著者のマンガ、最盛期に読んだことあり。

    捜索願が出ていた、そんな中で、工事現場にしろ働けるものなのか?

  • ホームレスやってると働きたくなる
    肉体労働やってると芸術がしたくなる
    これは本文からの抜粋です。人であると言う事は辛くて逃げ出したくなる事の連続ですが、逃げたその先に待ち受けているものはやはり、同質の苦しみでしかないような気がします。結局循環ですね~人生って…。グルグルスパイラルでまたこの場所⁈みたいな。
    そういう意味で本書は尊いと思います。

  • 何度読み返したかわからないくらい大切な本。

  • 人はこうやって失踪するんだって言う事がリアルにそしてシュールに描かれている一冊。5~7年前に読んだ本。有名漫画家さえもこうなるんだってことが実話でかかれています。生きるって奥が深いな~。

  • 実際の体験中は相当悲惨なことになっていたと思うのだが、ギャグ調のストーリーと絵がその悲惨さを優しく包み、緩衝材になっている。
    実体験が持つパワーを感じさせられる本。

  • 著者の失踪実話。生きることに勇気を貰える一冊です。

  • かつて少年チャンピオン誌上で吾妻氏の「ふたりと5人」を愛読した者として、その後の氏がこのような波乱の半生を送っていようとは、全く想像だにしなかった。本書p.61の「先生ほどの人がなぜこんな…」というセリフ、そっくりそのまま自分の感想です。

    丸みを帯びた可愛らしい絵柄は健在で読みやすい。前半、「夜を歩く」「街を歩く」あたりまではスイスイ読めるが、「アル中病棟」編は少々心構えして読まないときついかもしれない。そうは言っても、これだけの体験を客観的にエンターテインメントとして昇華する手腕は、お見事の一言。

  • 「全部実話です(笑)」って(笑)じゃないよ!と読む者にツッコませること受け合いの名著。吾妻ひでお……小学生の頃、単行本の『ちびママちゃん』読んでました。

    創作の葛藤。鬱と不安と妄想の日々。そして失踪。ホームレス生活。さらにはアルコール依存症で入院。
    相当ショッキングな内容なのに、丸っこい吾妻タッチと吾妻ギャグで面白く読めてしまう。でもそこはかとなく不安というか不吉な感じも拭い切れない。これが漫画の力か……。
    つくづく「アイデアと絵の両輪が揃ってこそ漫画」ということを思い知らされました。

    シアナマイドだけは絶対飲みたくねえな。

  • アル中、失踪、死の一歩手前。この画風タッチなのに、なぜこんなに確実に悲惨さが伝わってくるのか不思議に感じながら読了。おそらくそれは絵の抽象化の完成度のせいなんだと思う。手塚治虫とか永島慎二とかもそうだと思うけど、ホントに絵そのものコマそのものがとても多くの情報量をもってる。マンガってこうでないと、こうでないと。
    あとがきのとりみきとの対談でこの異常を自ら作品として成り立たせた素晴らしさについて、ガロ世代の漫画家たちが精神に異常をきたすとともにその漫画作品自体も壊れていったことと対比して、賛辞を送られていた。最近、その最たるものと思われる、安部慎一の「僕はサラ金の星です!」を読んだばかりだったので、おおきく首肯せざるを得なかった。あれは、ホントにマジ◯チ。

  • 何が面白いのか分からなかった。
    ホームレス体験漫画みたいのは他に見たことがないのでその点は貴重かもしれない。

全339件中 1 - 10件を表示

吾妻ひでおの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
魚喃 キリコ
有効な右矢印 無効な右矢印

失踪日記に関連するまとめ

失踪日記を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

失踪日記を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする