片づけたがり (ORANGEPAGE BOOKS)

  • 171人登録
  • 3.32評価
    • (5)
    • (15)
    • (31)
    • (5)
    • (1)
  • 23レビュー
著者 : 山本ふみこ
  • オレンジページ (2010年2月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873036847

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
瀬尾 まいこ
湊 かなえ
有川 浩
夏川 草介
小池 龍之介
有川 浩
三浦 しをん
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印

片づけたがり (ORANGEPAGE BOOKS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 暮らしの中のエッセイ

    読んでると、いい具合に力が抜けて 風通しが良くなりそう。

    私もてるてる坊主にお願いしよう
    心が 晴れますように

  • 片づけの本かと思ったら
    結構エッセイでした。
    興味深い・・・・・・うなづくこと多し。

  • 山本さんの本の中でも特に好き。巷は断捨離ブームだけど、てっとり早く捨ててスッキリする人は、「とりあえず買って安心」もするように思う。シンプルに暮らすというのは、捨てることじゃなくて、そもそも不要なものを持たないことだと思うから。新たなものを極力増やさずに、身の回りのモノを長期的に減らしていけたらいいなぁって思う。そして、熟考して手に入れた物は簡単には捨てず、大事に長く使いたい。 

  • 生き方も言葉の選び方も素敵

  • なんだか本当に淡々とした幸せをヒシヒシと感じる一冊。

    片付けとかそういうのもあるけど、

    まぁ、まぁ、肩肘張らずにやってこぅや。

    みたいな一冊でした。なんかこんなお母さんだったら本当に子供はのんびりにゆったり大きくなるだろうなぁ。と、思いました(*^^*)

    おっとっと。

    と、いう言葉1つになんだか含み笑いをしてしまうようなそんな生き方、なんだかゆるくていぃなぁ。と思いました。

  • 軽い片づけの本でも...と借りたら、エッセイ本だった。

    片づけについてはそこそこ。
    「整理のコツは持たないこと」
    ...今どきとしてはもう当たり前になっている感じがポイントで。
    インパクトはほぼない。

    ただ、言葉回しに詩を感じる。いい感じ。

    少しゆっくりを感じたい、今の梅雨の季節にフィットした感じの本。

    丁寧に生活してる雰囲気がすごくいいと読み進めていると。


    後半になり飽きとずれを感じ始めた(^_^;)

    日本は行事が多いというが...
    行事(ひなまつりとか、節分とか、七草粥とか、梅仕事とか、衣替えとか)があるから忙しい

    という感覚は不思議で。
    自然に1つ1つの行事をていねいにやる生活が身についてるのはいいけど。
    行事は娯楽。我が家では梅仕事も隙間時間をねらったお楽しみだけど。
    MUSTではない。
    でもこの作者からはMISSIONのにおいがする。

    別の人のコメントに
    「はねつきしてしまう感じ」
    と書いている人がいたけど、そうそう。
    「よき少し前の時代の良妻」
    のイメージというかプッシュがすごい。

    読み始めてとっさに巻末を開いて、「この作者何歳?この本書かれたのいつ?」と確認してしまったのは、そういう印象のせいだろう。


    きっと私とはすごく時間の使い方が違うんだろうな...と最後は遠い目で読了...

  • エッセイの中からふみこさんがどのような生活をしているかがみえてくるようで、

    どんな所なら真似できるだろうかと探しながら読んだ。

    すっきりと暮らすためには「物を持たない、捨てない」。

    私は今「捨てつつ、持たない」段階で、捨てないの領域までは行けてないかな。

    持たないに関してはまぁまぁいい線行っているんじゃないでしょうか、なんて思ってみたり。

    物を大切にして、しっかりと使い切るのは大変だけど、真似していきたい大切なことだと感じた。



    この本だけではなんだかわかった気にはなれないので、ほかの本も読んでみようと思う。

    暮らし方を見直す参考におすすめ。

  • 丁寧に暮らしていますか?と言われたきもち。

  • 20150129読了
    家のことエッセイ。人の暮らしをちょろっと垣間見る。さらさら読める。整理のコツは持たないこと。捨てること。

  • 2014.09.04.読了

    先日 何処かで読んだモノに
    2009年東京都美術館で開催された
    「生活都芸術 アーツ&クラフツ展」
    (ウィリアム・モリスから民芸まで)
    の話が載っていました。

    「役にたたないもの、美しいと思わないものを家に置いてはならない」
    (ウィリアム・モリス)

    また この言葉に出会ってしまいました。
    頭の中から抜け出していたので、
    思い出すようにと
    まさに、今の私に対するお言葉です。

    山本ふみこさんの本は色々読んでいます。
    何処か私のとても大切な友人に似ているような
    そんな親近感を持っています。
    本の中から、友人が話しかけてくれているような
    そんな気持ちになる時があります。

    片づけたがり
    そんな風になりたいです

全23件中 1 - 10件を表示

片づけたがり (ORANGEPAGE BOOKS)を本棚に登録しているひと

片づけたがり (ORANGEPAGE BOOKS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

片づけたがり (ORANGEPAGE BOOKS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

片づけたがり (ORANGEPAGE BOOKS)を本棚に「積読」で登録しているひと

片づけたがり (ORANGEPAGE BOOKS)はこんな本です

ツイートする