月の石

  • 44人登録
  • 3.23評価
    • (4)
    • (1)
    • (14)
    • (2)
    • (1)
  • 4レビュー
  • WAVE出版 (1999年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (327ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872900439

月の石の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • フロリンダ・オルセンはロシア革命時に逃れてオスロに住んでいるが、娘のイドゥンはすべてを捨ててロシアへ行ってしまった
    また、ひ孫のニコライは両親の不仲を憂いている
    彼らは「月の石」または「ロシア皇帝の宝石」の所在を尋ねられ、脅されるが困惑するばかり
    月の石がなければこの世界はおわってしまうのだが、金目の物をほしがる人間はただ宝石欲しさに奔走する
    終わってみればイドゥンの子マキシムが幼い頃に隠したことを忘れていて、半月宮の女官達に渡すことができ、家族の再会や和解で物語は終わる

  • 最後に、まさか全部が全部集まるとは全然思わなかった。すごいと思う。

  • 2000年2月13日登録

  • 生命の源である月の光が失われようとしていたころ、少年ニコライは月の神殿につかえるエリアムの叫びを聞いた。そして、それはすべてのはじまりだった…。「オトナ」になりきれないあなたに贈る冒険ファンタジー。

全4件中 1 - 4件を表示

トールモー・ハウゲンの作品

月の石を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

月の石を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする