ドーナツを穴だけ残して食べる方法 越境する学問―穴からのぞく大学講義

  • 854人登録
  • 3.18評価
    • (11)
    • (28)
    • (47)
    • (20)
    • (5)
  • 56レビュー
制作 : 大阪大学ショセキカプロジェクト 
  • 大阪大学出版会 (2014年2月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (274ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872594706

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小林 聡美
三浦 しをん
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

ドーナツを穴だけ残して食べる方法 越境する学問―穴からのぞく大学講義の感想・レビュー・書評

  • 読んでみなけりゃ判らない。先ずはドーナツを食べてみよう。。。

    大阪大学出版会のPR
    「大阪大学の授業「本をつくる」を母体に、幅広い研究分野を紹介し、学問の懐の深さと考える愉しみを伝える教育プロジェクト。
    大阪大学が擁する幅広い研究分野を魅力的に紹介し、学問の懐の深さと考える愉しみを伝える出版&新しいスタイルの教育プロジェクト「ショセキカ」。「ドーナツを穴だけ残して食べる方法とは?」という学生たちの素朴な問いに、文理を問わず多彩な研究分野の大阪大学教員たちが挑む。常識を疑い、当たり前を覆すのが学問の醍醐味。ドーナツの穴から広がる奥深い知の世界にふみこんだアカデミックでユニークな回答に乞うご期待。」
    http://www.osaka-up.or.jp/books/ISBN978-4-87259-470-6.html

  • 表紙には見るからに美味しそうなドーナツ。真ん中で穴が「I’m here」と言っている。そこにいるのは分かったが、「ドーナツを穴だけ残して食べる方法」とは何の事やらさっぱりわからない。
    この命題に果敢に挑戦した12人の識者は何れも大阪大学の教員で各分野の研究者だ。
    工学研究科の准教授は「切る」「削る」とは何か、から始め、旋盤、フライス盤、レーザーまで持ちだしての加工を考える。加工精度を上げるために樹脂を侵食させて固定化する?もうドーナツは食べられなくなっている。
    数学の准教授は「数学において論理的思考は自由である」と豪語し、「ドーナツの穴は、そこに指を入れていることで穴の存在を認識できる」と定義した上で、「そのドーナツを4次元に移動させて食べてしまえば3次元では穴を認識したままいつの間にかドーナツが食べられているということになる」と説く。「低次元トポロジー」というそうだが、屁理屈にしか聞こえない。
    文学研究科の准教授はプラトンやハイデガーまで持ちだして「美学の見方に立てばドーナツそのものとは、食べられないものであり、穴も無くならない」などと驚かしてから、「現実のドーナツについて考えると、ドーナツは家である」と結論付けた。もう何も言うまい。
     歴史学の教授は「どのような見方をするかによって、その物の認識の仕方、理解の仕方が変わってくる」と言い、ドーナツ問題に対しても「歴史家がとるミクロ的アプローチとマクロ的アプローチで考える」とする。これは期待できそうだと読み進めると、ミクロ的アプローチの例として「日本健康保険法と医師会の関係」について分析し、マクロ的アプローチの例として「冷戦期の国際政治」について論じる。なるほど、医師会と国際政治については大変よく分かったが、ドーナツはどうしたのだろう?
     法律家の教授は、先ずドーナツに関する法令と法解釈、更に判例を調べて「ドーナツ枕」訴訟の原告、被告の主張から東京地裁と知財高裁の判決までを解説する。実に正統的なアプローチだ。しかし、ドーナツの穴問題になると、様々な屁理屈と詭弁を弄して丸め込もうとした挙句に、ヴェニスの商人を引き合いに出し、屁理屈、詭弁が賞賛される場合もあると開き直る。
     結局本書を読み終わった時には「ドーナツを穴だけ残して食べる方法」が分かるどころか脳内大混乱状態に陥るわけだが、この様なくだらない問題を各分野の研究者が大真面目に論じている所が面白く、様々な分野の研究者の考え方を垣間見る事ができる所が大変興味深い。

  • ユニークな本を読んでいる。
    『ドーナツを穴だけ残して食べる方法』・・・大阪大学出版会の発行する本だ。
    題名の通りドーナツの穴だけ残して食べる方法をめぐって、大阪大学の教授連がそれぞれの研究領域の立場から「真面目に」考察している。
    目次はざっと以下の通り。
    第0章 ドーナツの穴談義のインターネット生態学的考察(松村真宏)
    第1部 穴だけ残して食べるには
    第1章 ドーナツを削る―工学としての切削の限界(高田 孝)
    第2章 ドーナツとは家である―美学の視点から「ドーナツの穴」を覗く試み(田中 均)
    第3章 とにかくドーナツを食べる方法(宮地秀樹)
    第4章 ドーナツの穴の周りを巡る永遠の旅人―精神医学的人間(井上洋一)
    第5章「ドーナツを穴だけ残して食べる方法」と聞いて、あなたはこの命題から何を考えますか?―ミクロとマクロから本質に迫る(杉田米行)
    第2部 ドーナツの穴に学ぶこと
    第6章 パラドクスに潜む人類の秘密―なぜ人類はこのようなことを考えてしまうのか? (大村敬一)
    第7章 ドーナツ型オリゴ糖の穴を用いて分子を捕まえる(木田敏之)
    第8章 法律家は黒を白と言いくるめる?(大久保邦彦)
    第9章 ドーナツ化現象と経済学(松行輝昌)
    第10章 ドーナツという「近代」(宮原 曉)
    第11章 法の穴と法規制のパラドックス~自由を損なう自由をどれだけ法で規制するべきなのか?(瀬戸山晃一)
    第12章 アメリカの「トンデモ訴訟」とその背景(松本充郎)

    穴の部分をどれだけ薄く残せるかに着目するのはエネルギー工学専攻の髙田准教授、切削技術は素材論も避けられない。
    ドーナツを食べるとドーナツの穴が無くなるという常識から疑いはじめるのは、美学芸術学専攻の田中准教授、かれは「ドーナツは家である」という結論にたどりつく。
    ドーナツの発明は「近代」の想像力をもってして始まると言う宮原准教授は、「ドーナツ以前」と「ドーナツ以後」を俯瞰しドーナツの穴に具現化された「近代」を論じる。

    文系も理系も一緒になってこの本は作られている。
    面白がるのも手だが、学問の深さを感じるのも手だ。

    一歩まちがえば、牽強付会と衒学趣味に堕しかねない問題設定だ。
    教授連のふところの深さと真面目に遊べるユーモアを期待したいところだが、さて、どうだろう。

    ブログACH & PFUI より転載
    http://achpfui.com/pfui/?p=3938

  • 大学1・2回生向け、ということですが、社会人が読んでも十分勉強になります。

  • 三葛館一般 002||OS

    「ドーナツを穴だけ残して食べる方法」をテーマに、大阪大学の様々な分野のスペシャリスト(教授陣)が、工学・文学・数学・精神医学・化学・人類学・社会学・法学・・・など、それぞれの領域における考え方と解答を示している、まさに“学問”が詰まった一冊です。
    工学ではドーナツを切削することを考え、美学では古典文学を引用し、数学では次元を考える。かと思えば経済学ではドーナツ化現象の話になったり、応用化学では廃油のリサイクルの考察につながったり・・・読み進めることで、色々な“学問”が世界をどのように捉えているかが見えてきます。(また、本書を読み続けて脳が疲れたときは、息抜きのための「世界のドーナツ」のコラムも随所に盛り込まれています!)
    一読することで知的好奇心が刺激され、あなたの「お気に入りの学問」がきっと見つかる一冊です。
                                  (かき)

    和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=67977

  • 羊頭狗肉本。

    「ドーナツの穴だけ残して食べる方法について多種多分野に渡る専門家が真面目に議論する」という、言ってしまえばロゲルギストのような本だろうと思って読んだが、相当な期待外れだった。
    実際は「輪っか状の形状というだけの共通点からドーナツを自分の研究分野の話に無理やりつなげてひとしきり語ったあげくオチもなく終わる話集」である。人を煙に巻くような話も多く、単に衒学的なだけでは?と感じてしまった。

    文章の質も低く読みづらいことこの上ない。学問の面白さを伝えたいみたいなことを書いているが、この文章力ではまず読ませられないし、まったく魅力が伝わってこない。
    それを手を変え品を変え12篇も読まされるのだから堪ったものではない。中盤からは9割方読み飛ばしてしまった。新聞に書評が載ったりしていたので広報は上手いのだろう。それが余計に腹立たしい。

  • 「ドーナツを穴だけ残して食べる方法」という難問に、阪大の教授陣は各分野を生かしてどのように立ち向かうのか。
    「超ドーナツが超々ドーナツの本性を現し(数学)」とか、「私たち一人一人は小さな存在である。ドーナツのかなたに夕陽が沈み、ドーナツの地平から朝陽が昇ってくる(精神医学)」とか、ドーナツでとてつもなく壮大な話になっている感じが面白かった(しかもそれでその学問の深淵が分かった気なするのも面白い)。
    質問に答えていないようなものもあるし、ドーナツという単語は出ているけどドーナツ関係ないじゃんという話もあるけど、各分野の要約みたいな、そして身近に感じられるのが楽しい。
    コラムや、各章の題名の付け方も良かった。

  • 微分積分、化学方程式、ローマ帝国の歴史、エネルギー保存の法則…

    こんなこと、社会に出てなんの役に立つの?
    学生のころ、誰もが一度は思うことではないだろうか。

    歳をとり、いつ頃かその答えがわかってきた。
    そう。勉強とは即ち、考える練習なのだ。

    社会に出れば、生きていれば、いろんな問題にぶつかる。
    そんな時、考える練習をしていないと、そのたびにオロオロしてしまう。
    練習していればいるほど、落ち着いて対応できるだろう。
    しかも、いろいろな分野の勉強をしていれば
    それだけアプローチの数が増えるはず。
    それが自信となり、問題解決にもつながる。
    だから勉強は大切なのだ。

    なんでこんな勉強せなアカンの?
    いつか、子どもが文句を言ったら
    うん、そう答えてやろう!フフフ。
    と、妄想が膨らんだ。

    この本は、「ドーナツを穴だけ残して食べるには?」
    という命題に、経済学や工学、法学、社会学、哲学など
    様々な分野の専門家が取り組んでいる。

    そんなのできるわけがない、と
    はなから放り出すのではなく、考えてみる。
    とりあえず取り組んでみる。

    本当に分野によっていろんな考え方があるものだ。
    さすが、いっぱい練習してきた人たちだ。

    正直言って、この本の半分も理解できなかった…。
    あぁ、もっと勉強しておけばよかったなぁ。

    そんな私でも、分からなかったところはまた再読しようかなとアカデミックな気分させられる本だった。
    もちろん、ドーナツを片手に。

    図書館スタッフ(東生駒):ノビコ

  • ドーナツ関係ない話も多かった。

  • 大阪大学の書籍化プロジェクトということで、学生が提案して書籍化が決まったようだ。
    様々な分野の先生がそれぞれの分野の知識を活かして、ドーナツの穴について考察を与える。

    やはり興味のある分野での考察はとてもおもしろかったが、興味のない分野を経由しての考察はあまりおもしろいとは思わなかった。これは単に自分の理解の範疇が狭いことによる不自由さなのであるが、やはり面白くないものはおもしろくない。
    自分の興味のある分野だけ読み進めればいいと思う。

  • 親友(朋友)から借りた、タイトルから惹きつけられる魅力的な本。恥ずかしながら、これがネット上で話題になった有名なコピペであることすら知らなかった。そして冒頭に解答のコピペが掲載されてるけど、これがまた上手いなと。ネット民の言語スキルすごいな。
    このタイトルを解決しよう、というより一つの命題について様々な学問に基づくアプローチをしたらどうなるか、という本。美学の章と数学の章が特に好みで、数学の章を執筆した教授の文章はわかりやすいし、興味深かった。4次元ね。対して、精神医学的人間論の章の文章のわかりづらさときたら。
    兎にも角にも、物事をミクロ的、マクロ的、そして多角的に考える大切さを学びましたとさ。

  • 高いレベルにある学習は低いレベルの学習に常に基礎づけられている。
    コンテキストと問題解決の王式の関係を客体化し、世界を理解する方法と問題解決の様式を状況に応じて柔軟かつ創造的に自在に変えていくことができるようになる。

  • ドーナツを通して、様々な学問をつまみぐいする本。私は文系を専門としているけど、数学(幾何学)もおもしろいと思った。それくらい分かりやすく書かれており、それぞれの分野の入門書的要素も含む。

  • 「ドーナツを穴だけ残して食べる方法」というテーマで大阪大学の学生がまとめ上げた本。実際に阪大教授たちに講義っぽい感じで執筆をお願いしたようで、サブタイトルのとおり大学講義っぽい内容になっている。
    なので、読者次第でハマる話もあれば、拒否反応が出る話もある。私はオリゴ糖がダメだった…(´へ`)

    個人的には、第2章の美学の観点からのお話はめっちゃ面白かった。食べてなくなるドーナツなどドーナツの風上にもおけない!笑

    この本は横書きで書かれているのですが、句読点ではなくカンマ(,)とピリオド(.)なのがすっごい読みづらい。理系の話も扱うから横書きでもいいんだけど、私の知る限り日本語の横書きの教科書は句読点だったのに…理系では違うのだろうか。。。

    全員無理にでもちゃんとテーマに沿ってくれていたらよかったんだけど、全然ドーナツの穴と関係ない章がたまにあって、それだけが残念でした。ので、★をひとつ減らしました。試みとしては面白いのになー。

    最後に、2ちゃんねるのコピペ拾ってきたから貼っておく。(誤字は原文ママ)
    こういうの考える人、何気にすごいと思うわ。面白い★

    --------------コピペここから--------------

    ドーナッツの穴だけ残して食べる方法
     
     ∟実際派-普通に食べれば残ってるんじゃないの?(もっと考えろよ派)
         -ドーナツとは呼べないくらい細い縁を残せば?(それドーナツだよ派)
         -もっと時間をくれ(好きにしろよ派)
     ∟物理派-巨大なドーナツを光速で回転させることにより穴が空間的に閉じ(ry
           -箱に青酸カリの入ったビンと一緒に入れて(ry
     ∟化学派-穴に空気とは違う気体をつめれば?(それ残ってるのその気体じゃん派)
     ∟数学派-非ユークリッド幾何学的には可能(難しいよ派)
     ∟統計派-100万回食べれば1回くらい穴だけ残ってるかもしれない(めんどくさいよ派)
     ∟地学派-半減期を調べれば穴の存在を証明できるかもしれない(本当かよ派)
     ∟合理派-ドーナッツ食べた後に穴の存在を証明すればいいんじゃね?(証明してみろよ派)
     ∟芸術派-私が存在しない穴を写実することでなんとかできないだろうか?(別問題だよ派)
     ∟言語派-問いかけが漠然としていて厳密な対策が不可能(ごめんなさいだよ派)
     ∟哲学派-穴は形而上的な存在の定義外にあり、超空間的な(ry
     ∟懐疑派-そもそもドーナッツの時点で怪しい・・・(意味が分からないよ派)
     ∟欧米派-HAHAHAHA!lol :D (fackだよ派)
     ∟報道派-まずはドーナツに穴が空いているか世論調査すべき(捏造だよ派)
     ∟調理派-油分が多すぎるし形も下品(そんなことないよ派)
     ∟減量派-ワンモアセッ
     ∟政府派-真に遺憾であり今後このような事態が起こらぬよう最大限の努力を(ry
     ∟外交派-食べてやってもいいけど代わりに援助基金を増設しろ(カードにされちゃうよ派)
     ∟精神疾患派-俺の心に穴が(ry
     ∟解答放棄派-そんなの不可能(思考停止だよ派)
           -ドーナッツってまずくね?(味覚障害だよ派)
           -アメリカの陰謀(中2病だよ派)
     ∟一休派-では穴だけ残しますからまずは穴の存在を証明してください(天才だよ派)
     ∟卑猥派-ドーナッツにも穴はあるんだよな・・・(レイプ反対!)

    --------------コピペここまで--------------


    --

    「あなたは、ドーナツをアカデミックな眼差しで見つめたことはありますか?」
    web上で話題になった「トンチ問題」に、阪大教員が本気で挑みます。 人文科学・自然科学・... 続きを読む

  • ドーナツから広がる学術談義というかウンチク披露大会というか。各執筆者の屁理屈を楽しむ本であって、ドーナツの穴だけ残して食べる方法の正解を得るために読む本ではありません。
    コーヒーとドーナツ片手に流し読み。大学講義のさわりにはちょうどいいのかも?

  • 【配架場所】 図・3F開架 
    【請求記号】 002||OH

    【OPACへのリンク】
     https://opac.lib.tut.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=168669

  • 「ドーナツを穴だけ残して食べる方法はあるのか」という小学生レベルの疑問に対して大の大学教授たちが各専門流の屁理屈をこねて答える本。とはいえ思ったよりキレはない。発想はいいと思うのだが、いまいち活かしきれていない感(特に文系)

  • 若干前評判に引きずられて期待が大きすぎたこともあってか、ちょっとガッカリ感が。
    確かに取り組み自体は興味深いし、成果も大きいのだとは思うが、もしかしたら内輪受けネタなのか。
    何が引っかかるのか自分でもよくわからないけど。

  • 「ドーナツの穴」を巡って、大阪大学の教員が自身の専門領域からそれぞれ執筆している。そのまま「ドーナツを穴だけ残して食べる方法」という問題に答えているとは言えないものもあるし、ちょっと展開が強引だなと思うものも多かった。だが、普段あまり目を向けない分野を知るきっかけになったのは面白く、執筆者の目論見通りといった感じ。

    ↓の章が面白かった。
    ・第0章 ドーナツの穴談義のインターネット生態学的考察
    このドーナツ問題は、もともとネット上のネタだったが、それがいつ頃どのように流行ったのかの調査。そこから生態系としてのインターネット、クチコミの伝播過程の解釈によるマーケティングの効果測定といったものに展開していく。身近に利用するインターネットをいういう風に捉えられるのかと興味を持った。

    ・第1章 ドーナツを削る - 工学としての切削の限界
    切る、削るというと普段何気なく使う言葉だが、それを工学的に見ると思ったより奥が深い。加工方法の選択・加工する対象の材質の検討など、ひたすら愚直にドーナツを穴だけ残して削る方法を考えている。

    ・第2章 ドーナツとは家である - 美学の視点から「ドーナツの穴」を覗く試み
    美学という学問は初めて触れた。プラトンの『寝椅子の比喩』を取り上げ、ドーナツには
     1.本性界にある、神が作った唯一のドーナツ
     2.ドーナツ作りの職人の作った、普通のドーナツ
     3.画家が絵に描いたドーナツ
    の3つがあり、真のドーナツはそもそも食べることができないとしている。トンチの効いた展開だが、面白かった。

    ・第8章 法律家は黒を白と言いくるめる?
    西川産業とテンピュール・ジャパンの「ドーナツクッション」という商標を巡る訴訟を引き合いに出して展開。法学というのも今まで縁がなかったので、新鮮に感じた。

  • ドーナツを穴だけ残して食べる、という一見ばかばかしい命題に様々なジャンルの学問から真剣に考察、紐解いていく。タイトル通りに真剣にどうしたらドーナツの穴を残せるかと考え論じられているものは少ない。様々な学問への入門アプローチと言ったところか。完全文系の私には理系ジャンルはちんぷんかんぷん。読むのも眠くなってばかりだった。工学は真剣にドーナツの穴を残す方法を論じており大変興味深かった。数学はそれをいっちゃ身も蓋もないじゃないかという文字通り斜め上の回答であった。

  • 「ドーナツを穴だけ残して食べる方法」という実に興味を引くタイトルにつられて読んでしまったけれど、実際の内容はサブタイトルの「穴からのぞく大学講義」のほうだった。

    というわけなので、おじさんにとっては、少々手遅れ感を感じるほろ苦な読後感。

    若い人たちには、特に、大阪大学を目指す人には、おすすめ。

  • 大阪大学の学生・教員・出版会によるショセキカプロジェクトが作製した本。
    各学問において、ドーナツから連想されるトピックを10名ほどの研究者が解説している。
    「ドーナツを穴だけ残して食べる」という一見パラドックスに思える現象も、見事に実現している研究者もいる。(工学と法学)
    そのほかの研究者については「食べる方法」については言及していないことも多いけれど、サブタイトルである「越境する学問-穴からのぞく大学講義」というテーマに沿ったいろんな理論を読むことができる。
    ドーナツに関わるコラムも満載。

  • 印象的なデザインと阪大の学生が中心となって書籍化したというのに惹かれて手に取った。
    残念ながら、図書館の貸し出し期間中に読了できなかったので、機会があれば続きを読みたい。

全56件中 1 - 25件を表示

ドーナツを穴だけ残して食べる方法 越境する学問―穴からのぞく大学講義に関連する談話室の質問

ドーナツを穴だけ残して食べる方法 越境する学問―穴からのぞく大学講義を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ドーナツを穴だけ残して食べる方法 越境する学問―穴からのぞく大学講義を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ドーナツを穴だけ残して食べる方法 越境する学問―穴からのぞく大学講義を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ドーナツを穴だけ残して食べる方法 越境する学問―穴からのぞく大学講義を本棚に「積読」で登録しているひと

ドーナツを穴だけ残して食べる方法 越境する学問―穴からのぞく大学講義の内容

大阪大学が擁する幅広い研究分野を魅力的に紹介し、学問の懐の深さと考える愉しみを伝える出版&新しいスタイルの教育プロジェクト「ショセキカ」。「ドーナツを穴だけ残して食べる方法とは?」という学生たちの素朴な問いに、文理を問わず多彩な研究分野の大阪大学教員たちが挑む。常識を疑い、当たり前を覆すのが学問の醍醐味。ドーナツの穴から広がる奥深い知の世界にふみこんだアカデミックでユニークな回答に乞うご期待。

ドーナツを穴だけ残して食べる方法 越境する学問―穴からのぞく大学講義の作品紹介

大阪大学が擁する幅広い研究分野を魅力的に紹介し、学問の懐の深さと考える愉しみを伝える出版&新しいスタイルの教育プロジェクト「ショセキカ」。「ドーナツを穴だけ残して食べる方法とは?」という学生たちの素朴な問いに、文理を問わず多彩な研究分野の大阪大学教員たちが挑む。常識を疑い、当たり前を覆すのが学問の醍醐味。ドーナツの穴から広がる奥深い知の世界にふみこんだアカデミックでユニークな回答に乞うご期待。

ドーナツを穴だけ残して食べる方法 越境する学問―穴からのぞく大学講義はこんな本です

ツイートする