ごめんですんだら警察はいらない (アズ・ノベルズ)

  • 23人登録
  • 2.87評価
    • (1)
    • (1)
    • (9)
    • (3)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 愁堂れな
制作 : 水貴 はすの 
  • イーストプレス (2005年4月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872575613

ごめんですんだら警察はいらない (アズ・ノベルズ)の感想・レビュー・書評

  • キャリアの刑事・棚橋×高校の同級生・橘のカップリングです。
    一度別れた恋人同士の再会ものですね・・・
    再会のきっかけは、殺人事件なのですが、
    最初橘が容疑者ということで
    まぁ~お決まりな感じでお話が展開していきます(^_^;)

    こちらの作者様は好きな作家なので、買ってみましたが、
    刑事が出てくる他のお話と比べると
    フツー、可もなく不可もなくって感じでした(^_^;)

  • バリバリのキャリア…なのに、出世欲ゼロの“規格外”刑事、棚橋が、とある殺人事件の取調べで出会った相手は…高校時代の同級生、橘だった。
    十年前、二人は恋人同士だったが、棚橋の浮気癖に業を煮やした橘が彼のもとを去っていったのだ。
    偶然の再会で、再び燃えだす二人の欲望の熾火、忘れがたい想い…。
    そんな折、自首してきた犯人が供述を覆し、捜査は意外な方向に…。
    書き下ろしサスペンスフル・ラブ。

    =======================

    あ゛ぁーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!
    この浮気野郎!!!
    駄目だ。
    10年後いい人になってても許せん。
    橘兄!!いい人過ぎんねん…(ToT)/~~~

  • すんなり過去は水に流されちゃったってこと?ああでも過去の所業が原因で離れてしまったわけじゃないからいいのか。攻めキャラがカッコいいです。

  • 棚橋隆也(30・刑事)×橘翔(30)。「ローンサクラ」で強盗事件発生。刑事と被疑者として再会した二人はかつて恋人同士だった。コメディだと思って読み始めたら、しっかりサスペンスで、涙が滲みました。

全5件中 1 - 5件を表示

ごめんですんだら警察はいらない (アズ・ノベルズ)はこんな本です

ツイートする