ココナッツオイルのかんたんレシピ~いつものごはんからおやつまで~

  • 76人登録
  • 4.00評価
    • (4)
    • (5)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 白崎裕子
  • WAVE出版 (2014年9月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872907001

ココナッツオイルのかんたんレシピ~いつものごはんからおやつまで~の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • カレールー、簡単で美味しいです!米粉を使うので、もたれる感じが無く、食後も含めて「美味しい」としみじみ思います。

  • 入門本に最適。

    「ココナッツオイルに興味はあるけど…」という人は、これを読めば何か作ってみたいと思うだろう。

    なぜなら、とても簡単な物ばかりだから。

    そして、料理だけで無く、調味料(バターやマヨネーズなど)におやつまで網羅している。

    内容も、材料は少なく、作り方も簡単なので、料理が苦手な人も理解しやすいと思う。

    これで基本的な使い方を学んで、色々な料理へ応用することをすれば、ココナッツオイルも調味料の一員として活躍させることが出来るだろう。

  • ココナッツオイル
    買ったはいいが
    あまり活用できていなくて。
    この本、美味しそう

  • ココナッツオイルでバターを作ったり、お勧めオイルがのっているので、手軽に使いたくなりました!

  • 我が敬愛の白崎女史のご本。
    今流行りのココナッツオイルのレシピ本。

    流行ってるのは結構。
    世の中にも本がいっぱい出てる。
    でも本当にいいのか分からなくて買わなかった。

    でも買わなくてよかった!
    白崎女史が出してくれるなら、それひとつで十分だ〜。
    珍しく魚介が使ってあるけど、魚介は自分もOKだし、何より他のどのレシピ本よりシンプルだ。

    まず最初は煮る、蒸す、焼く、揚げる。
    ココナッツオイル煮とオイル蒸しは新鮮だ。
    今までの調理法だがやってみればどんな違いがあるんだろう?

    次は魔法のストックを作る。
    カレールウにマヨネーズ、なんと発酵バターまで作ってしまうのだ。
    この発酵バターでバターのレシピのチョコチップクッキー焼いたら、どうなるんだろう?
    マヨネーズは絹ごしどうふ使用だけど、ココナッツオイルで作ったことはもちろんない。

    そして朝食とスープ。
    スムージーやグラノーラ、ポタージュなど。
    よくあるメニューだけど、ココナッツオイルを摂ることができちゃうのだ。

    最後はおやつ。
    こないだ出た「かんたんデザート」に載ってた生チョコがメイン。
    アイスにあの感動もののパリパリチョコ!
    今年の夏が冷夏だったのが極めて残念だったほど、美味しい。

    『ココナッツオイル健康法』の訳者でコラムを寄稿している三木さんによると、毎日大さじ3ほどのココナッツオイルを摂っていると、体重が落ち、太りにくくなっている気がする、と書いてらっしゃいます。これは是非とも実行せねばならないか?!

    おいしくシンプルにココナッツオイルを使っていきたい方には「超」オススメの本だ。これまでの女史の本当同じく、購入をお勧めしたい。

  • 今、とっても気になるのが、ココナツオイルです。。。

    WAVE出版のPR
    http://www.wave-publishers.co.jp/np/isbn/9784872907001/
    調理係日報
    http://shirasakichakai.cocolog-nifty.com/

全6件中 1 - 6件を表示

白崎裕子の作品

ココナッツオイルのかんたんレシピ~いつものごはんからおやつまで~を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ココナッツオイルのかんたんレシピ~いつものごはんからおやつまで~を本棚に「積読」で登録しているひと

ココナッツオイルのかんたんレシピ~いつものごはんからおやつまで~の作品紹介

料理への使い方がわからない人、ココナッツの香りが苦手な人、誰もがよろこぶひみつのレシピを初紹介。
ココナッツオイルでしか作れない、最高においしい、日々のかんたんごはんから、朝ごはんメニューやスープ、アイスやチョコのかんたんおやつまで。毎日作りたくなるレシピが詰まった、ココナッツオイル料理の決定版!
365日大活躍の、魔法のバターやマヨネーズ、カレールウなど驚きのレシピも必見です。

ココナッツオイルのかんたんレシピ~いつものごはんからおやつまで~はこんな本です

ツイートする