人生とは、人の役に立つこと〜働くしあわせ~ (13歳からの生き方教室1)

  • 23人登録
  • 3.56評価
    • (1)
    • (3)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 大山泰弘
  • WAVE出版 (2015年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872909630

人生とは、人の役に立つこと〜働くしあわせ~ (13歳からの生き方教室1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • すらすら読めるかな。

  • 「働く幸せ」の児童書

    大川さんの新しい著書かと図書館で借りたので
    あぁ(´ㅂ`;) だったのですが
    改めて読んでみて、やっぱり良かったです

  • 子ども向けの本なので読みやすいし、何といってもこのひとの取り組みがいい。人間、どこまでいっても働くということの前に、生きるということがある。ひとといっしょに生きるということが。そんなことを教えてくれる本。

全3件中 1 - 3件を表示

大山泰弘の作品

人生とは、人の役に立つこと〜働くしあわせ~ (13歳からの生き方教室1)の作品紹介

チョークを作っている日本理化学工業株式会社で働いている人の7割は、知的障がい者。彼らの働く姿を見て、工場の大山会長は「働くこと」の本当の意味=「人間の究極の幸せは、人に愛され、人にほめられ、人の役に立ち、人から必要とされる」4つであるということに気づきます。本書は、そんな「働くことの本当の意味」を、知的障がい者の働く姿を見て学ぶ一冊です。

◎シリーズ「13歳からの生き方教室」とは?
中学生が「生きることの本当の意味」を学び、考えるためのシリーズ。13歳から、希望と未来ある将来のことを考え、主体的に動 き、行動出来る心を育むためのシリーズです。
●刊行ラインナップ予定●
「働く君に贈る25の言葉(仮)」(佐々木常夫・著)
「強く生きたいと願う君へ(仮)」(坂本光司・著)以下続刊

人生とは、人の役に立つこと〜働くしあわせ~ (13歳からの生き方教室1)はこんな本です

ツイートする