不健全な精神だって健全な肉体に宿りたいのだ〈3〉

  • 92人登録
  • 3.61評価
    • (7)
    • (11)
    • (23)
    • (0)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 菅野彰
  • イースト・プレス (2007年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872577747

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

不健全な精神だって健全な肉体に宿りたいのだ〈3〉の感想・レビュー・書評

  • 呑んだくれては歩いていた1冊だった。
    でも楽しそうだった。

  • 修行もここに極まれり、といった感じで、ついには屋久島に縄文杉を見に行くという荒業も成し遂げています。11時間とかかけて登山て!同じ年齢だということを思うと頭が下がります。多分、身体の動かしてなさは同じくらいだと思われますが(笑) とにかく読むと自分も色んなことにチャレンジしたくなるようなならないような1冊。

  • 不健康な著者が健康目指して奮闘するエッセイです。
    編集の大丈夫鈴木がいつも面白いですw

  • 面白かった。今回はマラソンやら山歩きやらかなりハードに。しかし何で!そんな苦行前夜に飲んじゃうんだ毎回毎回!こりない人たち・・・。縄文杉は私も一度お目にかかりたいなーと思ってますが、8時間だっけ?かなりきつそうなので、体力つけてチャレンジしたい。

  • 体当たりエッセイ。<BR>
    <BR>
    失笑もしますが、大半は大笑いです。<BR>
     ヒトゴトなので大笑いして読めるのですが、いざ自分がやってみろよといわれると出来ません。<BR>

  • 菅野さんの体当たり系エッセイ。何処に行ったって菅野さんは菅野さん。涙が出るほど切なく楽しい

  • 出てるの気づいてなかったよ…

  • うーん、まあまあかな。ピラティスとか芦ノ湖ウォークとか屋久島で9時間歩くとか、体験エッセイなんだけど、話の枕っていうか前置きっていうか、関係ない部分のほうがおもしろかったような気がする。菅野さん、基本的にすごくいい人なんだろうなと思うんだけど、「盲目体験」とか、そういうまじめなものについてはちゃかせなくてなんかものすごーく普通のレポートになってるような。意外な自分に気づいて暗い気持ちになっていたのをもっとつっこんで書いてもらえたらまた違ったおもしろさが出るような気もするんだけど。

  • 最初の方を読んでいると多分すごくすごくギリギリな状態で書いているんだろうなぁ……ということは読み取れる。読み取れるのだけれど、なんかものすごく文章がスカスカな印象があるのが否めない。普段から好きですべて買っている作家さんなので、いつもどおりの濃密なエッセイを期待していたので肩すかし。というわけで★3つとさせていただきました。そろそろこのシリーズも息切れしてきたのでは………。

  • 相変わらず波乱万丈ですね。

  • 体験エッセイ。今回も吹き矢、ピラティス、ホットヨガ、英会話スクール、陶芸の絵付けなど色々なことに挑戦している。でも今回のメインはウォーキング。(登山、トレッキング含む)この本で菅野さんは担当の鈴木さんとともに歩いて歩いて歩きまくっている。川越七福神巡り、芦ノ湖一周、五色沼ウォーキング、屋久島縄文杉登山で歩いた総距離は、55.3キロになるらしい。そして、菅野さん&鈴木さんのコンビは歩きまくるだけじゃなく、食べる量飲む量も半端じゃない。なんで、次の日に歩くことが決まっているのに、夜中まで大量に酒を飲んでしまうんだろう、この2人は。とツッコミを入れたいほど飲んで飲んで飲みまくる。2人とも体力の限界まで挑戦しているような気がするが、このコンビ、本当にそのうちホノルルマラソンに出場しちゃうのでしょうか?

  • 延々と歩いている印象の3巻目。

全14件中 1 - 14件を表示

不健全な精神だって健全な肉体に宿りたいのだ〈3〉を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

不健全な精神だって健全な肉体に宿りたいのだ〈3〉を本棚に「積読」で登録しているひと

不健全な精神だって健全な肉体に宿りたいのだ〈3〉はこんな本です

不健全な精神だって健全な肉体に宿りたいのだ〈3〉のKindle版

ツイートする