世界一わかりやすい会計の本 (East Press Business)

  • 129人登録
  • 3.35評価
    • (9)
    • (12)
    • (31)
    • (7)
    • (1)
  • 26レビュー
  • イースト・プレス (2008年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872579079

世界一わかりやすい会計の本 (East Press Business)の感想・レビュー・書評

  • ほんまに面白いで〜

    みなさん、むずかしいと思っている、会計のことが、するっとわかりますので、ぜひともご一読ください。

  • 「 会社法の入門書を読む前におさえとく ゼロからの簿記・会計と経理・経営のオハナシ

    」と続けて読んだ。
    こちらの世界一~は、中小企業の会計向けにかかれた本。でも一般的な話も載っていて、わかりやすい。予算のパートは家庭会計にも使えそう。同業他社比較より自社過去5年比較や、流動比率150%話も参考にしたい。

    会計部分の解説のわかりやすさや、会計用語のそもそもの意味など基本の基本の基本の情報網羅率は、会社法~に軍配。先に読むなら会社法~を勧める。

  • 取っつきやすい

    ロールケーキで減価償却
    フェラーリで必要経費
    会計全体の流れ

  • とてもわかりやすく会計とは何かを教えてくれる本。会計のことを全く知らない私にとっては、読みやすかった。
    でも、会計の仕事ができるようにはならないんですね、きっと。

  • わかりやすかった。簿記取っても面白そう

  • 「流動資産」一年以内に現金化される資産
    「流動負債」一年以内に支払わないといけない負債
    「帳簿」ツケみたいなもの 売掛台帳
    「会計取引」お金が絡む取引
    「勘定科目」同じ性格の費用をまとめたもの、目的できまる、モノでわけない。自分のために約束事を決める(税務署は前年比較をよくする
    雑費がたくさんある企業は税務調査が入りやすい、どの勘定科目に入れるかは自由
    計算した税額さえただしければいい
    「必要経費」商品を販売するに当たってなくてはならないもの
    きちんと理由を考えて必要ないものはダメ
    「経済的合理性の有無」
    必要経費は会計の世界の資産・負債・資本・費用のうち費用にあたる
    借入金の元本は負債になる、利息は必要経費として認められる
    節税は始める時期によって変わる
    中小企業の社長は「節税」「損失」という言葉に敏感
    簿記でアウトソーシングできないのが「現金出納帳の作成」(日付、入出金の相手先、内容、入学金、出金額、残高
    毎日最後に金庫の中にある残高を計算しないといけない、それが一致しないとダメ
    企業が倒産している原因はほとんどこの作成をアウトソーシングしているから
    利益とお金は全く別物
    「売掛金」すぐに入ってこないお金、将来代金をもらう権利
    ☆お金ははいってくる以上に使えない
    資金繰りのコツ
    出て行くお金を時系列に並べて、お金がふそくしないように見張ること
    「キャッシュフロー計算書」一定期間におけるお金の出入りを営業活動・投資活動・財務活動に区分して表示する書類
    資金繰り表とは全然違う
    作成手順ーーー貸借対照表、損益計算書の組み替えして作成
    決算手続き全部終了した最後に作成される
    過去、一年間の資金の流れがわかる
    キャッシュフロー計算書は大企業だけに義務づけられている
    中小企業は返済計画、資金繰計画表が必要
    資金繰り表はアバウトでよい
    計算ソフトを使用「総合資金繰り管理システム」
    中小企業の資金繰りの奥義は役員報酬をプールすること
    「期間損益計算書」ーー決算は一年ごとにやりましょうということ
    ポイントはその売り上げを今年に計上するか、来年に計上するかの違い
    「費用収益対応の原則」費用と収益は対応させましょうということ→この収益に対応させるべき費用はどれか
    「減価償却」何年にもわたる売上に対応するもの ex車 費用を年間単位で計上する
    3タイプ 「定額法」ずっと一定 「定率法」最初多く、あと少なく 「生産高比例法」生産の増減にあわせる
    会計取引→仕訳→仕訳帳(振替伝票) → 勘定科目にまとめた総勘定元帳に転記 → 決算書  (簿記一巡の流れ)
    主要簿は仕訳帳と総勘定元帳の二つ
    「試算表」仕訳帳から総勘定元帳への転記ミスを発見するモノ → 貸借対照表と損益計算書の複合体、それぞれ様式が違う
                                   共通点は「当期純利益」
    「決算書」 貸借対照表 全勘定科目から資産・負債・資本を抜き出したモノ→どうように資金を調達せいて何に使ったかに反映される
          損益計算書 全勘定のうち収益・費用を抜き出しモノ→収益から費用を引いて利益をあらわす
    総勘定元帳は一つにまとめる。決算書は複数あってよい見せる(相手にあわせて形式を買える)
    経営者に必要なことは試算表や決算表から現状を判断すること→財務諸表(決算書の正式名称)の読み方
    経営分析とは決算書の読み方そのもの
    損益計算書が重要→粗利率を見る
    ☆自社データの過去5年間を比較する(グラフにしてダメ、数字で比較して読み取る
    ☆経費削減には予算管理をする

    負債純資産の項目に未収入金、仮払金、有価証券、繰延資産があれば要注意
    「粉飾」悪いモノを上記のようによくみせること
    損益計算書から従業員の待遇が見えてくる
    「役員」とは会社の家族

  • 小難しそうでガチガチに見える会計が、実はざっくりした物だと教えてくれる。非常に優しく書かれていて読みやすい。

  • 私のような初心者にはとてもわかりやすい本でした。

  • 役に立たないということはない。
    が、やさし過ぎる。簿記3級くらいもってたら、十分に知ってるレベル。
    まぁ分かりやすくおさらいするにはいいか?

  • 独立開業する時にもう一度読みたい!

  • 初心者が敬遠しそうな難しい単語はなるべく使わず、会計のフローが分かりやすく書かれている。

  • たくさん出ている会計&税務の本の中で、とても分かりやすくて実務的な内容でした。入門書としてオススメです。

  • 本当に会計を知らない人には簡単でわかりやすく、どんなもんかなってのがわかる本。

    深く知りたい人は、絶対に物足りないやう。

  • 会計が全く分からない人向けの本。財務諸表が全く読めない、予算管理もしていないという経営者向け。でもそんな経営者いるのかな?

  • 会計士でありカウボーイでもある、ウエスタン安藤が書いた初心者向け会計本。
    総勘定元帳、仕訳帳、必要経費や勘定科目といった字面を見ただけで本を閉じたくなるようなことばを、考え方や仕組みにフォーカスして説明してくれる。例えも卑近なもので非常に理解しやすい。
    財務諸表が読めるようになりたい!という方におすすめ。

  • とてもペースがほどよくゆっくりで、かつ内容も分かりやすく、初歩的な部分は理解できた。中小企業経営者の第一歩の入門篇ではないだろうか。

  • 中小企業向けの会計実務の本。
    わかりやすさ重視でサクサクと教えてくれる点、ずいぶんとのみ込めた気にもなるが、必要なものだけ集められているので、体系的な理解はしにくい。

    ただ、会計がどう役立っているのかを知るには良い本。

  • 会計の本ではありません

    学問の本でもありません

    税務の本です

    実務の本です

    気をつけましょう

  • 簿記3級取得前後、もしくは確定申告前後に読むとよいかも。

    非常にわかりやすく、なおかつ社会人3年目くらいなら知っていてもいいと思う内容。

  • 本当にわかやりすい会計の本。

  • 簿記検定のテキストを開くきっかけになれば…!と思い、読んでみた。
    苦しい戦いだっ…た……

  • 「ウエスタン会計」とは、
    「中小企業の経営に特化」し、
    「実務に必要のないものは徹底して捨て去り、最低限必要な知識だけを抜き出した究極の実践会計」
    のこと

    たしかに会計はそもそも曖昧な部分が多い
    重要性の法則が一番重要と言われるように、重要なことといらないことを切り分けるのはすごく大切
    実務における会計を学ぶ入門書としては、読みやすく分かりやすいと思う。
    独特のたとえ話も面白い。

    会計センスをみにつける最低限のコツは以下の3つを理解すること
    ?期間損益計算
    ?費用収益対応の法則
    ?必要経費

全26件中 1 - 25件を表示

世界一わかりやすい会計の本 (East Press Business)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

世界一わかりやすい会計の本 (East Press Business)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

世界一わかりやすい会計の本 (East Press Business)を本棚に「積読」で登録しているひと

世界一わかりやすい会計の本 (East Press Business)の作品紹介

「そうか。こういうことだったんだ!」と目からウロコの一冊。この本を読めば、入社したての会計事務所職員なんかより、実務で使える会計センスが身につきます。

世界一わかりやすい会計の本 (East Press Business)はこんな本です

ツイートする