賢く生きる智恵 (East Press Business)

  • 117人登録
  • 3.39評価
    • (5)
    • (5)
    • (22)
    • (0)
    • (1)
  • 11レビュー
制作 : Baltasar Gracian  野田 恭子 
  • イースト・プレス (2007年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872578270

賢く生きる智恵 (East Press Business)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ・遠回しな言葉を投げかけると、相手の機嫌を探る事ができ、相手の心を鋭く見抜く道具として使える

    ・めざましい業績を立て続けにあげたときは、それが目立たないようにしよう

    ・人を知るとは、思いの深さを測り、性格を見分ける
    深遠な哲学

    ・人を悪く言う人は必ずもっと悪く言われる

    ・有用なものは何でも二つずつ持っておく。自然は
     最も大切な手足や器官を二つずつ与えてくれた。

    ・まっとうな人にとって、ただでもらったものほど高価なものはない。親切は行為そのものの値段に行為の値段を加えた高値で売れる。

  • -2013/10/20
    溢れる珠玉の言葉を味わうためには、退職したといえども時間がない。ただ、良きワインは良きソムリエによってのみ価値が見出される。

  • 豊かな知識でゆったり生きる

  • キーワードが欲しい時に手にする本。
    ヒントを与えてくれ頼もしい。

  • 何でこの本を買ってしまったのか、あんまり覚えてないな・・・
    どこにヒットして買ったんだろうか?

    私は購入した本なら、取り合えず最後まで読む派なんだよね
    途中で「合わないな」って思っても、最後まで流し読みでも読む
    時間の無駄って意見もあるけど、なんか途中で止めることができない
    大抵そういう本って、イヤイヤ読んでるから時間もかかるんだけど・・・

    この本も非常に時間がかかってしまいました
    相性が合う本だったら多分3日で読めるはずなんだけどね・・・

    来年の課題?として、買ったら直ぐに読むことにしよう
    買うときは「!」って思って買うんだけど、すぐに読まないでいると
    何で買ったんだろう?ってなりがちだったからなぁ~

    この本はグラシアンさん(400年以上も前の人らしいけど)の287の
    ありがたいお言葉でまとめられていますが・・・
    なる程ねぇ~って思うところもあったけど、大体が「??」って感じでした
    宗教や文化の違いなのか、この手の題材のものって外国の方のはちょっと違うかな?
    って思う部分も多く・・・
    あんまりしっくりときませんでした・・・

  • 400年以上前の原作だけれど、タイトルのように賢く生きるために実践したいシンプルな言葉が一頁ずつ287書かれています。本書の中で「当時と比べられた古き良き時代」についての文が若干あったが、どの時代にも同じなのだなぁと感じさせられニヤリとしてしまいました。

  • この本は、Discover社が出版している「賢人の智恵」と同じ原書の訳ですが、コンパクト版で、鞄に入れとけますね。私は,常時、この本を持ち歩き、ちょっとの隙間時間に読んでいます。
    仕事、人生の賢い生き方を説いています。正しく生きるのでなく、賢く生きるのが、ポイントですね。

  • 神学者、哲学者でスペイン国王の顧問も努めたバルタザール・グラシアンの警醒訓をまとめたもの。
    多くの味わい深い言葉や教訓に満ちており、何度読んでも面白い。

  • 17世紀スペインの哲学者であり修道士であるバルタザール・グラシアンの287の教え。
    最近よく読んでいる本や触れている考えとは対極に位置するような教えに違和感を抱く。

    特に
    「喜ばれることは自分でやり、喜ばれないことは人にやらせる」
    という言葉は目次をめくったときに目に飛び込んできて、愕然とした。

    ほかにも愕然とするような言葉がたくさんあったけれど、よくよく考えてみるとそれが現実なのかもしれないと思う。
    多く語られている自己啓発やスピリチュアルなどがきれいごとなのではないかと。
    そう思うと納得できる部分がいくつも見つかる。

    正直でいるだけでは生き抜くことはできないのかもしれない。
    賢く生きる智恵を持つ者だけが人生という旅を無事に終えられるのかもしれない。

  • 最近また読み返している本です。

    人生を生き抜く上で、時には「正しくなくても徒に敵を増やすことなく、スムーズに進めていくことの方が重要」ということがありますが、こういう点においてあまり巧くない、もっといえば融通が利かない方である私にとっては、とても勉強になり、発想の切り替えに役立つ本です。

    この本は、決して道徳的な綺麗事だけを説いた本ではありません。
    「智恵」というだけあって、時には狡猾スレスレの策や、敢えて自分自身を精神的に優位に置くための考え方をも授けてくれます。

    私は、なんだか自分がお人好し過ぎて思うようにいかないとか、いつも骨折り損のくたびれ儲けだとか、組織をうまく味方につけながら仕事をスムーズに進めていきたい、と思う時にページを開きます。

    この本の著者は神学者で哲学者らしいのですが、神に仕える人でも大きな組織で巧く立ちまわっていこうとするならば、こういうものの考え方で生き抜いていかなければならないのでしょうね。

    若すぎる人や、学生さんにはまだ早いかもしれません。
    社会に出て仕事に頑張っている最中の、どちらかというと「善良で純粋」な人には劇薬的に効く本と言えるでしょう。

    友情や愛情関係には活用しないほうが良いかと。。。

全11件中 1 - 10件を表示

バルタザール・グラシアンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロンダ・バーン
デール カーネギ...
松下 幸之助
ジェームズ アレ...
デール カーネギ...
スペンサー ジョ...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

賢く生きる智恵 (East Press Business)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

賢く生きる智恵 (East Press Business)はこんな本です

賢く生きる智恵 (East Press Business)のKindle版

ツイートする