使える新書―教養インストール編

  • 120人登録
  • 3.21評価
    • (5)
    • (3)
    • (27)
    • (3)
    • (1)
  • 13レビュー
制作 : 斎藤 哲也 
  • WAVE出版 (2003年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872901740

使える新書―教養インストール編の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この中で読んだことあるの『理科系の作文技術』だけだった・・・(しかも最終章の簡単なレビューに2度出てきただけの一冊)。新書っていろいろあるんだなあと思ったが、第一版発行が2003年末と今となってはやや古めなので、今同じような本を作ったらまたぜんぜん違うラインナップになるのだろう。

  • 【要約】
    興味深いテーマの新書と簡潔なコメント(本格的な書評ではない)

    【感想】
    掲載されている新書が多少古いので、廉価な古書を買って読む場合に目星をつけておくと有益か

    -----------------------------------------------
    ※掲載新書一覧(目次)

    第1章 ビジネス社会サバイバルの書

    1 現場の視点――上手に迷うヒント

    ・アーロン収容所 ―西欧ヒューマニズムの限界(会田雄次・中公新書)
    ・キヤノン特許部隊(丸島儀一・光文社新書)
    ・ウェルチにNOを突きつけた現場主義の経営学(千葉三樹・光文社新書)
    ・日本の公安警察(青木理・講談社現代新書)
    ・債権回収の現場(岡崎昂裕・角川Oneテーマ21)
    ・値切りの交渉術(新井イッセー・生活人新書)

    2 プレゼン前夜に斜め読み――最強のノウハウ本はどれだ?

    ・議論のレッスン 福澤一吉 生活人新書
    ・「分かりやすい表現」の技術(藤沢晃治・ブルーバックス)
    ・インタビュー術!(永江朗・講談社現代新書)
    ・相手に「伝わる」話し方――ぼくはこんなことを考えながら話してきた(池上彰・講談社現代新書)
    ・ギリギリ合格への論文マニュアル(山内志朗・平凡社新書)

    3 バブルと不況のカラクリ――初心者でも読める経済入門書

    ・ゼロからわかる経済の基本(野口旭・講談社現代新書)
    ・景気と経済政策(小野善康・岩波新書)
    ・バブルとデフレ(森永卓郎・講談社現代新書)
    ・「欲望」と資本主義―終りなき拡張の論理(佐伯啓思・講談社現代新書)
    ・消費資本主義のゆくえ―コンビニから見た日本経済(松原隆一郎・ちくま新書)
    ・日本の経済格差 ―所得と資産から考える―(橘木俊詔・岩波新書)

    4 競争の戦略――個人から国家まで

    ・軍師・参謀―戦国時代の演出者たち(小和田哲男・中公新書)
    ・アメリカ海兵隊(野中郁次郎・中公新書)
    ・ゲームの理論入門―チェスから核戦略まで(モートン・D・デービス/翻訳:桐谷維・森克美・ブルーバックス)
    ・ゲームとしての交渉(草野耕一・丸善ライブラリー)
    ・詭弁論理学(野崎昭弘・中公新書)

    第2章 人生の兵法

    5 21世紀の方法序説のために

    ・「わからない」という方法(橋本治・集英社新書)
    ・社会認識の歩み(内田義彦・岩波新書)
    ・寝ながら学べる構造主義(内田樹・文春新書)
    ・思考のための文章読本(長沼行太郎・ちくま新書)
    ・一億三千万人のための小説教室(高橋源一郎・岩波新書)
    ・受験は要領(和田秀樹・ゴマブックス)

    6 家族はどこへいくのか

    ・孔子(貝塚茂樹・岩波新書)
    ・論語の読み方(山本七平・ノン・ブック)
    ・飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ(井村和清・ノン・ブック)
    ・不平等社会日本―さよなら総中流(佐藤俊樹・中公新書)
    ・社会的ひきこもり(斎藤環・PHP新書)

    7 孤独とつきあう技術

    ・森田療法(岩井寛・講談社現代新書)
    ・やさしさの精神病理(大平健・岩波新書)
    ・<対話>のない社会(中島義道・PHP新書)
    ・なぜ人を殺してはいけないのか(小浜逸郎・新書y)
    ・新・シングルライフ(海老坂武・集英社新書)

    8 ビッグな人々――「世界の」という冠の元に

    ・禅と日本文化(鈴木大拙/翻訳:北川桃雄・岩波新書)
    ・朝比奈隆 わが回想(朝比奈隆・中公新書)
    ・日本の思想(丸山真男・岩波新書)
    ・ヒロシマ・ノート(大江健三郎・岩波新書)
    ・戒厳令下チリ潜入記(G.ガルシア=マルケス/訳:後藤政子・岩波新書)
    ・貧困の克服 (アマルティア・セン/訳・大石りら/集英社新書)
    ・楽譜の風景(岩城宏之・岩波新書)
    ・天才になる!(荒木経惟・講談社現代新書)

    第3章 世の中を知る遠近法

    9 世の中のウソとホント――常識を疑え

    ・日本人のしつけは衰退したか(広田照幸・講談社現代新書)
    ・『社会調査』のウソ(谷岡一郎・文春新書)
    ・アトピービジネス(竹原和彦・文春新書)
    ・食のリスクを問いなおす(池田正行・ちくま新書)
    ・『食べもの情報』ウソ・ホント(高橋久仁子・ブルーバックス)
    ・里山再生(田中淳夫・新書y)

    10 等身大の日本問題――オレが楽しきゃそれでいい?

    ・日本の社会保障(広井良典・岩波新書)
    ・自動車の社会的費用(宇沢弘文・岩波新書)
    ・教育改革の幻想(苅谷剛彦・ちくま新書)
    ・若者はなぜ「決められない」か(長山靖生・ちくま新書)
    ・安心社会から信頼社会へ(山岸俊男・中公新書)
    ・現代社会の理論(見田宗介・岩波新書)

    11 グローバリズムとあなた

    ・グローバリゼーションとは何か(伊豫谷登士翁・平凡社新書)
    ・マックス・ヴェーバー入門(山之内靖・岩波新書)
    ・アメリカ産業社会の盛衰(鈴木直次・岩波新書)
    ・ヘッジファンド(浜田和幸・文春新書)
    ・金融工学とは何か(刈屋武昭・岩波新書)
    ・移民と現代フランス(ミュリエル・ジョリヴェ/訳:鳥取絹子・集英社新書)
    ・現代戦争論(加藤朗・中公新書)
    ・新書 アフリカ史(宮本正興+松田素二編・講談社現代新書)

    12 モノに願いを――工学・技術と人間

    ・制御工学の考え方(木村英紀・ブルーバックス)
    ・本の未来はどうなるか(歌田明弘・中公新書)
    ・飛行機物語(鈴木真二・中公新書)
    ・ロボット入門(舘暲・ちくま新書)
    ・自動販売機の文化史(鷲巣力・集英社新書)

    第4章 科学が人間について知っている二、三の事柄

    13 脳は「こころ」を分泌する科学装置なのか

    ・脳の探検(フロイド・E・ブルーム他著/監訳:久保田競・ブルーバックス)
    ・心と脳の科学(苧阪直行・岩波ジュニア新書)
    ・ヒトはなぜ、夢を見るのか(北浜邦夫・文春新書)
    ・脳と記憶の謎(山元大輔・講談社現代新書)
    ・どうしてものが見えるのか(村上元彦・岩波新書)
    ・心はどのように遺伝するか(安藤寿康・ブルーバックス)
    ・ヒト型脳とハト型脳(渡辺茂・文春新書)

    14 生命と人体の不思議――三八億年の歴史を超えた分子マシーン

    ・ヒトゲノム(榊佳之・岩波新書)
    ・新しい発生生物学(木下圭+浅島誠・ブルーバックス)
    ・生命と地球の歴史(丸山茂徳+磯崎行男・岩波新書)
    ・カンブリア紀の怪物たち(サイモン・コンウェイ・モリス/訳:木下智子・講談社現代新書)
    ・原子(もの)が生命(いのち)に転じるとき(相沢慎一・カッパ・サイエンス)
    ・ハゲ、インポテンス、アルツハイマーの薬(宮田親平・文春新書)
    ・ドーピング(高橋正人+立木幸敏+河野俊彦・ブルーバックス)
    ・「健康常識」ウソ・ホント55(前野一雄・ブルーバックス)

    15 生物の多様性にまるごと驚嘆する

    ・ぼくらの昆虫記(盛口満・講談社現代新書)
    ・森はよみがえる(石城謙吉・講談社現代新書)
    ・ミミズのいる地球(中村方子・中公新書)
    ・砂の魔術師アリジゴク(松良俊明・中公新書)
    ・昆虫の誕生(石川良輔・中公新書)
    ・ゾウの時間ネズミの時間(本川達雄・中公新書)

    16 科学の責務、社会の要請

    ・原子爆弾(山田克哉・ブルーバックス)
    ・日本の医療に未来はあるか(鈴木厚・ちくま新書)
    ・地球はほんとに危ないか?(北村美遵・カッパ・サイエンス)
    ・不妊治療は日本人を幸せにするか(小西宏・講談社現代新書)
    ・生殖革命と人権(金城清子・中公新書)
    ・日本の科学者最前線(読売新聞科学部・中公新書ラクレ)
    ・100円ショップで大実験!学研の「科学」「学習」編・学研)

    第5章 暮らしのリテラシー

    17 食を読む――メシは知的に食うべし

    ・日本人のひるめし(酒井伸雄・中公新書)
    ・栽培植物と農耕の起源(中尾佐助・岩波新書)
    ・漬け物大全(小泉武夫・平凡社新書)
    ・カレーライスと日本人(森枝卓士・講談社現代新書)
    ・魚々食紀(川那部浩哉・平凡社新書)

    18 カルチャーのおやつ

    ・万博とストリップ(荒俣宏・集英社新書)
    ・私の選んだ一品
    ・グッドデザイン賞審査委員コメント集1(日本産業デザイン振興会編・GD新書)
    ・広告のヒロインたち(島森路子・岩波新書)
    ・マジックは科学(中村弘・ブルーバックス

    19 よみがえる「江戸」のリアル

    ・元禄御畳奉行の日記(神坂次郎・中公新書)
    ・武士の家計簿(磯田道史・新潮新書)
    ・参勤交代(山本博文・講談社現代新書)
    ・百姓の江戸時代(田中圭一・ちくま新書)
    ・花と木の文化史(中尾佐助・岩波新書)

    20 小さな幸せを育てましょう

    ・住まい方の思想(渡辺武信・中公新書)
    ・誰か「戦前」を知らないか(山本夏彦・文春新書)
    ・日本一周ローカル線温泉旅(嵐山光三郎・講談社現代新書)
    ・オートバイ・ライフ(斎藤純・文春新書)
    ・新「親孝行」術(みうらじゅん・宝島社新書)

    第6章 知る 学ぶ 驚く 新書コレクション500

    ロングセラー編――岩波新書の52冊/中公新書の35冊/講談社現代新書の12冊/ブルーバックスの5冊/祥伝社ノン・ブックの5冊

    通勤電車のお供編――あんたが大将〔経営・組織〕/なぜ働かなくてはいけないの?〔仕事・雇用〕/ニュースを見るとバカになる〔情報リテラシー〕/デキる技術〔調査力・取材力・問題解決〕/英語まみれの人生〔英語〕/小さな文章読本さん〔文章術〕/受験生御用達〔受験参考書〕

    学問再起動編――政治って一体何なのさ〔政治・政治思想〕/世界の見方〔国際政治〕/法律は正義を実現するか?〔法学〕/経済学は役に立つのか?〔経済学〕/何でもアリの学問〔社会学〕/疑うことからスタート〔哲学〕/ポストモダンのいま昔〔現代思想〕/本当に「わかった」?〔認知科学・心理学〕/心の闇はどこまで探れるか〔精神医学・臨床心理〕/歴史の玉手箱 I 〔世界史〕/歴史の玉手箱 II 〔日本史〕/イスラームをめぐる問題〔国際関係〕/知りたい!お隣の国/見る・聞く・話す〔民俗学・文化人類学〕/バレてますよ〔メディア学〕/深読みのヒント〔文学〕/言葉の狩人〔言語学〕/かつては教養の王道〔中国思想〕/不合理ゆえに我信ず〔宗教〕/世界観としての科学〔科学論・生命倫理〕/動物だもの〔進化論〕/抽象の快楽〔数学・論理学〕/世界は因果でできている〔物理学〕/ほんとに地球はあぶないの?〔環境〕/建物はテキストだ〔建築〕/ゲージュツにアクセス〔美学・美術史〕

    生活力向上編――男と女、そして家族/からだのメンテナンス/明るいマネー生活/新書トラベラー/初心者のためのカルチャー・ガイド/趣味の入口/ウンコに学べ!/ノンフィクションの冒険/ブックガイドのガイド/真っ当な人生論/

  • 【目次】
    1. ビジネス社会サバイバルの書
    2. 人生の兵法
    3. 世の中を知る遠近法
    4. 科学が人間について知っている二、三の事柄
    5. 暮らしのリテラシー
    6. 知る学ぶ驚く、新書コレクション

    【概要】
    玉石混淆の新書の中から、共用の基礎となりうる書を厳選して紹介する本。

    【内容】
     前書きに「書名となっている『使える新書』とは、単に良書を意味しているだけじゃない。」と書かれていることから、てっきり松岡正剛の千夜千書のような新書と新書とのつながりを見せてくれるのかと思いきや、内容は単なる感想文。
     ブックリストとしての機能を果たしていない。

  • 読みたい新書が増えすぎる、毒舌気味で面白い一冊!
    まずは「カレーライスと日本人」と「キヤノン特許部隊」を読もう。

  • 新書に焦点を絞った読書案内。既に何冊か読んだ本もあり、これから読もうと思っていた本もありました。既に読んだ本については、なるほど、そう言う部分を薦める点とするのか、というものがあり面白かった。

  • 5人の編者がジャンル別に新書を紹介する本の本。
    副題「教養インストール編」とあるが、新書はまさに、専門知識を満たすものではなく、〈教養〉として脳にきっかけを与える入ピッタリなフォーマットだと思う。
    小飼弾の『新書がベスト』にもあったが同じテーマを捉えた本を複数読むことでより知識や理解が広まるのだと思う。(この本自体が、『新書がベスト』と同ジャンルに属する。)
    なのでさっそくこの本からもピックアップして数冊Amazonさんにご注文。

    第1章 ビジネス社会サバイバルの書
    第2章 人生の兵法
    第3章 世の中を知る遠近法
    第4章 科学が人間について知っている二、三の事柄
    第5章 暮らしのリテラシー
    第6章 知る学ぶ驚く 新書コレクション500

  • 001.04.1/26.2刷、並、カバスレ、帯なし。H.21.9/4.伊勢BF.

  • ふやけた頭をクリアーにする精選ブックガイド。世の中を知る遠近法、ビジネス社会サバイバルの書から暮らしのリテラシーまで、本の目利きたちが現在にふさわしいテーマとともに厳選した新書を紹介する。

  • ガイドブック的な

  • 新書をまとめ読みしたような気になれます。あくまで気持ちの問題ですが。

全13件中 1 - 10件を表示

使える新書―教養インストール編を本棚に「読みたい」で登録しているひと

使える新書―教養インストール編を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

使える新書―教養インストール編を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

使える新書―教養インストール編の作品紹介

「プレゼン前夜」に効く新書から、経済、社会、サイエンス、哲学、メディア、歴史まで-本当に役立つ生きた教養が手に入る。知の果実が満載の精選新書ガイド。

ツイートする