28歳からのリアル マネー編

  • 254人登録
  • 3.04評価
    • (6)
    • (15)
    • (90)
    • (6)
    • (8)
  • 37レビュー
  • WAVE出版 (2004年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872901979

28歳からのリアル マネー編の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 4〜5

  • amazonで6円+送料。

  • タイトル通り。
    「リアル」を読んだ後なので、続編といった印象。

    読む価値はあるが、得る物はリアル版だけで足りるかな。。。

  • 人生におけるさまざまなステージでどのくらい費用がかかるのかがイメージできた。結婚にかかる費用、住宅にかかる費用などがわかりやすかった。
    とともに、国からの助成制度や、「借金」の項での悪徳業者の見分け方など、お金に関する法知識も多少増える。

    教育に使えるのは「フリーター」の項だろう。正社員とフリーターでどれだけの格差が生じるのかということは具体的な金額で示されると実感がわく。

    ただし、最初に問いかけられる「年収1200万あったら」という流れを消化し切れていない。この流れからいけば、「どういう風に年収1200万を実現するのか」がゴールになると思って読んでいたが、結局その答えは示されないままだった。

  • 28を過ぎているが、なんとなく流し読み。内容が薄い。当たり前のことを薄い内容で述べているだけで、ステップアップにもならない。最初の一冊としてももうちょっと本を選んだほうが良いのでは? 個人的には内藤忍の『内藤忍の資産設計塾』あたりがオススメ(本当はバートン・マルーキルの『ウォール街のランダム・ウォーカー』がオススメだが、偏った本なので後で読むべき)
    ●面白かった点
    なし
    ●気になった点
    とにかく内容が薄い。もっと踏み込むべき。
    あと、最初に「年収1200万あったら~な生活ができる。あなたはどう思うか?」という質問があるのだが、その選択肢がどれもこれもイヤ。金稼がないとやばいという内容に誘導する話の枕に過ぎないのだが、誘導の仕方が全く納得いかない。はっきり言ってないほうが良いと思った。この点で損していると思う。

  • これからの資産形成を考える上で参考になった。今までお金の問題は避けて通ってきたが、これからは現実的に考え、「いつまでにどれだけの資産を持つのか」をプランニングしていこうと思う。早くタネ銭を貯める。

  • とりあえず、結婚までに700万円。
    世の中、いずれにしても、おかねが必要。
    貯めグセ、若いうちにつけとこうね。
    必要な情報をぱーっと流し読みする程度で十分。

  • 本屋での取り扱いなどから、
    とても売れているように見受けられましたが、
    それほど内容はないような、、。
    数字がふんだんに使われているので、
    自身との比較やイメージはしやすいのかも。
    あおり具合が個人的にはあまり、、。

  • お金かかるなあ。
    新版も出たようだし、いずれまた。

    保育園から高校で506万
    大学 226万
    幼稚園 年60万
    保育園 年7万

  • あえて18歳で読んだ。改めて人生計画とマネーについて考えさせられた。

全37件中 1 - 10件を表示

28歳からのリアル マネー編を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

28歳からのリアル マネー編の作品紹介

人生は35歳までに決まる。夢も希望も金もない、そんな萎えたオヤジにならないために、必ずやっておくべきこと全部。

ツイートする