「伝わる」技術―オトデザイナーが教える!話ベタでもたちまち相手とつながれる!会話のテクニック

  • 17人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 坂本真一
  • WAVE出版 (2012年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872905670

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

「伝わる」技術―オトデザイナーが教える!話ベタでもたちまち相手とつながれる!会話のテクニックの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  会話というものを音というもので解説しているのはあまり聞いたことがない。

     確かに会話だけでなく周囲にはあらゆる音があふれている。まずこの音がすべてない世界を考えるといごごちが悪くなることいだろう。

     ただ、すべてに言えることはこの本のみで話下手など解決できないだろうと思ってしまう自分がいる。

     音を意識することはやろうと思えばできそうだ。
     音を音と感じるだけで何かが変わることもあるかも。

  • 【書誌情報+PR文章】
    坂本真一 著
    2012年5月刊行
    定価 本体 1,400円+税
    四六判 並製 208ページ
    ISBN 9784872905670

     話すことに「受け身」な人が、しゃべりで損している状況から抜け出せるようになる! 聴覚心理の専門家内だけでとどまっていた話が、”誰でも活かせるテクニック”として本にまとまりました!
     20代男女ビジネスパーソンに聞いた職場での人間関係の悩み第1位は「みんながしている会話に入れなかった(26%)」というもの。そんな人におすすめなのが「言葉の立ち上がり」に気をつけて、「オトマトペ」をマスターすること! その他、相手・状況別具体的テクニック満載! 「自分の話が相手にどう聞こえるか」を知れば、少ない言葉で効果的なやりとりができる!
    http://www.wave-publishers.co.jp/np/isbn/9784872905670/



    【目次】
    第1章 誰とでもスムーズに会話をするテクニック 
    聞き方を見直すことで良い会話を実現できる
    「耳」はあなたの最強の武器
    早口の人・はっきりしない話し方の人の場合
    言葉の立ち上がりがわかる!トレーニング法
    「聞く」ことで脳が活発に動く!
    相手が年配の人・若い人の場合
    人の話がよく聞こえない…と感じたら
    相手が異性(男性・女性)の場合
    聴覚の能力に男女差はない?

    collumn 1 音と周波数の話 
    collumn 2 耳のメカニズム 

    第2章 どんな場所でも会話がうまくいくテクニック 
    混み合った喫茶店でのテクニック
    音は耳だけではなく目でも聞く
    居酒屋でのテクニック
    騒がしい場所で会話が成り立つわけ
    電話でのテクニック
    電話だと誰の声か聞き分けにくいわけ
    シーンとした場でのテクニック
    シーンとしてしまう場には”川のせせらぎの音”がおススメ

    第3章 会話を円滑にして人との絆を強める! 
    絆を強めるにはまず「聞く」が大事!
    良いチームワークを構成するためのテクニック
    自分の意見の方向にまとめるテクニック
    その場の空気を読むテクニック
    感情的にならないためのテクニック
    どんな音がする?(部屋の中の騒音を知っておこう)
    家具の配置と壁や床の材質は?(残響を意識しよう)

    collumn 3 ソラミミで聞き取りトレーニング

    第4章 実践!どんな場合でもうまくいく会話のコツ 
    その1いつでもどこでも会話に困らない
    その2初対面・苦手な人とも会話できる
    その3プレゼン・商談がうまくいく
    その4多くを語らなくても信頼される
    その5相手から「また会いたい」と思われる
    会話で困ったら…お役立ちQ&A

    おわりに
    参考文献

  • 話の相手に興味を持つ
    オノマトペをうまく使う

    でも聞き上手の人と話してた場合の会話に悩むんだけど…

  • チェック項目7箇所。音の記憶というのは、かなり長期間にわたって残るのです、亡くなった方の顔はなかなか思い出せないけど、声や言葉は時間が経ってもハッキリと思いだせるという人は、とても多いですね。うるさい場所で、早口で話しても意思の疎通が取れるのは、20代、30代までだけだと肝に銘じてください。男性の話はじっくりと聞く、女性の話にはアイの手を入れる。しゃべっている相手の口元に視線を持っていってください、目を見るよりは気が楽なはずです。オノマトペは、人々の感性や感情にダイレクトにアプローチできる、日本語に特有の表現手段であり、大きな「武器」なのです。空気を聞こう、「咳払いや」や「溜め息」、椅子が動く音、座布団と洋服がすれる音、足を組み直すときのズボンやスカートの衣擦れの音、「え?」とか「なんで?」という呟き、これらを聞き逃さないように。別れ際の一言は強く記憶に残るものです。言われて嬉しい言葉・・・ありがとう、一緒にいると癒やされる(安心する、楽だ)。

  • 課題図書。読み始めてから聞き取りの本だと知り、穏やかならぬ気持ちで読み進めた。タイトルは「『伝わる』技術」だけど、聞き取りの大切さを説き、コミュニケーションのコツを伝えている本。

全5件中 1 - 5件を表示

「伝わる」技術―オトデザイナーが教える!話ベタでもたちまち相手とつながれる!会話のテクニックを本棚に登録しているひと

「伝わる」技術―オトデザイナーが教える!話ベタでもたちまち相手とつながれる!会話のテクニックを本棚に「読みたい」で登録しているひと

「伝わる」技術―オトデザイナーが教える!話ベタでもたちまち相手とつながれる!会話のテクニックを本棚に「積読」で登録しているひと

「伝わる」技術―オトデザイナーが教える!話ベタでもたちまち相手とつながれる!会話のテクニックはこんな本です

ツイートする