不思議の国のアリス

  • 206人登録
  • 3.70評価
    • (30)
    • (22)
    • (61)
    • (2)
    • (0)
  • 22レビュー
  • エスクアイア マガジン ジャパン (2006年11月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (100ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872951059

不思議の国のアリスの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アリスの世界観を表現できるのはシュヴァンクマイエルのみだと信じて疑わない私ですよ。
    ノーファンタジー!
    ノーキュート!
    ノーラブリー!
    ノールーム!ノールーム!!
    あるのは不気味さのみです。

  • ティム・バートン監督「アリス・イン・ワンダーランド」が人気の昨今だが……。

    とりあえずこの世界では机の引き出しの取っ手は役に立たない。

    「アリス」ははっきりいえば子供向けの本。
    どんな物語からでも論理や理屈や教訓や象徴を読み取ってしまう大人よりも、
    登場人物そのもの、現象そのもの、動きそのもの、を無意味に即物的に楽しめる子供でなければ、
    あのノンセンスなお話は味わえないのだろう。
    その意味で「アリス」は本当の意味での「童話」に組み入れられるものである。

    (※倉橋由美子「大人のための残酷童話」島田雅彦の解説)

    シュヴァンクマイエルの「アリス」は、大人でも楽しめる童話の映像、という奇怪なしろもの。
    もちろん子供でも楽しめるだろう、というより忘れられなくなるだろう。

    細部のこだわりがすばらしい。
    ・アリスの服が小汚い。
    ・BGMを排してSEを際立たせる。ドアの音、時計の表面を撫でる音、漫画チックな音。
    ・小汚いが可愛らしい家具たち。
    ・アンティークドールの不気味な顔。
    ・そしてトランプ兵の現実性!

    こんなにおもしろい映画を今まで見ていなかったなんて!

  • 2012/2/22購入

  • 内容は
    お馴染みの不思議の国のアリスなので
    内容は御存知の通り。
    本を読んでもらっていたら、ふかーい穴に落ちて
    drink me! eat me!で大きくなったり小さくなったり
    変な生き物たちとアリスが出会うっつーアレです。

    挿絵は、テニエルの方がいいと思った。

  • 怖いけど目が離せない。毒々しい魅力を持つ本。

  • このひとの脳内世界の中に入ってみたいなあと思う。

  • シュヴァンクマイエルによる奇妙な挿絵が楽しめるアリスです。

    かわいい本ばかりではつまらないので、入れてみました。

  • ヤンのアリスです。
    可愛いだけじゃないんです。

  • ディズニーが描くアリスとは違う。
    こんなにグロテスクなアリス、良いよね。

  • チェコのアーティストJan Svankmajerによる、
    アリス史上最もグロテスクなワンダーランド。

    ディズニーのような、
    どこをどう見ても可愛らしくて
    何をどうやってもハッピーに終わるタイプは
    あんまり好きではない。

    痛みと吐き気と多少の嫌悪感、
    けどそれらは決して目を背けたいものではなく
    時には砂糖菓子より甘美だったりもする。

全22件中 1 - 10件を表示

不思議の国のアリスを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

不思議の国のアリスを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

不思議の国のアリスを本棚に「積読」で登録しているひと

不思議の国のアリスの大型本

ツイートする