諏訪明神―カミ信仰の原像

  • 12人登録
  • 4.67評価
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • 岩田書院 (2010年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872946086

諏訪明神―カミ信仰の原像の感想・レビュー・書評

  • 遠足の事前学習①。フォッサマグナ上のくぼみ。さながら本州のオヘソかな?パワースポット諏訪



     日本のオヘソは兵庫県西脇市らしい。ちなみに本州の中心は栃木県佐野市。日本の中心は群馬県渋川市です。

     オヘソじゃあないけれど、フォッサマグナ上というのは惹かれるな。なにか出ているとしか思えない。

    ____
    p11 フォッサマグナ
     糸魚川ー静岡構造線上にある。また、中央構造線という九州から関東まで伸びる断層との合流点上に諏訪は位置する。この段増のずれでできたのが諏訪湖である。
     中央構造線の付近には鹿島神宮(茨城)、豊川神社(愛知)、伊勢神宮(三重)、高野山(和歌山)、天河神社(奈良)、日前宮(和歌山)、石鑓山(四国)、阿蘇山(熊本)といった聖地が点在する。

    p13 塩の道
     諏訪は東山道(中山道)、千国街道、三州街道、などの諸交通路の結び目になっていた。

    p20 諏訪円忠
     1356年の諏訪円忠の『諏訪大明神画詞』が一般的に知られる諏訪の創始物語である。

    p25  狩猟の神、戦の神
     鎌倉時代に幕府の支援のもと栄えた。戦国末期からは諏訪大社の御師が肉食を赦免する「鹿食免」の護符や箸などをもって信仰を広めた。

    p35 御柱祭の枝打ちの枝
     御柱祭で使われる巨木の枝を落とす。その枝を拾って家に安置すると6年間(次の祭りまで)家内安全だという。

    p47 1980年から御柱祭は有名になった
     NHKの新日本紀行という番組で取り上げられてからTVでたびたび取り上げられるようになった。また、長野オリンピックの宣伝の時にも取り上げられたらしい。

     余所者が集まって盛り上がるのは良いが、もしその祭りで縁起をもらっていこうとするなら、その土地の運気を奪っていくことになるんだから、考えるべきだよね。

    p48 司馬先生
     司馬遼太郎曰く「日本では神々は若さを喜ぶ」という。御柱祭の危険な荒行事もそういう若いパワーで神に呼応しようとしているのだろう。

    p57 遷宮の木材
     諏訪大社の遷宮はその年に切り出した木材は使わない。6年前の遷宮の時に切り出した木材を使って社をたて、次の遷宮用の木材をその時に伐採しておく。変わった遷宮。

    p60  祭りの民衆化
     原初、御柱祭は神官によって行われる閉じた宗教行事であった。しかし、室町時代か惣のように村社会の力が強くなっていった。これにより、地元社会の経営に農民たちが加わるようになり、祭りへの参加意欲も高まっていった。御柱祭はその中でも最も大衆化・発展したものである。

    p63 女体と棒
     諏訪は縄文遺跡が多く出土品も多い。とくに土偶(女性像)と石棒である。これは女性器と男性器の象徴である。この石棒は「ミシャグシ」と呼ばれ、道の小さな祠や庭に祀られたりした。

    p70 下社は金刺氏
     欽明天皇以来諏訪の地に部民制の役職の一つとして金刺部の役割で土着した。ここで実質的な政権を打ち立て、下社の祭祀権をもった。

    p84  坂上田村麻呂
     坂上田村麻呂が諏訪大社に祈念して東征に出陣したところ、諏訪で軍隊に加えた男が活躍して安倍氏を落とせたという文献がある。
     軍神として何らかの関係があったのであろう。信濃の地は牧場として有名で軍用馬の産地、また弓の名手の産地として朝廷とつながったのであろう。

    p90 祝(ほうり)
     神職の名前の一つ。諏訪では神氏が「大祝」と名乗って神職の筆頭家系と扱っている。

    p94  二重王権
     上社には「神長」守矢氏という家系があり、上社の祭祀のトップに立つ。ここでは諏訪明神勢力=大祝家:神氏で土着勢力=神長:守矢氏として、征服者である神氏が政治の実権を握る代わりに、土着の守矢氏が宗教祭... 続きを読む

  • 諏訪の宗教についていろいろ読んでいる昨今。
    著者はネパール文化に詳しい寺田鎮子女史。
    諏訪の郷土史家とは違った視点から非常に冷静に、
    それでいてツボを押さえた書き方がされていて
    入門者に親切だと思います。

全2件中 1 - 2件を表示

諏訪明神―カミ信仰の原像を本棚に登録しているひと

諏訪明神―カミ信仰の原像を本棚に「読みたい」で登録しているひと

諏訪明神―カミ信仰の原像を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

諏訪明神―カミ信仰の原像を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

諏訪明神―カミ信仰の原像はこんな本です

ツイートする