図解 きほんからわかる「モチベーション」理論 (East Press Business)

  • 76人登録
  • 3.52評価
    • (3)
    • (7)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 10レビュー
  • イースト・プレス (2008年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872579529

図解 きほんからわかる「モチベーション」理論 (East Press Business)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自分の意欲を奮い立たせ、持続させる、自分だけのモチベーション理論を確立するべく読んだ本。

    期待理論、魅力と期待でやる気は決まる、というのが一番しっくりきた。
    何らかの個人的報酬につながるという期待と報酬に対してもつ、その人の主観的価値の2つで決まるのが期待理論。

    図解多めでさらさらと読める。

  • モチベーションに関する理論のまとめ。
    図解付きで簡潔にまとまっている。
    役職者が部下と接するために知っておくべき最低限の知識は得られる。
    後半は人事や研修担当しかいらないかな。

  • モチベーションに関する複数の理論が見やすくまとまっていて、復習に向いてる。
    1.欲求5段階説(アブラハム・マズロー)
      「人間の心に潜む5つの段階的な欲求」
    2.X理論・Y理論(ダグラス・マクレガー)
      「北風による強制か、太陽による内発か」
      ピグマリオン効果「期待することで相手が期待に応える」
    3.2要因理論(フレデリック・ハーズバーグ)
      「やる気にさせる達成感、不満にさせない給料」
    4.公平理論(アダムス)
      「社会的比較がモチベーションに影響」
    5.目標設定理論(エドウィン・A・ロック)
      「困難でかつ明瞭な目標はパフォーマンスをアップさせる」
    6.期待理論(ポーター&ローラー)
      「期待と魅力の大きさでやる気は決まる」
    7.学習性無力感(マーティン・セリグマン)
      「行動と結果の随伴性がないことが続くと無力を学習する」
    8.認知的評価理論(エドワード・L・デシ)
      「内発的動機付けと外発的動機付けの使い分け」
    9.学習動機の2要因モデル(市川教授)
      「学習動機を6つに分類し、質問から類推」
    10.選択理論(ウィリアム・グラッサー)
      「人間の行動には目的があり、自ら選択する」
    11.フロー理論(ミハイ・チクセントミハイ)
      「好きこそものの上手なれ。少し難しい課題こそ最強」

    これらの理論をTPOに合わせて使い分けることで様々な相手のモチベーションを上げることが可能になる。

  • 大学で学習するような一般的なモチベーション理論が図解もあわせて一通り分かりやすく紹介されている。またこれらの理論をどう応用させ自分や他者(部下)のモチベーションをあげるかという実践的な例もいくつか紹介されている。
    とっつきやすいのでこれらを体系的に学習するためには良いだろう。

    ・欲求五段階説
    ・X理論/Y理論
    ・動機付け衛生理論
    ・公平理論
    ・目標設定理論
    ・期待理論
    ・学習性無力感
    ・認知的評価理論
    ・学習動機の2要因モデル
    ・選択理論
    ・フロー理論

  • リーダーシップやらモチベーションの仕組みについて興味を持ったので、読んでみた。
    11種類の理論を紹介し、理論を使うための事例という構成となっている。
    最近、モチベーション理論を学んだこともあり、とっつきやすく、自分の知らない理論もあり、興味を持ってすんなり読めた。
    以下、11の理論。
    ・欲求5段階説
    ・X理論・Y理論
    ・2要因理論(動機づけ・衛生理論)
    ・公平理論
    ・目標設定理論
    ・期待理論
    ・学習性無力感
    ・認知的評価理論
    ・学習動機の2要因モデル
    ・選択理論
    ・フロー理論
    自分や周りをこれらの理論に当てはめて考えてみると面白く、いろいろなヒントが得られた。

    ヒトに関する理論には最強理論や絶対というものはなく、条件適合させながら、理論を踏襲した持論をもつことが重要であるということに改めて気づくことができた。

  • 少し前に勉強会の先生と会話をしていて「モチベーション」の話になり・・・
    内発的なものか外発的なものかって・・・

    そう言えば普段から「モチベーション」って使う言葉だけど
    その理論について恥ずかしいけど人に語れるほどの知識はないなって思って
    探してみた本です
    もう新品はなくて中古品を探して手に入れました

    なかなか簡単に分かりやすくまとめてあると思います
    もっと突っ込んだ難しい内容が欲しかった人には「・・・」かも知れないけど
    私みたいに「どんなのあったっけ?」的な人には最適かも(笑)
    具体的なケースで説明されてあったり、心理学とか知らない人でも普通に読めます

    「モチベーション」ってこんなに理論があったのかと、そこに自分の勉強の足りなさを痛感・・・
    相手によって対応を変えないとね・・・
    人それぞれ「やる気のスイッチ」は違うからね・・・

  • ★部下や組織にやる気を起こさせたい人のための本

    ★理論をどう現実に応用するかが書かれているのがよい。

  • パラ読み

  • ■目次

    はじめに あなたの仕事の“成果”と“楽しさ”が同時アップする「モチベーション理論」とは?

    PART1
    モチベーションを仕事に活かす
    ・モチベーションとは何か
    ・ワーク・モチベーションとは何か
    ・コッターのモチベーション論
    ・本書の読み方、使い方

    PART2
    【理論編】「やる気のメカニズム」を学ぼう
    ・欲求5段階説
    ・X理論・Y理論
    ・2要因理論(動機づけ・衛生理論)
    ・公平理論
    ・目標設定理論
    ・期待理論
    ・学習性無力感
    ・認知的評価理論
    ・学習動機の2要因モデル
    ・選択理論
    ・フロー理論

    PART3
    【事例編】モチベーションを使いこなせる腕を磨こう
    ・未経験業務に着任した社員に、自信をもってもらうには?
    ・「どうせ給料なんて上がらないし……」、そんな中高年をやる気にさせるには?
    ・最初はやる気。でも、途中で諦めてしまう社員を動機づけるには?
    ・研修で作成した「行動計画書」を、実践してもらうには?
    ・「なかなか発言しない受講者」に積極的にとり組んでもらうには?
    ・上司から「研修に行け」と言われて来た人を積極的にさせるには?
    ・“モチベーション理論”で、自分を勇気づけるには?
    ・社員のモチベーションとパフォーマンスのアップを促進する「空間マネジメント」とは?

    ■レビュー

  • 「きほんからわかる」シリーズ第1弾と言うことで、続いて出版されているのが「ビジネスコーチング」その次が「メンタリング技術」となっていますが、今のところ2冊のみ出ているようです。図解ですのでわかりやすです。しかも、モチベーションって、なんとなく言葉の掛け方ややる気の出し方など、もやもやっとした手法がいっぱいあった感じですが、こうした11の理論があったとは知らなかったです。

    知っていて損はしない理論です。現場ではなかなか理論や事例のようにはいかないかもしれませんが、それでも身に付けておきたい考え方です。

全10件中 1 - 10件を表示

池田光の作品一覧

池田光の作品ランキング・新刊情報

図解 きほんからわかる「モチベーション」理論 (East Press Business)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

図解 きほんからわかる「モチベーション」理論 (East Press Business)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

図解 きほんからわかる「モチベーション」理論 (East Press Business)を本棚に「積読」で登録しているひと

図解 きほんからわかる「モチベーション」理論 (East Press Business)の作品紹介

「きほんからわかる」シリーズ第1弾。わかっているようで、なかなか実践できない"ビジネス理論"を完全図解化。「モチベーション理論」がわかる11のキーワード。実際の企業での実例をもとにつくられたテキストの要点を、まるごと単行本化。

図解 きほんからわかる「モチベーション」理論 (East Press Business)はこんな本です

ツイートする