「いのち」と「こころ」の教科書

  • 49人登録
  • 3.63評価
    • (4)
    • (6)
    • (8)
    • (0)
    • (1)
  • 8レビュー
著者 : 手塚治虫
制作 : 谷川 彰英 
  • イーストプレス (2007年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872578546

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
ヴィクトール・E...
村上 春樹
大野 更紗
湊 かなえ
天童 荒太
東野 圭吾
宮部 みゆき
綿矢 りさ
岡本 太郎
夏川 草介
有効な右矢印 無効な右矢印

「いのち」と「こころ」の教科書の感想・レビュー・書評

  • 久しぶりに手塚治虫の漫画を読みました。
    アトム、ブラックジャック、ブッダ、この本にはのっていないけれどアドルフに告ぐ、など、よく読んだなあと。

    それにしても、この原発や地震、津波のことと、手塚治虫さんが何十年も前に警告していたことと、すごくつながる。
    今回のことで変化することができなければ、まず日本から終わっていくのかなと思う。良い方に変わっていけますように・・。

  • 手塚治虫作品の中から、考えさせられる物語が、8編、納められている。
    特に「聖なる広場の物語」は、衝撃的だった。

    ユーモラスな場面を織り込みながら、自然な流れの中で最終的に普遍的なテーマに持っていく、マンガとしての魅せ方、展開は本当に見事。

    監修者の谷川彰英筑波大学副学長は、道徳教材として活用することを勧めているが、確かに心をゆさぶられる物語が多い。ラストのコマの絵が訴えかけてくるメッセージは、絵とセリフとナレーションという、マンガならではの表現だからこそ、胸に迫ってくるものがある。

  • #78 手塚治虫作品からいのちとこころに関連した8つの作品を抜粋したもの。「ブッダ」読んでみたい。

  • 1.環境について考える
     「シルバー・タワー」(鉄腕アトムより)

    2.家族について考える
     「聖なる広場の物語」

    3.友情について考える
     「最後はきみだ!」

    4.嘘について考える
     「ハローCQ」(ブラックジャックより)

    5.命について考える
     「小うるさい自殺者」(ブラックジャックより)

    6.希望について考える
     「7日の恐怖」

    7.戦争について考える
     「紙の砦」

    8.死について考える
     「瞑想の園」(ブッダより)

  • 手塚治虫の作品は色褪せない。むしろ、現代社会に対して凄まじいメッセージを感じる。個人的に手塚さんが実体験をもとに書いた短編漫画「紙の砦」が印象に残った。

  • 第2話の「聖なる広場の物語」。これって原発のことともとれない? 編集者の副題が、「家族について考える」「家族を汚染から守る本当の勇気」とあるけど、この短編で手塚さんが伝えたかったことって、行き過ぎた科学の恐ろしさでもあると思う。

    「聖なる砂」を浴びれば、大きくなって敵を倒せると思った小鳥。そこで小鳥が見たものは、かつての特殊化学兵器工場で、「聖なる砂」とは化学性貯蔵物や廃棄物が残っている砂だった。

    「この聖なる広場には なんか 死のにおいがする」
    「このままだと とんでもないことが 起こるぞ」

    リアルに原発っぽい・・・。

  •  手塚治虫さんの漫画が、章ごとに掲載されている。
     いのちとはなにか? こころとはなにか? 生きている、とはどういうことなのか、ということが描かれている。

  • 作品の後にある解説はいらないような気もする。いい作品を載せてあるのだから、読んでぼーっと考えてみる余白がほしいところ。解説は最後のページにまとめて載せたほうがいいのでは?タイトルからしてそうだけど、うさんくさいです。
    手塚治虫は1928年生まれ。終戦が17歳となると、多感な時期を戦争とともに過ごした漫画家であり、彼の作品のテーマである「生命」についての哲学の土台にはその経験が刷り込まれていることだろう。(ちなみに自伝漫画には自信をリベラルな役者として登場させるが、実際のところ軍国教育をうけたらしい平均的な少年だったようである)世代論的に言えば『価値観の転換を強いられた世代』とも言われるが、じっくり読んだことはないのでその哲学がどのようなものなのかは把握していない。戦後世代の小林よしのりみたいな漫画と読み比べてみるのも面白いかもしれない。そして小林よしのりが影響力を見せつける今だからこそ、戦前世代の漫画を読んでみるというのは必要じゃないだろうか?

全8件中 1 - 8件を表示

「いのち」と「こころ」の教科書を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「いのち」と「こころ」の教科書を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「いのち」と「こころ」の教科書の作品紹介

言葉だけでは伝えきれない、私たちにとって大切なこと。学校の授業では教えることが難しい、「いのち」の重み、「こころ」の微細な動き。これらのテーマを、マンガという手法でわかりやすく私たちに教えてくれるのが、ここに選んだ手塚作品です。手塚治虫が残した色あせぬメッセージを、今、もう一度読み返すことで、「いのち」と「こころ」について考えるきっかけにしていただければと思います。

「いのち」と「こころ」の教科書はこんな本です

ツイートする