【新版】28歳からのリアル[マネー編]

  • 205人登録
  • 3.10評価
    • (3)
    • (24)
    • (27)
    • (9)
    • (7)
  • 26レビュー
  • WAVE出版 (2009年6月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872904130

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
人生戦略会議
デール カーネギ...
スペンサー ジョ...
ロンダ・バーン
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

【新版】28歳からのリアル[マネー編]の感想・レビュー・書評

  • ■内容のまとめ
    結婚、住宅、老後、必要な費用が網羅されている様に感じる。


    ■この本からおさえておくべきTips
    1.「わかっていること」「わからないこと」このうち、わかっていることを優先することを戦略という。
    2.予防の大切さ

    ■読後感
    再読してもよいかもしれない。

  • 内容の半分が第一弾のものと同じでがっかり。
    投資や貯蓄など、お金周りの内容が追加されているので、その点だけ読めばOK!

  • 適齢期で結婚して子どもを持ってマイホームを買って…という
    スタンダードな人生を歩みたい男性向け。
    一人で生きる選択肢を持っている人にとっては
    当然の情報がほとんどのはず。

  • 39歳だけどお金の知識って必要だよね
    って
    知識が全くないことに気がついてしまった
    恐ろしいことだ

    少しずつ知らねば!!

  • データの数字が少々古いが、現実を知ることができた。

  • リアルマネーの意味する通り、貯金の最低額や住宅の買い方などの指針が書いてある一冊。危機感持って動く事、蓄える事、運用する事、ゴールを見据えたスタートを切る為にお勧め。

  • 不安になった。
    でもその不安の正体を細かく説明してくれるから対策がうてる。
    大人になるってこういうことか。

  • 28歳以降おこりうる出来事を挙げて、その出来事のシミュレーションを提示する本。結構ありきたりなことが書かれていると思った。
    投資(株、投資信託)について書かれていたところは、さらっと書かれていたし、マネー編なのにもかかわらず物足りないかな。
    結婚、仕事、未来についても書かれてたけど、全般的にありきたりでかつ、不足しているような。。。
    あんまりピンときたとこは少なかった。
    残念。

  • うーん。28歳からのリアルで出てきた言葉が繰り返し語られてる。。。
    学んだこと1つと、面白い言い回し1つ。
    「○万円稼ぐという目標を立てること」
    「塩化ビニルを含むプラスチックごみを燃やすとダイオキシンが発生するように、経済観念のない2人が愛を燃やせば貧困問題になります」

    お金は大切。人生金じゃないって言葉も好きだけど、お金でどうにかできることはたくさんある。でも借金はダメ。たばことか無駄なものにお金をかけているならつもり貯金でもしてみたら。あと、お金に余裕が出てきたら投資とかしてみて。ということが書かれていた。

  • 年収600万円。ゆとりある生活。
    なんか不安になった。
    リアルと対峙できる良いきっかけになった。まず山を知らないと、登頂はできんらしい。

  • お金と人生について28歳でどうなってしまうのか、これからどうすべきなのかを見つめなおす一冊。

    「これはできます。これはできません。」

    とストレートな口調で話の展開が進んでいくところが面白い。

    多少、冷淡な感じに見られるが、そこがリアルさをより引き立たせる感じがする。

    なかなか、面白い。新版を買ったが、元々の方も読んでみたい。

  • まだ、20代前半なので内容は実感がない。だが、参考にはなる。

  • お金ってやっぱり知らないことが多い。やはり28ぐらいから身につけて。おくべきか。

  • あたし、本を読むときは、気になった箇所、覚えておきたい箇所はドッグイヤーしといて、
    あとでこんな感じでmixiに書いてんだけど、
    今回はドッグイヤー無しでした。



    こうすべき!って話ではなく、
    あくまで公表データの平均値を示して、
    「こんくらいが普通です」って言う本。

    そういう意味では良かったかも。


    ・結婚には五百万くらい必要
    ・20~30歳までの平均預金は166万円
    ・家を買うのも悪かない

    この辺りが感想です。

    1400円出して買う必要なし。
    立ち読みはしてもいい。

    と思いました。

  • そろそろ本気で考えた方がいいかもしれない…お金の使い方っっ。
    なんだか楽しそうだし、考えようかな。

  • またしても、ビレバンで目に留まった一冊。他人には聞きにくいお金に関する事柄を分かりやすく説明しており親切。住宅購入や貯金・投資の方法など参考になった。

  • マクドナルドを探して錦糸町まで歩いていたが、無線Lanがなくて仕方なく住吉方向に向かい出すとBookOffがあった。吸い込まれるとすぐ見つかった。財布にはぎりぎりのお金が残っていたんです。

    前作28歳からのリアルを読んで仕事で一番を目指すことになり、なんだえらいこと影響を受けた本になりました。が今回は影響されませんでした。

    著書では28歳以降で出会いそうなお金面の話が進んでいきます。結婚と離婚と子供にかかるお金の概論。家を買うためのお金の話。フリータとそうでない人の所得格差とその生活について。病気になったら?結婚できる?子供は?など。そして最後に、お金の捉え方については投資を行いなさいと書かれていました。

    投資は資本があってこそ。
    まず投資ではなくてまず貯金シロと書かれています。
    とても的を得ている話です。

    この本を読んで、やはり家が欲しいと思いました。
    ローンに関する話題にも触れられており、融資限度額や利率に関する概論も書かれていたので有用な情報として会得できました。第一にまずは所得を上げなくてはなりませんと書かれています。

    年収1200万円を目指してください
    とのことでした。

  • 今の自分の年齢と同じなので
    手に取りました。

    お金の現実、
    今必要な額を全く知らなかった
    学ぼうとしなかった
    逃げていた自分に気づいた一冊

    福祉職が低所得というのが
    具体的な数字でわかりました。

  • 転職しようとしてる弟の為に買ったのだが、自分で読んでみたらリアル過ぎて正直凹まされた本です。最近は35歳からの~とか、なんかいろんな年齢のが出てるみたいだ。。

  • 30歳で貯金150万貯めろ。だそうです。

  • 購入。

    28歳になる前に読んでみた。

    なんだかんだ言っても、やっぱりお金は大切。

    お金がなくても幸せとはよく言うけど、
    その幸せはお金があると得られない幸せ?

    そんなことはないだろう。

    お金があればチャンスは広がる!

    お金がないと拾えないチャンスがある。

    それを気付かされた一冊。

    子どもにはたくさんのチャンスを与えてあげたいし、
    自分自身もいろんな可能性を持っていたい。

    資産運用に興味をもつきっかけになった。

  • このシリーズはいくつか読んだが相変わらずの、毒舌っぷりがおもしろい。

    年収が300万以下の方 … 残念ながら結婚はできません。子供も持てません。 とかストレートな言い方がおもしろい。

    ただ、おもしろいだけじゃなくて、とことんリアルな現実を教えてくれます。
    例えば、マンションか家を買うなら頭金は800万は必須。それが前提でも
    平均的な金額の4000万を20年ローンで払うには月17万は必要。とか。
    結構リアルに考えさせられる本です。

    今、うちの家庭は共稼ぎでおよそ1300万の年収がありますが、年間300万しか貯金ができてません。年間1000万も使ってるってこと?
    月に平均80万以上も使っているという計算に。
    何でだ?本当に不思議でしょうがない。

    お金について真剣に向き合ってみようと思わせてくれる本でした。

全26件中 1 - 25件を表示

【新版】28歳からのリアル[マネー編]を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

【新版】28歳からのリアル[マネー編]を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

【新版】28歳からのリアル[マネー編]を本棚に「積読」で登録しているひと

【新版】28歳からのリアル[マネー編]はこんな本です

【新版】28歳からのリアル[マネー編]の単行本

ツイートする