この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐藤雅彦
三島 由紀夫
國分 功一郎
J.L. ボルヘ...
ケヴィン リンチ
中沢 新一
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

映画空間 400選の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 構成と内容がいまひとつ。
    読んで、イメージがあまりできないし、面白くない。
    空間を強調しつつも結局ただのレビューだったりするし。
    だったら、100ぐらいに厳選しちゃって、
    一ページさいて解説してほしかったな。
    中途半端すぎて結局タイトルとかキーワードで拾っちゃう。

    コラムも面白くない。
    建築、映画、語り口がどっちつかずになってしまっている。
    唯一、中山さんの「リアル」だけは良かったけど。

    まぁそれなりに観たい映画をチェックできたのでよかったですが。

    メモ
    ・カリガリ博士(紙の舞台美術)
    ・戦艦ポチョムキン(映画史上、最も有名な六分間)
    ・第七天国(上と下の世界)
    ・群衆(NY)
    ・吸血鬼(影の離脱)
    ・或る夜の出来事(モーテルの一室を毛布で区切る)
    ・赤線地帯(売春婦)
    ・スリ
    ・二十四時間の情事(広島とフランス)
    ・穴(刑務所、脱獄)
    ・月曜日のユカ(横浜)
    ・テオレマ(一人の美しい男性客)
    ・パリ、テキサス(覗き部屋)
    ・アイズ・ワイド・シャット(2つの仮面パーティ)
    ・アワーミュージック(地獄編、煉獄編、天国篇)
    ・コラテラル(LA,タクシー)
    ・イン・ハー・シューズ(姉妹の靴)
    ・インランド・エンパイア(顔)
    ・アンナと過ごした四日間(片思い)
    ・アバンチュールはパリで(異様な夢)
    ・抱擁のかけら(証拠の過剰さ)

  • 石川初さん編著。装丁が内川さん。

全3件中 1 - 3件を表示

映画空間 400選の作品紹介

映画の建築・都市・場所・風景を読む。映画史115年×空間のタイポロジー。

ツイートする