かんたんお菓子~なつかしくてあたらしい、白崎茶会のオーガニックレシピ~

  • 207人登録
  • 4.38評価
    • (20)
    • (12)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 18レビュー
著者 : 白崎裕子
  • WAVE出版 (2012年9月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (119ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872905816

かんたんお菓子~なつかしくてあたらしい、白崎茶会のオーガニックレシピ~の感想・レビュー・書評

  • いつもはなかしましほさんのレシピで作っていますが
    こちらはまた別の魅力があります。

    マフィンに関して言えば、
    なかしまさんのレシピは粉感が強くしっかりもちもちですが、
    白崎さんのレシピはふわふわしていて本物の(乳製品、たまごを使った)お菓子みたいです。

    内容も見やすい。
    流れを説明するところは大きく掲載されていて、
    「この行程をもうちょっと詳しく見たいな」という部分は下段にある小さな写真でカバーするという構成。

    別の味へのアレンジなどもメモのように載っていて
    ヒントになります。

    文字のみですが、地粉への変換レシピも載っているので
    地粉でも作ってみようと思いました。

    簡単に作れる焼菓子から手のかかるタルト、つけあわせのクリーム類なども数種類あり、かなり網羅していると思います。

  • お待ちかね!私が密かに師匠と呼びたい白崎裕子さんのお菓子の本です。
    まず、表紙にビニールがかけてあります。
    そう、スイーツの本ってすぐ油染みが付いちゃうんですよね。
    そこんとこ、さすが分かってるな、と思いました。

    そしてその中身がすごい!
    クッキー13種、ケーキ13種のレシピだけでも素晴らしいのですが、さらにタルトのレシピが7種!タルトは台の作り方から数種のクリームの作り方まで載ってるのでこれまたもりだくさん!それから最後に7種のスコーンレシピ、おまけで酒粕トリュフの作り方が載っています。

    作り方もレシピ本として重要ですが、私が師匠と呼びたくなるのはそのあくなき研究心なのです。レシピとレシピの間には数々のコツが説明してあります。例えばマクロ仕様のクッキーには油と水分を「乳化」させないとおいしくなりませんが、その乳化のコツも1ページ使って説明があります。各レシピにはQ&A形式でそのレシピのコツが載っています。

    こんな風に初心者にやさしく、かつ、お菓子作りの好きな人をうならせるようなコツが本当に満載ですねぇ。思わず一気に全部読んでしまいました。

    一番感動したのは、マドレーヌの作り方!
    そうか、そうすればあのもっちり、もしくはカリカリ地獄から解放されておいしいマクロマドレーヌができるのか~。気になる人は本を買って見てください。

    白崎さんの本は文章の中にちろりとのぞく辛口な感じが好きです。
    うどんを作るDVDですっかりファンになりました。
    一度白崎茶会へ行ってみたいものです。

  • お菓子本
    購入候補

  • 基本のきなこクッキーを作ってみた。ホントにサクサクで美味しい!しかもわかりやすくては疑問点にも丁寧に説明が添えてある。

    著者の本は初めてだったけど、他の本もほしくなってしまった。期待を裏切らない評判通りの良本です。

  • 基本のクッキー、きなことメープルシロップを使ったクッキーを作った。おいしい! 食感がさくさく、なのもうれしい。

    なかしましほさんのレシピは、粉と液体と混ぜるところが結構難しいというか、「ぐるぐるっと1分くらいで」みたいに書かれていてもその通りにできなかったりするけど(生地がまとまらない)、こちらはうまくいった。やりやすい。
    メープルシロップと菜種油を先にトロッとするまで混ぜる(乳化させる)ってのが、いい。
    この方法で、なかしましほさんレシピも作ってみたらいいんじゃないか?と思ったら、同じこと考えている方がいらっしゃいました。
    http://taiyou820.exblog.jp/19707471/

    やっぱりこの方が作りやすそう!!

  • 粉、豆乳、植物油、甘味料。お菓子のおもな材料は、これだけ。
    バターも卵もつかわない。
    ぐるぐる混ぜて焼くだけ。
    なつかしくて、やさしいお菓子のレシピ。

    まずは、基本のクッキー。
    『きなこクッキー』作ってみました。

    可愛くてあまーいスイーツも大好きだけど、
    シンプルで自然なあまさの『きなこクッキー』
    疲れた身体や心にやさしいおいしさ、ほぉーとしました。

  • どのレシピも簡単ですごく美味しい!!マフィンはもう何度も作ってます(^-^)

  • 「白崎裕子」だから買った。
    筆者で買うのはめったにない貴重なひとり。

    後ろに豆乳ヨーグルトと豆乳クロテッドクリームの作り方が載っている。バターを使わないでここまでできるんだね。

    私はベーキングパウダーを使いたくないので
    ちょっとだめかな。

  • 素敵な一冊だった。
    シンプルだったし、人気が出るのもうなずける。


    ただ、作らなかったので、星三つ。

  • 乳化についての説明が参考になった。

  • ページをぱらぱらめくるだけで興奮がやまない。図書館で借りた本だけど絶対買おうと思える私のメルヘン。

  • ビスケットだけ試作。今の私には甘過ぎたーーータルトも美味しそうだけど、自分で作る気がしない。誰かに作ってもらいたい

  • まずはきなこクッキー、バナナマフィンに挑戦。オーガニック素材を使ったナチュラル系レシピはたくさんあるけれど、仕上がりのビジュアルも味もこれはちょっと他とは違う。なかしましほさんのレシピとともに、新たなおやつの定番にしたくなる手軽さと美味しさ。もっと早くに手に入れてれば良かったって思う本でした。

  • いつも何気なく作って食しているお菓子も
    考えてみると、
    卵や乳製品を普通に使っていますが、
    それがなくても美味しいものが作れないかと
    つねづね思っていたものの集大成!

    美味しくできれば、
    一番happyになれそう…

  • 本を開いた瞬間、他のヘルシー系スウィーツ本とは一線を画していると感じた。実際その通りであった。
    油を乳化してバター代わりにするという発想が、すばらしすぎる。これはお菓子作りの革命だ。

  • 娘用。誰かさんのために作るそうです。

全18件中 1 - 18件を表示

かんたんお菓子~なつかしくてあたらしい、白崎茶会のオーガニックレシピ~を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

かんたんお菓子~なつかしくてあたらしい、白崎茶会のオーガニックレシピ~を本棚に「積読」で登録しているひと

かんたんお菓子~なつかしくてあたらしい、白崎茶会のオーガニックレシピ~の作品紹介

情熱の料理発明家・白崎裕子のまったくあたらしい、スイーツレシピ!安全で、だれでもおいしく作れることを追求したレシピは、究極のシンプル。バターも卵も乳も砂糖もいっさい使わず、少しの工程で、ラクに作れます。

かんたんお菓子~なつかしくてあたらしい、白崎茶会のオーガニックレシピ~はこんな本です

ツイートする