危険なメイド志願!? (アズノベルズ)

  • 40人登録
  • 3.43評価
    • (1)
    • (7)
    • (13)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 真崎ひかる
制作 : タカツキ ノボル 
  • イーストプレス (2005年9月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872576092

危険なメイド志願!? (アズノベルズ)の感想・レビュー・書評

  • ●あらすじ●</br></br>
    向こう見ずが信条のジャーナリスト志望の篤。怪しいバイトの潜入取材が縁で、警視庁のエリート、レオンと一ヶ月ほど前、恋人同士になったばかり・・・だが、またも好奇心の虫が疼きだし、レオンのお仕置きエッチたっぷりの制止も振り切って、今度は新型ドラッグのネタを求め香港へ・・・。ところがまっんまと密売組織のボスらしき男の罠にはまり、エロティックなメイドに変身させられ・・・!?書き下ろしのリスキーラブ。</br></br>

    ●感想●</br></br>
    前作<a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/redirect?path=ASIN/4872574567&amp;link_code=as2&amp;camp=247&amp;tag=makishome09-22&amp;creative=1211">秘密のバイト志願!?</a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=makishome09-22&amp;l=as2&amp;o=9&amp;a=4872574567" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />がわりと面白かったので、購入。でも、続きが出るとは思ってなかったのでちょっとビックリ。なんだかあらすじがもの凄く煽ってる感じですが、そんなにハチャメチャな展開ではなかったような・・・。期待して読んだ人はガッカリしたかも知れないけど、私的にはこの位のエロ加減でいいです&#63916;
    <blockquote>
    「おまえ・・・耳まで真っ赤」</br>
    「ひゃっ」</br>
    不意に耳朶に触れられて、妙な声が出てしまった。咄嗟に両手で口を覆うと、レオンの表情が曇る。</br>
    「声くらい聞かせろよ。サービスが悪いんじゃないか?」</br>
    心の中で、ふざけんな・・・とつぶやいた。</br>
    そう言われると、意地でも声を漏らすものか・・・という天の邪鬼の気分になる。</br>
    篤の表情で考えていることが伝わったのだろう。上から見下ろしてくるレオンは、じわりと笑みを浮かべた。</br>
    「おまえは、本当に俺を退屈させないな。面白い」</br>
    レオンを喜ばせるつもりは毛頭なかったのに、楽しそうな表情でそう言われてしまい、喉の奥から苦いものが込み上げてくる。</br>
    ・・・・・・面白い・・・って、俺は珍獣か。</br>
    そう言い返そうとした言葉が、内腿を撫でてきた手のせいでグッと詰まった。</br>
    「ぁ・・・・・・っ!」</br>
    「絶対に、その意地を突き崩してやる・・・・・・って気になるな」
    </blockquote>
    相変わらず怖いもの知らずの篤。レオンと恋人なのか?と疑いたくなるほど恋人っぽくない二人。でもこの二人の好きなところは束縛しないとこ。篤に口ではジャーナリストなんてやめろと言いながらも好きなようにやらせているレオン。やろうと思えば盗聴だってGPSつけることだって出来るのに篤を縛ることはしない。きっと一番篤が嫌がることだって解ってるんでしょうね。きっとこの子は行動を制限されるのが一番堪えられないと思うんだよね〜。でも篤もレオンに一言も言わず香港に行くのもどうかと思うぞ〜。上手い嘘でも吐いてけよと思ったけど篤じゃ無理か・・・。そもそもジャーナリストもどうかと・・・・・・。</br>
    レオンは今回篤の追ってる事件が管轄外ってことで出番が少ないです。ただの鬼畜なお仕置き好きな口うるさい恋人になってます。でも、苛め甲斐のある篤、気持ちはわかるなぁ〜。
    <blockquote>
    篤を見下ろしているのは、金色に近い琥珀色の瞳だ。こんな目と顔を併せ持った知り合いは、たった一人しかいない。</br>
    篤が知っている男にしては髪が短いが、伸ばすのは難しくても切るのは簡単だろう。</br>
    「レオン・・・・・・?」</br>
    その問いに答えはないけれど、目の前の男が唇に刻んだ無駄に偉そうな笑みが、「そうだ」と語っている。
    なにがどうなっているのかわからなくて、呆然と嫌味なほど整った顔を凝視した。</br>
    篤が混乱しているのを一通り眺めたレオンは、ゆっくりと唇の端を吊り上げて意地の悪い表情を浮かべる。</br>
    「もっと早く気付けよ。・・・・・・この場合は、お仕置きだよな?俺以外の男に抱きついてキスを誘ったんだ。覚悟しろよ」</br>
    「え・・・・・・えっ、違う。それは誤解だっ!」</br>
    焦って、勢いよく首を左右に振る。
    視界の隅をアンディの姿がよぎり、ヤバイ・・・・・・と思ったけれど、篤の知らないあいだに完全に寝入っているようだった。ぐったりとイスに全身を預けた上に、大口を開けていびきをかいている。</br>
    「絶対、泣かせる」
    </blockquote>
    チャイナ服のメイドのバイトをさせられるのだけど、アンディは潔癖性で自分で触れない人で見てるだけでOKなんで助かったというかエロいことは強要させられるんだけど、それだけで済んでます。</br>
    残念だったのが篤の兄・巽、兄の同僚で篤の友人・武の出番が少なかったこと。兄と篤×レオンの3人で登場して欲しかったんだけどなぁ〜。今回登場したレオンの弟のケインも篤を気に入ってるってことだし、もし次があったら彼にも登場して欲しいですね。</br>
    ちょっとコメディタッチなんだけど、馬鹿馬鹿しくは感じないのです。篤の無鉄砲さも可愛らしい程度で済んでますし・・・レオンにとっては寿命の縮む想いでしょうが。口ではお仕置きだとか言ってるくせにちゃんと篤のやりたいようにやらせてる寛容さが好きです。篤にとってはレオンは恋人というより、保護者っぽい位置にいるみたいなんですが。レオンの方は口でとやかく言うより体で思い知らせてやるって感じなんですか効き目無いみたい&#63916;ってか、逆効果?困った子ほど可愛いというか、惚れたレオンのほうが弱いのかな。</br>
    ラストがちょっと尻切れトンボになってます。こういったフェイドアウトっぽい終わり方って好きじゃないですね。ちゃんと一件落着!チャンチャンと終わって欲しいものです。もしくは日本に帰国してまたしても空港にて兄に説教されるとか・・・お約束でもいいからやって欲しかったなぁ。</br>
    フェイドアウトと言えば篤を香港に連れて行ったフェイは何処に・・・!?アンディに引き渡したっきり全く出番無しってのもどうかと。凄く思わせぶりな活躍を前半してたんで、ここまでキレイサッパリ消えられると彼はどこの誰なんだろうと。ただのアンディの手下?彼の言ってたことが本当だとは思えないしね。アンディもどこか間抜けで憎めないキャラでしたけど。</br>
    サスペンス度からしたら前作の方があったかな。抜け目無く精密なストーリーというよりは、面白い娯楽サスペンス作品かな。失礼な言い方かも知れないですけど、期待せずにB級映画を見たら思ったより面白かったみたいな。でも、コレ最高!とはいかない程度の。でも、キャラ的にレオン・篤・巽・武・ケイン・・・皆、好きなんで続きが出たらきっと読んじゃいます。この終わり方じゃ、多分続くだろうと・・・。
    </br></br>
    ●シリーズ刊●</br></br>
    <a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/redirect?path=ASIN/4872574567&amp;link_code=as2&amp;camp=247&amp;tag=makishome09-22&amp;creative=1211">秘密のバイト志願!?</a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=makishome09-22&amp;l=as2&amp;o=9&amp;a=4872574567" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />
    <blockquote>
    父も兄も警察官というお堅い環境にもかかわらず、好奇心旺盛な篤はジャーナリ スト志望。ある日、破格の報酬を謳う何やら怪しげなパーティのウェイター係の バイトを見つけた篤、見事採用されたのだが…連れていかれた会場で国籍不明の 色男、レオンに組み敷かれ散々に弄ばれ…。三食昼寝首輪付き!?…愛玩LOVE書き下ろし (2004/05/28)
    </blockquote>

    <form method="POST"
    action="http://www.amazon.co.jp/o/dt/assoc/handle-buy-box=4872576098">
    <input type="hidden" name="asin.4872576098" value="1">
    <input type="hidden" name="tag-value" value="storeid-22">
    <input type="hidden" name="tag_value" value="storeid-22">
    <input type="image" name="submit.add-to-cart" value="Amazon.co.jpで買う" border="0" alt=" Amazon.co.jpで買う" src=" http://rcm-images.amazon.com/images/G/09/extranet/associates/buttons/remote-buy-jp1.gif">
    </form>

全1件中 1 - 1件を表示

危険なメイド志願!? (アズノベルズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

危険なメイド志願!? (アズノベルズ)はこんな本です

危険なメイド志願!? (アズノベルズ)のKindle版

ツイートする