星をさがす

  • 383人登録
  • 3.85評価
    • (25)
    • (28)
    • (33)
    • (1)
    • (1)
  • 32レビュー
著者 : 石井ゆかり
  • WAVE出版 (2012年1月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872905519

星をさがすの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「自分の星」をさがすことへ、とてもわかりやすく導いてくれる。
    『本のプラネタリウム』感がよく出て
    、空を見上げる楽しみが増えた‼
    牡牛座の人が生まれた夜、輝いていたアンタレスからさがしてみよう☆

    そういえば、太陽や木星や金星たちも星だったことを、想い出したり

    2012年5月21日の「金環日食」で「純粋な、本当な新月を見る」こと、月と太陽が出会い、重なり合うタイミングがますます待ち遠しくなってきた♪♪

    自らが自らであろうとする勇気を(^_−)−☆

  • ブクログ本棚で見かけ、読み始めました。
    はじめに・・
    ディズニーの名曲「星に願いを」が、書いてありました。
    ”When you wish upon a star
    Make no difference who you are
    Anything your heart desires
    Will come to you”
    「星に願いをかければ、あなたがだれであろうと、
    心に抱いたのぞみはすべて 叶えられるでしょう」・・

    この本は、「本のプラネタリウム」だそうです。
    今後お誕生日に、生まれた日とほぼ同じになるという星空に、思いをはせることになりそうです!・・また、
    ほぼ19年ごとに、月も「生まれた時の場所」に戻ってきます。
    19歳、38歳、57歳、76歳、95歳のお誕生日には、
    太陽と月の両方が、生まれた時と同じ星座に位置することになるとのこと。
    サイクルとタイミング・・調べる価値ありです。
    自分の星を見上げる~いい言葉でした!

  • 図書館
    占星術的な視点から実際の夜空を見上げてみよう、な本。
    写真も豊富でなかなかいいね

  • カテゴリ未設定持ってる持ってない持ってない実家実家持ってない持ってない[+] 新しいカテゴリを追加


    「自分の星」の意味を知って、それに自分の人生を重ねてみたりすることで、なんだか元気になれる。占いは信じないが、こんな星占いなら素敵だなって思う。昔、実家の庭で満点の星空を眺めて星を観察したときのワクワクした気持ちとかを思い出して、なんだかキュンとした。

  • 枕元に置いて時折読みたくなるような本。

  • プラネタリウムを見るのも星占いを見るのも好きだけど
    星の位置を覚えるまではちょっと…という自分の目からウロコが落ちました。

    誰にでも誕生日には天上に星があって
    まさしく「あの星のもとに生まれた」んだよ、という説明がとても気に入りました。

  • 自分のための「星」を探すためのヒントをもらえる本。

    「人は祈りを必要としている」、に深く共感。

    この本で初めて、自分の「星座」は自分の誕生日の頃には夜空に見えないのだということに気付きました。
    どんだけ鈍いんだ、私。。

  • いつも勇気だったり日々の喜びをいただいている石井ゆかりさん。またも言葉のひとつひとつに感動してしまった。自分の星座以外にも興味がわく。そして空を見上げたくなった。

  • 自分の星座に関係する星を知れます。少しだけ、自分のことが分かる気がして何度も見返してしまう本です。

  • 所持/うっとりするような星の話に石井さんのやさしい言葉選びがぴったりで、ふわふわと不思議な気持ちになります。でもこれは現実で、その途方もない距離から、突き放されているようにも、見守られているようにも、感じました。読みながら、思わず何度星空を眺めたかなあ。

全32件中 1 - 10件を表示

石井ゆかりの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
石井 ゆかり
石井 ゆかり
米澤 穂信
冲方 丁
村上 春樹
梨木 香歩
有効な右矢印 無効な右矢印

星をさがすに関連する談話室の質問

星をさがすを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

星をさがすの作品紹介

「12星座シリーズ」石井ゆかりの最新刊。夜空に輝く、「自分の星」を見つける。星に願いを、かけたいときに。

ツイートする