ジェノサイドの丘〈新装版〉―ルワンダ虐殺の隠された真実

  • 92人登録
  • 3.82評価
    • (1)
    • (7)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
制作 : 柳下毅一郎 
  • WAVE出版 (2011年11月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (496ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872905441

ジェノサイドの丘〈新装版〉―ルワンダ虐殺の隠された真実の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読むのに、一週間くらいかかってしまった。ところどころ理解できないというか、これ誰だっけ?みたいなことが多くあったが、わからないなりに人間は人を殺すことって意外と簡単に出来るのかもしれない。けれども、殺した人の家族の隣に住めるかというと、顔をあわせることが出来るかというと、わたしは出来ないような気がする。要は自分の行いを自分で許せるかということだと思った。

  • こんな事実があったとは・・・。
    しかもつい最近。

  • ジェノサイドがどのようにして起こるのか、またどのくらい悲惨なものなのかが分かる。もう少し翻訳がよければ読みやすいのに。ルワンダのジェノサイドが問題になっているときのUNHCRのヘッドが緒方貞子さんだったことを知り、本当に解決は難しいものなのだと悟った。

  • 読むのが 辛かった。悲惨すぎて
    当時 日本では ほとんど 報道されず 今頃 そんな 残虐なことがあったんだと知って 悲しかった。
    国連って 頼みの綱では ないんだ。

  • 1994年にアフリカはルワンダで発生したジェノサイド。100日間で50~100万人もの人間が殺されるという悲劇に対し、筆者が丹念な取材を元に迫った貴重な記録の新装版です。再読ですが凄まじく重いです。

    僕が本書を初めて読んだのはちょうど大学生のころで、そのときは上下間だったかと思われますが、新装版として一つにまとめたのがこの新装版です。改めて読んでみて、彼の地で発生したジェノサイドの残した爪あとというのは、本当に根深く現在でも残っているのだな、ということを改めて痛感しました。

    何が行われたかというのをさらりと振り返ってみると、1994年4月6日に発生した当時のルワンダ大統領ジュベール・ハビャリマナ暗殺を機にフツ族系の政府とそれを支持するフツ族の過激派たちによって、多数のツチ族とフツ族の穏健派が殺害されるというなんとも陰惨極まりない事件で、収束するまでの約100日間の間に正確な数はいまだに把握できないものの、50~100万人近くの人間が殺されたということで、これはペースでいくとナチスのユダヤ人虐殺よりもずっと早いものなのだそうです。

    具体的に何が行われていたのかということはYoutubeなどでたとえば『ルワンダ 虐殺』もしくは『ルワンダ ジェノサイド』と検索欄に打ち込んで検索をかけると関連映像が相当数出てきます。しかし、あまりのむごたらしさに見る場合には相当の覚悟が必要となることを、ここに明記させていただきます。

    筆者は現地に赴き、『ホテル・ルワンダ』で有名となったポール・ルセサバギナや、後に大統領となったポール・カガメ氏などへの貴重なインタビューを通じて、当時の状況を浮き彫りにしていきます。そこには長年の差別によって鬱積したものがふとしたきっかけで一気に決壊していく様や、当時の国際社会がこの問題に対して以下に無関心を決め込み、それで多くの犠牲者が出てしまったこともここでは言及されております。筆者にとってはこれが初めての著作だそうで、これが世界中に翻訳されているのも納得がいくというものでございました。

    かつて、NHKスペシャルでカガメ大統領体制の下でめざましい経済発展を遂げるルワンダが特集されておりましたが、その一方で虐殺に加わった人間で裁きを受けなかった人間もおり、加害者と被害者が隣同士にいるという想像だにできない負の部分も映し出しており、それに対してどう向き合っていくのかという話を思い出しておりました。
    『かつて起こったことであり、これからも起こりうること』
    という意味で貴重な一冊ではありますが、内容の膨大さとテーマの重さという意味で、これを読むにはある一定の『覚悟』を求められるかもしれません。そんなことを再読して思っております。

  • ある物事、ここでは虐殺について。如何にして進行し、如何にして結果となったのか。非常に淡々と、まるで昔の映像記録を見るように、再生されていく事実。想像を要請する筆者の意図が、読み進むほどに明確になっていきます。色彩の無いこの事実に、想像の色を塗っていくと驚くほど鮮明になる映像。虐殺という、あまりに過酷なテーマを目の当たりにできる瞬間、ゆっくりと捻じれていく現実が恐怖心さえも呼び起こします。
    知らなければならない歴史、人が人によって消えていった歴史。それを知ることが、何かの出発点になるのかもしれません。

  • フツ族によるツチ族虐殺の背景・内容・その後を描いた本。

    「ツチ族たちは破局の何週間も前からフツ族たちが行う軍事訓練を見ていたし、ツチ族を殺す訓練であることを知っていた。」というのが一番の驚きだった。

全9件中 1 - 9件を表示

フィリップ・ゴーレイヴィッチの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シーナ・アイエン...
佐々木 圭一
ジェームス W....
ヴィクトール・E...
トマ・ピケティ
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

ジェノサイドの丘〈新装版〉―ルワンダ虐殺の隠された真実を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ジェノサイドの丘〈新装版〉―ルワンダ虐殺の隠された真実を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ジェノサイドの丘〈新装版〉―ルワンダ虐殺の隠された真実を本棚に「積読」で登録しているひと

ジェノサイドの丘〈新装版〉―ルワンダ虐殺の隠された真実の作品紹介

1994年、アフリカの真ん中で100万人が殺された。だが、世界の人々は少しも気にしなかった。20世紀指折りの恐怖の顛末を告発する!今こそ知るべき、隠された真実。

ジェノサイドの丘〈新装版〉―ルワンダ虐殺の隠された真実はこんな本です

ツイートする