伝え方の教科書

  • 287人登録
  • 3.54評価
    • (9)
    • (20)
    • (20)
    • (6)
    • (1)
  • 21レビュー
著者 : 木暮太一
  • WAVE出版 (2013年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872906035

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ジャレド・ダイア...
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

伝え方の教科書の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ●テンプレップの法則
    1 Theme 話のテーマ
    2 Number 言いたいことの数
    3 Point 結論、要点
    4 Reason 理由
    5 Example 具体的な話
    6 Point 結論、まとめ

    ●相手の記憶に残す方法
    1 相手が記憶できる情報量に調整する
    2 重要ポイントは繰り返し説明する
    3 間違えやすいポイントは繰り返し説明する
    4 暗記ポイントを明示する
    5 箇条書きで重要ポイントを示す

  • 伝え方の教科書
    2013/6/25 著:木暮太一

    「伝える」ことが、あらゆる仕事の基礎にある。
    わかってくれない相手を責めても仕方がない。「伝わらない」のは相手のせいではなく、「伝わる」ように話していない自分のせいだ。自分の「伝え方」を工夫すればいい。

    「やり方」さえ身に付ければ、誰でも「わかりやすく伝える」ことができるようになる。本書で扱う「伝え方」は、「話術」や「文章テクニック」ではなく、もっと深く、もっと汎用的で重要な「伝え方の鉄則」というべき内容である。構成は以下の10章から成る。
    ①誰からも「わかりやすい」と言われる伝え方
    ②「誰に」「何を」伝えるのか
    ③スパッと伝わる日本語の使い方
    ④こんな言葉は伝わらない
    ⑤最強の伝え方「テンプレップの法則」
    ⑥「なるほど」と言われる伝え方
    ⑦相手の記憶に残す伝え方
    ⑧脳の仕組みがわかれば「伝え方」がわかる
    ⑨「わかりやすい伝え方」のトレーニング
    ⑩伝え方の「奥義」

    4つのステップ
    ①誰に何を伝えるのかを明確にする
    ②相手に伝わる日本語を使う
    ③話を正しい順序に組み立てる
    ④相手に伝わる言葉に言い換える
    全てはこのステップに集約されている。

    良書である。心の中で感嘆の声をあげながら頁をめくっていった。書名である「伝え方の教科書」。まさしくその通りである。書いてあることは難しいことは突拍子のないようなことは一切ない。しかし、絶妙に体系的にまとめられた伝え方はその一貫性から説得性が高く、伝え方がしっかりと読書に伝わることは間違いない。

    相手に合わせた伝え方。
    相手に伝わってそして、行動してもらうことが目的。
    伝達ではなく、相手の心に染み入るような伝え方を本書によみ身に付け実践していきたい。

    オススメです。

  • 相手に伝える前に、自分が何を言いたいか明確にする。
    相手のイメージと連想を先読みする
    相手にはなりきれないという謙虚な気持ちを忘れない

    広く、早くなど副詞は数字に置き換える
    熟語は漢字+ひらがなに置き換える
    実はなにも表していない言葉を使わない (具体的な)内容が伝わるようにする。

    テンプレップの法則
    Theme話のテーマ/Number言いたいことの数/Point結論、要点/Reason理由/Example具体的な話/Point結論、まとめ


    誰に・何を(結論)・その理由

  • 「伝え方の鉄則」とは、
    ①「誰に」「何を」伝えるのかを明確にする
     「何を」とは、結論のことであり、結論を明確にし、理由とワンセットにする。また、「誰に」伝えるかで結論は変わる
    ②相手に伝わる日本語を使う。
     (1)主語と述語を明確にする。(2)とにかく1文を短くする。書くように話し、結論と関係ない言葉はすべてカットする
    (3)専門用語、業界用語は使わない。(4)実は何も表していない言葉を使わない
    ③正しい順序で話を組み立てる
     (1)話のテーマ、(2)言いたいことの数、(3)結論・要点、(4)理由、(5)具体的な話、(6)結論・まとめ
    ④相手に伝わる言葉に言い換える
     相手に合わせた言葉を選び、相手に合わせた表現をする

  • 一文は短く。不要な修飾は省く。副詞は数字に置き換える。相手が抱くであろう心象とスキームに先回りすることができるように。

  • P109 最強の伝え方「テンプレップ(TheNPREP)の法則」
    1.Theme 話のテーマ
    2.Number 数
    3.Point 結論・要点
    4.Reason 理由
    5.Example 具体例
    6.Point 結論・まとめ

    P112 必ず「概要→詳細」の順番で伝える

    P114 まず話の「全体像」を伝えることによって、聞く人に“頭の準備”をしてもらわなければならない

    P130 「なぜそう言えるか?」という理由(Reason)
    「なぜそう言えるか?」を補足する具体的な例(Example)

    P147 「相手の記憶に残す」ために、私がいつも意識しているのは、次の5つのポイントです。
    ①相手が記憶できる情報量に調整する
    ②「重要ポイント」は繰り返し説明する
    ③「間違えやすいポイント」は繰り返し説明する
    ④「暗記ポイント」を明示する
    ⑤箇条書きで「重要ポイント」を示す

    P237 どうすれば「相手にピッタリの表現と行間を選ぶ」ことができるようになるのでしょうか?答えはひとつです。相手に興味をもち、相手を知り、相手になりきるー。これが唯一の方法なのです。

    P242 「伝えた相手がどう思うか?」を考えなければ、伝えたい内容が伝わらなかったのです。

  • すごくわかりやすかった。何度か読んで自分の中にしっくりこさせたいなと思った。

  • ポイントが明確になっていてわかりやすく勉強になった。

  • チェック項目10箇所。「伝え方」に、頭の良し悪しは関係ありません、センスの有無も関係ありません、ただ、「やり方」を覚えればいいのです、そして、日常生活のなかで練習をすれば必ず身につけることができます、そのとき、あなたの人生も変わり始めるはずです。「わかりやすく伝える」ための4つのステップ:①「誰に」「何を」伝えるのかを明確にする②相手に伝わる日本語を使う③話を正しい順序に組み立てる④相手に伝わる言葉に言い換える。「できるだけ、ひとつの文章で『主語』と『述語』はひとつにする」。「一文を短くする」ということは、伝えるときの鉄則です。とにかく一文を短くする――、そのために、もうひとつ大切なことがあります、それは、「余計な言葉を入れない」ということです、メッセージを伝えるのに必要でない言葉・文章は全て省くべきなのです。言葉の選び方の大原則は次の2つです、①「専門用語」「業界用語」を使わない②「実は何も表していない言葉」を使わない。「熟語」は「漢字+ひらがな」に置き換える。「カタカナ語」は日本語に置き換える。まずは大雑把に全体を把握したいのに、”例外中の例外”事例まで載っているがために、何が本筋かもよくわかりません。「伝え方」が本領を発揮するのは、馴染みがない相手に、馴染みがないテーマを話すときです。

  • 伝え方のスキルと考え方のスキルは別ものということが分かってスッキリしました。

全21件中 1 - 10件を表示

伝え方の教科書を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

伝え方の教科書を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

伝え方の教科書を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする