明暗 (まんがで読破)

  • 118人登録
  • 3.39評価
    • (5)
    • (9)
    • (17)
    • (5)
    • (0)
  • 8レビュー
  • イースト・プレス (2008年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872579338

明暗 (まんがで読破)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • まんがで読破を読破しようシリーズ。
    夏目漱石は高校の時にたいてい読んだと思うけど、明暗はまだ読んだことがなかったんだと思う。
    明治のダメ男を描く漱石の典型的な話だと思うけど、未完のままこれが絶筆に。漱石はどんな結末に持っていきたかったのか。小説だとするならば、清子さんに走ってしまったんでしょうね。でも、漱石自身の話がベースだっていうから、そこまで突拍子もないことにもできなかったかもね。

  • [墨田区図書館]

    ふとみた図書館のティーンズ本コーナーで見つけた、「まんがで読破」シリーズ。知る人ぞ知るで有名なシリーズのようだったけれど、これまで知らなかった!のでとりあえず息子が読みそうな「昆虫記(ファーブル)」と「動物記(シートン)」、続いて「おくの細道(松尾芭蕉)」と「銀河鉄道の夜(宮沢賢治)」、更に「十五少年漂流記(ヴェルヌ)」と「緋色の研究(コナン・ドイル)」と読ませ、「黒死館殺人事件」と「クリスマスキャロル(ディケンズ)」まで何とか読破。

    そろそろ絵本チックなものも少なくなり、思想文学的なものが残ってきたので、「吾輩は猫である」と「こころ」「明暗」を始め、墨田区に5冊所蔵されている夏目漱石シリーズを読ませてみようと画策。上手くいけば次はヴェルヌものか、多少物語化されているならダンテの新曲などに転んでみようか。

    「明暗」は中学レベルの国語でよく「こころ」と並んで問題にされる話。やはり漱石のようなわかりやすい文体から人物の複雑な心情を読み取るのは、問題として使いやすいんだろうなぁ。ただ、この話も実際には読んだことがなかったので、未完の話だということを、今回初めて知った!そっか、まるっきりすねかじり状態の若夫婦はこの後どうなってしまうんだろう、そしてきっと夫の方は昔の女性を追いかけるんだろう、と思わせはするけれど、いずれにせよ漱石の筆は読めない話だからな、あくまで想像か仮想追筆でしかわからないよな。

  • 作者の夏目漱石が死んだので、未完で終わっている。男性が好きな人がいたのに、好きでもない人と結婚してという話だ。女性からのアプローチによって結婚することになった。女性は、好きな人と一緒だから、幸せだと言い聞かせているのが、痛々しかった。女性が好きでないから、もともと金持ちの家なので、贅沢を満たしてあげて、家計が苦しくなる。女性は本当にそれを望んでいるのだろうか。愛がないから、物で満たしてあげているみたいだ。

  • 湯河原、松山などを舞台とした作品です。

  • 漱石、未完の作品。

    ええええーーーーーー、すごいイイところで。。。
    続きが、「昔の女」が気になって気になってしゃーない。

  • これからって時に未完で終わるなんてあんまりだ、面白い展開にだけに非常に口惜しい。

    利己的で優柔不断な由雄を愛する妻お延、夫には何かしら秘密があるその鍵を握るお秀という女性の登場で幕をとじる、どうしてもドラマチックな展開を予想せずにはいられない、人物一人一人の作り見せかたが面白く、続きはきになるが未完でも楽しめる作品でした。

  • 3月15日読了

全8件中 1 - 8件を表示

夏目漱石の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドストエフスキー
マキアヴェッリ
バラエティアート...
バラエティアート...
ドストエフスキー
有効な右矢印 無効な右矢印

明暗 (まんがで読破)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

明暗 (まんがで読破)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

明暗 (まんがで読破)を本棚に「積読」で登録しているひと

明暗 (まんがで読破)の作品紹介

妻との贅沢な暮らしを断てず、親から経済的に自立できずにいる会社員・津田は、ある日かつての恋人・清子の居所を知らされる。家族、親戚、妻、旧友、過去の恋人…。優柔不断で利己的な男をとりまく人々の思惑が交錯する人間ドラマ。精密な心理描写で人間のエゴイズムを追い続けた文豪、夏目漱石の絶筆となった未完の長編を漫画化。

明暗 (まんがで読破)はこんなマンガです

明暗 (まんがで読破)のKindle版

ツイートする