母になるまでに大切にしたい33のこと

  • 81人登録
  • 3.81評価
    • (8)
    • (7)
    • (9)
    • (2)
    • (0)
  • 14レビュー
  • WAVE出版 (2012年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872905601

母になるまでに大切にしたい33のことの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2017/7/6読了



    基本に、そして原始にかえるべきなのかもしれない。
    自然に、なるように、昔ながらの生活と
    難しいことは考えず
    胎児を愛して、母になることに、喜びを感じるだけ。
    医療やセラピーや、いろんな説を真に受けすぎず、自信をもって母になる。
    それは今の時代にはとても難しいけれど、妊娠する というのは
    体と心がするものであって、頭でするものではない、と。


    大切なことが、たくさん書かれてありました。


    自分が妊娠して、「もし、子供が障害児だったら」とか
    自身が「不妊体質だったら」とか
    どうしよう、と不安に思うことがいっぱいあります。
    それに対する答えがあって
    それは言葉、なのだけど、とても安心できるものでした。
    今読むのと、妊娠してから読むのとはきっと違うのだろうと思います。
    もし自分が妊娠して、不安を感じるようであれば
    再読するのもいいかもしれないと思いました。

  • ◆きっかけ
    病院の待合室に置いてあって。2016/10/21

    ◆感想
    病院の待合室に置いてあり何気なく手に取ってみたら、最初に馴染みのある地名が。薪割りをする産院があると聞いたことがあったけれど、ここなんじゃないか!?と興味を持って、待ち時間に読了。なかなか極端なことが書いてある部分もあり、少し距離を置いて読み進めた。出産や性に対してこんな考え方もあるのかと、興味深く読んだ。賛否両論ありそうな本だなぁ。2016/10/21

  • 母として女としてどう生きるか。
    妊娠、出産は授かりもの。天に任せてなるようになる。その意識忘れないようにしたい。何でもコントロールできると思ったら大間違い。
    あなたが一番と本気で伝えること。これからも続けていきたい。

  • ナチュラル系。
    「女性は子を産むために生まれてきた」なんて文章を読むと反発したくなる人もいるかもしれないけれど、「母なる性は、子を産み、育てることを通してのみ発揮されるものでもなく、女性が本来もっている資源です。たとえ、子の母となる道を歩まなくとも、人々の母なる道を歩み、女の人生をまっとうしていく道もあると思うのです。」というのは、そうだなあと思う。女性性。

  • 妊婦がスクワット300回とは。
    普通にしてても、できません。もっと早く読めばよかったかしらん。
    ごろごろ、ぱくぱく、びくびくしない。
    これは、妊婦でなくても実践したほうがいい。

  • 連続助産院もの、3冊目。
    為にはなったけれど、好きじゃない。
    著者が自分に自信あるのが伝わってきて、意見を押し付けてくる感じ。
    これまで読んだものの方が納得してついて行こうと思える。
    誤字脱字のある本は信用ならない。

  • 自然なお産を追求する吉村先生の本。妊娠したらごろごろししない、パクパクしない、ビクビクしないこの三つが大切。そうすれば、いいお産ができる。妊娠したお母さんたちには使った家事労働以外に、いちにち2から3時間の散歩、いちにち300回のスクワットが徐々にできるように指導していますということが書いてあって、思っているよりも運動してもいいんだということがわかりました。

  • 全身全霊をかけておぼれないとなんも始まらない。

    女は自分の力で生まれかわり、男は女の力を借りて生まれかわる。

  • とりあえず、子育てのところから読んだ。
    今私が知りたい内容ではない、ので、途中で読むのをやめた。
    また妊娠したら読んでみようかな?

  • 「ごろごろ、ぱくぱく、びくびくしない」そうだそうだー

全14件中 1 - 10件を表示

吉村正の作品

母になるまでに大切にしたい33のことを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

母になるまでに大切にしたい33のことを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

母になるまでに大切にしたい33のことを本棚に「積読」で登録しているひと

母になるまでに大切にしたい33のことの作品紹介

お産の神様が教えるぜったい後悔しない妊娠・出産・育児のすべて。これから母になるすべての女性たちに贈る本。

母になるまでに大切にしたい33のことはこんな本です

ツイートする