リスクコミュニケーション論 (シリーズ環境リスクマネジメント)

  • 24人登録
  • 3.20評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 「環境リスク管理のための人材養成」プログラム 
  • 大阪大学出版会 (2011年3月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872592849

リスクコミュニケーション論 (シリーズ環境リスクマネジメント)の感想・レビュー・書評

  • 大阪大学の「環境リスク管理のための人材養成」プログラムでの講義をベースにしたリスクコミュニケーションのテキスト。
    リスクコミュニケーションには、利害関係者に積極的かつ率直に情報を提供し、対話を重ねることによって、信頼を醸成するということが重要ということが理解できた。リスクコミュニケーションにおける「フレーミング」の重要性についても理解した。

  • 原発を新たに建築する際は、地元住民の承認や了承が必要である。
    そのような場合に必要なコミュニケーション方法を解説している本。

    リスクコミュニケーションでは、既存の感情を消し去る必要はないということが重要。
    論争で勝つというのはリスクコミュニケーションにおいて最悪の状態。

    ・リスクコミュニケーションの定義
    個人、機関、集団間での情報や意見のやりとりの相互作用的過程

    ・リスクコミュニケーションの成功
    リスク問題にかかわってリスクコミュニケーションをした人たちが、どちらも自分の意見が十分に言えた、自分の意見は十分に聞いてもらったと満足する状態ができたら成功である

全1件中 1 - 1件を表示

リスクコミュニケーション論 (シリーズ環境リスクマネジメント)はこんな本です

ツイートする