35歳からのリアル

  • 489人登録
  • 3.12評価
    • (11)
    • (41)
    • (87)
    • (26)
    • (8)
  • 69レビュー
  • WAVE出版 (2009年10月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872904376

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デイル ドーテン
村上 春樹
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

35歳からのリアルの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 仕事・家族・お金からの視点をメインに自分の人生を振り返るいい機会となった。

    特にお金に関しては、自分の人生であといくら必要なのかということがわかれば、逆にそれ以上は自由に使える分として気兼ねなく使えるというもの。

    自らの生活を見直し、生活に見合っていないのであれば、今からの軌道修正でも十分に間に合う。

    まだまだ長い人生、負けてたまるかー!

  • 38にして読みましたが、かなりやってることが多くて良かったです。
    妻と仲良く、ダブルインカムでσ^_^;
    身体も痩せることでかなり身体年齢は若くなったと思います。
    目標を持って生きる。
    続けていきたいと思います。

  • タイトルのとおり。統計資料から平均値を拾って「あなた、平均から外れてるよ、やばいよ」と言っているだけの本。
    手軽に35歳の平均値を知りたいのならまぁ、といった感じだが、分析視点がほとんど男性(私は男性ですが)。
    日本の35歳の半数を無視している気が・・・。

    とはいえ、下限と上限が離れまくっていくのが今の社会なので、平均もあんまりあてにならない気がする。

  • さすがの名作、人生戦略会議! 28歳からのリアルを読んで5年。確かに30代も数年を過ぎれば自他ともに、20代の感覚は遠い日に。まだまだ若い!もちろん、そんな気概は持ち続けたいけど、30代何をなすべきか。客観的にみたらどういう立ち位置か。20代の様にがむしゃらに「夢」を追うのは最早、無責任とすらいえる。現実を踏まえた上での一歩。どう歩むかはもちろん、自分次第!  35になったら読んでみよ。願わくは1年半早く読んだことが活かされていますように。

  • 平均とはなんぞや?と改めて考えさせられた。TV等で報道されるボーナス平均しかり、平均年収しかり。

    特に上記二つの平均値には中央と地方の格差を考慮すべきである。また是正が国策として重要である。地方で頑張る人が損する世の中だから、東京への一極集中が進行している。

    話がそれたが、もう老後を考えなければならない。自分よりまず親のことから。早く考えておいて損はしない。そういう意味で相続税の記述は非常に参考になった。

    投資に対する記述があるが、日本人の金融リテラシーは非常に低い。また投資に対してギャンブル的なダークイメージがつきまとう。老後に向けての資産形成には投資は絶対必要。

    金融、フィナンシャルの勉強を後押しする良いきっかけになった。

  • 読んだあとに凹んだ記憶がある。
    読者を凹ませてどうすんだ、と。

  • ●自分には何ができて、何ができないかを明確にし、何をあきらめ、何を捨てるのか、何を目指し、何を手に入れるのか、そして選んだ結果には責任を持つ。これが30代の生き方
    ●普通の夫や普通の父親的な生き方は、自分で仕事をコントロールできる人、つまり、マネジメントをきわめた人にのみ可能な生き方
    ●結婚に伴う責任とは、自分の親を思いやるように、配偶者の親を思いやるということ
    ●あらゆる経験の快苦の記憶は、ほぼ完全にピーク時と終了時の快苦の度合いで決まる(ピーク・エンドの法則)
    ●ラーメンや日本そばのつゆを全部飲み干すなどというのは問題外
    ●オペラやクラシック、歌舞伎や能、狂言、ミュージカルや落語などの「本物」に触れる。⇒ほかのものでは得られない感動を得、その体験はやがて人間としての幅を広げ、奥行きを深めてくれる
    ●愚人は自覚しているけれど放置する
    ●人は「空腹」には強いが、「食べ過ぎ」には弱い
    ●「人間は、行動した後悔より、行動しなかった後悔のほうが深く残る」トーマス・ギロビッチ

  • 気がつけば何をするでもなく1日を終えてしまった…。
    本当は休日出勤をするつもりだったのに、そんな気力もなかった。
    無駄な1日を過ごしてしまった、そんなむなしさだけが残る…。

    最近タイトルに「35歳」と銘打ってある本をよく見かける。
    アラウンド35としては気になるところで、思わず買ってしまった。

    35歳からは人生でもっとも不安定な時期です。

    そんな言葉でこの本は始まる。
    うん、それはなんか実感を持って同意できる。
    何も考えずに楽しめた20代を過ぎ、
    30歳を超えると、仕事や家族について自分にのしかかるものの重さが変わった、と思う。
    もしかしたら勝手に不安がってるだけなのか?
    いや、やっぱり環境は変わっているだろう…、
    なんかそんな風にごちゃごちゃ考えるというより悩む毎日。

    この本を読んで、何かがふっきれた、ということは残念ながらないのだけど、
    35歳あたりは悩む年頃なのだ、自分だけではないのだ、
    という安心感はあったかもしれない。

    とはいえ、ここに書いてある現実は厳しいもの。
    たとえばこれから先は年収ダウン時代に入っていくということ。
    これまでのように年齢とともに年収が上がっていくかといえば、
    この低成長時代はそんなことはない。
    そういうことを踏まえて意思決定しないと痛い目にあいそうだ。

    面白いなと思ったのは、年をとるほどに幸福度が下がる日本。
    逆にアメリカは38歳を境に幸福度が増していくらしい。
    幸福度、っていうものをどうはかっているのかは不明だが、
    まあ、しかし、なんとなく雰囲気は正しいような気がしてくる。

    じゃあ、どうしたらいいんだ?
    たぶん自分の現状をしっかり見つめなおして、
    長期的な戦略をもちつつ、でも小さな満足感を積み上げていく、
    しかないんじゃないだろうか…。

    活力を失っている場合じゃない、萎えている場合じゃない、
    この本では後半、そんな風なことを述べているが、
    ほんとにそのとおりで、
    不安定だからといって萎えている場合ではないのだ。
    疲れている、と思うから疲れているのであって、
    カラ元気でも「疲れてない」と脳をダマすことが大事なんだろう。

    考え方を変えていくことと同時に、
    行動することが最も大事なことだろう。
    行動すること、そして継続すること、
    それが意識も変えていくことになるのではないか。
    と、結局、いつもどおりの結論に落ち着いてしまった…。

  • 積読解消。買った頃は35歳前後だったはずだが、
    気がつけばもう不惑を越えてしまった。
      
    内容は、実用書や啓発書でよく書いてあることを
    「35歳」という横串を通してまとめたような感じで、
    新鮮味や驚きは特にない。
    が、今後の人生にどれだけお金がかかるか、
    ということを統計を交えて示すのは説得力があった。

  • 昔「28歳からのリアル」を読んで、FPの勉強を始めるきっかけになったことがあるので、本作も興味を持って読んでみた。アラサーとはまた違った人生が展開される年頃で、お金の話は参考になった。
    必要な貯蓄額は一人分か、夫婦でかが不明だったのできちんと記載して欲しかった。

全69件中 1 - 10件を表示

35歳からのリアルを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

35歳からのリアルを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

35歳からのリアルを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする