菌子ちゃんの美人法

  • 95人登録
  • 4.14評価
    • (20)
    • (11)
    • (8)
    • (3)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : 青木皐
  • WAVE出版 (2006年7月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872902679

菌子ちゃんの美人法の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これはイイ本に出会いました♪一読の価値アリ、です☆
    やさしいてわかりやすい語り口、一気に読めます。
    「加齢臭」の和らげ方なんてのも載っているので、加齢臭に悩む年頃の男性、
    加齢臭のする男性を夫にもって悩む、奥様や娘サマにも最適(?)です。

    ワタシも菌子ちゃんと仲良くなれる生活にシフトしていこうと思います。
    毎朝納豆を食べ(食べてるけど)、ヨーグルトも毎日食べ(1週間に一度くらいしか食べてなかったワ)
    発酵食品を積極的に摂り、
    朝は石鹸を使わず、ぬるま湯洗顔します!
    他にも簡単に菌子ちゃんと仲良くなれる生活が紹介されてます。

    ワタシは以前、少しだけ耐性菌のことを勉強したことがあるのですが
    それでも考え方、変わりましたョ。

  • 本書より要点まとめ

    ☆育菌生活☆

    ・朝起きたら水一杯
    ・ぬるま湯でやさしく洗顔
    ・うんこさんが出なくても10分ねばってみる
    ・朝食は納豆、食後にヨーグルト。バナナやきなこもOK
    ・一日1.5リットルの水分を摂るようにする
    ・帰宅したら油分汚れをせっけんで落とす
    ・お風呂では、身体全体にシャワーか流し湯⇒アポクリン腺のある部分を石鹸で洗う。3日に1度全身洗う。
    ・シャンプーは最小限に薄めてでも充分な洗浄力OK
    頭皮は年齢とともにたるむので頭トントンマッサージ


    ★うんこさんカレンダーをつける
    ★育菌生活の重要なことは、あたたかさ 水分 栄養 
     肌はおなかの窓

    肌コンディションの3レベル
    ◆マイナス
    乾燥・・・洗いすぎ、便秘による栄養不足、運動不足
    ◆ゼロ
    運動などで汗をかき身体をあたためて三食きちんとバランスよく
    食べていると菌そのものの数が多くなり肌ツヤツヤ。
    ◆プラス
    ゼロレベルの健康な肌状態の上にメイクする。
    ファンデの厚塗りは菌子ちゃんの厚塗り。

  • 正直普通の新書のが読みやすかった。
    菌子ちゃんのイラストはすごく可愛いんですよ。(特に免疫がお気に入りw
    でも文章が読みにくすぎて読むの時間かかったし
    なかなか頭に入ってこなかった。
    入門編として最初に読んだ方が良かったのかも。

    納豆大好きだけど、一瞬嫌悪感を抱きかけた。
    嫌いになったらどうしてくれるw

  • 2013年3月3日に開催された、第3回ビブリオバトルinいこまで発表された本です。
    テーマは「美女」。
    チャンプ本。

  • 朝顔は洗い流すだけ、とかお風呂に入ってはいても、全て石鹸をつける必要はない、とか、今まで接したことのない知識でとっても参考になった。

    育菌にはヨーグルトがいいみたいだから、買うようにしよう。

  • 2013.6.5 市立図書館

    読みやすくて、なんか面白かった。

    そして、なるほど。ふむふむ。

    やはり出すのって大事なのね。

    あと、バランス。

  •  読み終えるといろんな意味でぞわぞわするw
     人は単体のみで生きていないんだなぁと思いました。自分の体から出るものを見る目が変わりそうw

  • 心に響いた一文★仕事や人間関係の悩みでボロボロの方へ→何はともあれ「いいうんこさんを出す」ことだけ考えなさい!いいうんこさんが出れば問題は半分ぐらい解決しているはずです。

  • キレイ好き信仰がどうも性に合わずモヤモヤしている時に巡り合った本。購入はかなり前だけど、話の内容に合点がいき、モヤモヤが晴れてスッキリし、自分の気持ちに自信が持てました。読んだかなり後に、リスペクトしてやまない佐伯チズ先生と著者様が対談されていて「やっぱりわたし、間違ってなかった」と思いました。

  • 加齢臭=華麗臭と思えば老いるのも怖くない
    ・・・かな?
    いやいやいや!

全16件中 1 - 10件を表示

菌子ちゃんの美人法を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

菌子ちゃんの美人法を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

菌子ちゃんの美人法を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする