ワンワンワン―捨て犬たちの小さなおはなし

  • 41人登録
  • 4.04評価
    • (10)
    • (5)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 13レビュー
  • WAVE出版 (2002年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872901184

ワンワンワン―捨て犬たちの小さなおはなしの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 3匹の捨て犬ワンコのお話。可愛い絵と短い文章、その絵や文章から、痛いくらい切ない気持ちが伝わってきます。読む度に涙が溢れます。保健所の檻の中に佇む犬の写真を見た事があります。その瞳はただ静かで、でも悲しみが溢れていて・・・夫と話してます、もし犬を飼う機会があったら、その時は里親制度を利用しようと。そういう人が増えて、捨て犬が、殺処分される犬が少しでも減りますように・・・現実でもこの物語のように幸せを掴む犬が増えますように・・・

  • 私達の生活しているすぐ側では、人間の身勝手で捨てられ、惨たらしく殺されていく動物が沢山います。この本に登場する「チビ」「リリイ」「名無し」は命を落とすことなく新しい飼い主と巡り会うことができました。でも手放しで喜ぶことができません。私も犬と暮らしていますので、捨てられる動物たちに申し訳なく、胸を締め付けられる思いがしました。愛犬との時間は限られています。たくさん名前を読んで、話しかけて、抱きしめてあげたいと思います。

  • 久しぶりに読み返したら、やっぱり泣いてしまった。
    カワイイカワイイだけの裏に、どれだけのこの子達がいるのか。目をそらしたくなる事実だけど、ちゃんと見て、認めなければいけない。
    そしてこんな思いをする子を増やさないように。
    それぞれパートナーが見つかってよかった・・・・。

  • 資料番号:010094589

  • 子供から大人まで・・・たくさんの方に読んで頂きたい本です。

    『飼うなら最期まで!!』

  • 泣けます。

  • いたくて、せつなくて、やさしくて。
    本屋で泣きそうになりながら立ち読みして、そのまま勢いでレジへ。
    たいせつにしてください。
    やさしい、を、わすれないでください。
    ヒトも、他のそうじゃないものも、みんな生きてるってことを憶えていて。

  • 3匹のそれぞれの3つの話。
    無責任にペットを飼わないで、と願うのみ。

  • 兄弟の中で一番小さくて、弱かったチビ。小犬の頃だけかわいがられて、大きくなって捨てられたリリィ。名前もなく、誰にも話しかけられない「名無し」。3匹の捨て犬たちの切ない気持ちと新しい出会いによる幸せを描いたお話。

  • 分類=捨て犬。02年1月。

全13件中 1 - 10件を表示

ワンワンワン―捨て犬たちの小さなおはなしを本棚に登録しているひと

ワンワンワン―捨て犬たちの小さなおはなしを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ワンワンワン―捨て犬たちの小さなおはなしはこんな本です

ツイートする