子犬工場 いのちが商品にされる場所

  • 27人登録
  • 4.60評価
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 大岳美帆
  • WAVE出版 (2015年11月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872909654

子犬工場 いのちが商品にされる場所の感想・レビュー・書評

  • ホームセンターに消費財と同じように並ぶペットショップコーナーを良く目にする。そこに居る小さくか弱い犬や猫たちがどんな状況から生まれてきたのか、衝撃の現状を丹念な取材と自身の体験を通じレポートされている。動物の命がビジネスになってしまったことは、買い手の責任であり、可愛いが理由で気軽に欲しがるものではないことを、子供たちに伝えねばらないと強く思った。

  • ペットショップで売られているかわいい子犬はいったいどこからやってきたのか。心痛む現状にかわいい子犬は人間のエゴなんだなと思い知らされる。小学校高学年向け。

  • 【かわいい!の裏側に隠れた事実】

    私は子どもの頃からペットのいる生活に憧れて大人になりました。
    働きだし、自分でペットを家に迎えることができるようになった今、この本を見て『子犬を生む』という仕事を課せられている犬がいることを知り、私が買う(飼う)のは可愛いペットではなく、大切な一つの命であるということに改めて気づかされました。(様似)

  • ペットショップにいる子犬たちが、どんなルートで売られて来たかなんて考えたことがなかった。

    命を考える一冊。

  • 読む前から気になって仕方ない一冊

全5件中 1 - 5件を表示

子犬工場 いのちが商品にされる場所はこんな本です

ツイートする