ひみつの植物

  • 165人登録
  • 3.69評価
    • (14)
    • (23)
    • (37)
    • (0)
    • (0)
  • 34レビュー
著者 : 藤田雅矢
  • WAVE出版 (2005年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872902204

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
畠中 恵
森見 登美彦
梨木 香歩
三浦 しをん
いとう せいこう
有川 浩
梨木 香歩
森見 登美彦
米澤 穂信
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

ひみつの植物の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『まいにち植物』の方が好きだったな。結構『まいにち植物』とかぶっている植物が多くって、あっさりした内容でした。


    表紙のハオルシア“オブツーサ”がやっぱりいい。ほしいなぁ。温かくなったら園芸店やショップを回ってみようと思う。あとは一時期ハマったエアプランツも、花が咲くまで育ててみたい。


    今回、アーティチョーク=アザミの改良種だと知った。お味のほどは…あまりおいしくなかったそうで。アクとか強そう…と勝手に想像した。あとは昔懐かし「もちトウモロコシ」も載っていて食べたくなった。スィートコーンが流行る前は、ぶち模様のカラフルなちょっとあやしげなトウモロコシを食べた記憶がよみがえった。


    金糸瓜こと、そうめんかぼちゃも出てきた。これは実際に食べておいしかった。(不思議だった)。


    植物SF文学の紹介もありなかなか面白かったです。

  • 表紙にも使われているハオルシア“オブツーサ”が欲しい。お取り寄せできるのかー。うーん。誰かプレゼントしてくれないかなー。

  • 再読。私が植物を育てはじめるきっかけになった本「捨てるな、うまいタネ」の著者が、世界中の珍しい植物を紹介した本。読むと植物園に行きたくなる。入手方法が書かれているものもあって、いつか育ててみたい植物が沢山。

  • リリース:亜弥さん
    プチプチ

  • 表紙に惹かれた。オブツーサを表紙に持ってきたセンスが良い。
    多肉植物の図鑑で見たこともあったが、「奇想天外」と「亜阿相界」のインパクトが強い。
    植物SF小説、藤田雅矢『星の綿毛』、ジョン・ウィンダム『トリフィドの日』読んでみたい。

  • 表紙に一目惚れ。鉱物もそうだけど、植物の造形美もすごく惹かれる物の1つ。
    オールカラーじゃないのが残念だけど、珍しい植物がいろいろ載っています。
    うちは元々母がガーデニング好きなので、その影響で知っている植物の方が多かったです。
    それでもピンクのタンポポや紅葉ランポー、ヒマラヤの青いケシなどなどおもしろキレイで楽しめました。
    サボテンを三角フラスコで水栽培してたのが印象的で、ちょっと真似して育ててみたくなったかも。

  • ちょっと変わった植物の育てかた
    変わり朝顔の記載が面白

  • ちょっと変わった植物の写真付き紹介エッセイ。
    種ならば割りと簡単に輸入できるんだよとか、
    写真が一杯で青いけしの花がすごく綺麗だと思った。

  • 画像も豊富で、説明も丁寧。とてもおもしろく、手に入れたくなる植物でいっぱいだった。手元に置いておきたい一冊。

  • これを読んでからチランジアにドハマりして、3年以上育てるハメになってしまった。まったく植物を知らない人が植物に興味を持つにはとても良いキッカケになる、肩に力が入ってないナイス書籍ではないだろうか。多分。

全34件中 1 - 10件を表示

ひみつの植物を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする