哲学カフェのつくりかた (シリーズ臨床哲学)

  • 61人登録
  • 3.86評価
    • (2)
    • (3)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
  • 大阪大学出版会 (2014年6月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872594676

哲学カフェのつくりかた (シリーズ臨床哲学)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • やってみたいことができたので、
    修論執筆依頼、はじめて読み返す

  • 哲学カフェ参加したい。

  • 【配置場所】工大選書フェア【請求記号】104||C【資料ID】91141581

  • すごく、読み応えのある内容。
    このひとたちがしようとしていること、すごく好きやなぁと思う。
    結論にたどり着くことが目的ではない、ただ、ことばを発し、それを受け止めるひとがいるということ、そのことにすべてのひとがむずかしさを感じられるということ。それが大切なのかな、と思いました。
    哲学カフェのどういうところに注目しているのか、一人ひとりちがっていて、それもおもしろかった。

  • 今まで哲学に手付かずだったので、此れを機に、、、

    大阪大学出版会のPR(大学出版部協会)
    http://www.ajup-net.com/bd/isbn978-4-87259-467-6.html
    Cafe Philo カフェフィロ
    http://www.cafephilo.jp/index.html

全5件中 1 - 5件を表示

松川絵里の作品

哲学カフェのつくりかた (シリーズ臨床哲学)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

哲学カフェのつくりかた (シリーズ臨床哲学)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

哲学カフェのつくりかた (シリーズ臨床哲学)を本棚に「積読」で登録しているひと

哲学カフェのつくりかた (シリーズ臨床哲学)の作品紹介

哲学カフェではどんなやりとりがされているのか?3・11のあと哲学にできることはあるのか?哲学カフェの社会的意義とは?

ツイートする