足りないくらいがおもしろい (山本さんの愉快な家事手帖4 )

  • 142人登録
  • 3.37評価
    • (6)
    • (20)
    • (22)
    • (7)
    • (2)
  • 26レビュー
著者 : 山本ふみこ
  • オレンジページ (2011年2月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873037448

足りないくらいがおもしろい (山本さんの愉快な家事手帖4 )の感想・レビュー・書評

  • 暮らしの中のエッセイ

    必要のないものは買わない と言うより あるもので代用してみる。
    眠っていた古いものを ちくちく、したり とんとん、したり
    起こして使う。

    でも 押し付けがましくありません。
    「節約」でも「倹約」でもなく ただ著者が「好き」でしてること。
    読み手は それを面白がるだけ。
    真似できることはしてみようかな とちょっとだけ思うけど。

  • ミニマリストのはしりっ!ほっこり読める歳時記。

  • 何故か定期的に片付け関係の本を読みたくなるのですが、これはよかった。 シンプルライフを実践している人特有のへんなこだわりや自慢?みたいな部分もなく、家族やものへの愛情が伝わってきます。 「預言者になる隙に」と「のびちぢみ」の章が特に好きです。

  • ブログ記事をまとめた書籍。すでに読んでいた記事もけっこうあった。
    足りないとは風通しを良くしておくこと、というのはなるほどと思った。瓶を受け皿みたいなのに入れるなど台所の工夫は、真似できないなーと思ったりするけど。
    いつものしっとりとした丁寧な文章。素敵な方です。

  • 足りないことを楽しみ、おもしろがって、そこにこそ贅沢を見つける。ゆるゆるとやわらかに、日々の繰り返しの中に幸せを見つける。独特の表現力とともに、すうっと心に入り込むエッセイ集。

  • 物は足りないくらいが、工夫できておもしろいという考え。

    読み終えた後、なんか物足りない。

  • 読めば読むほどにもっと読みたくなってくる不思議。

    今回は「足りないことを楽しむ愉快さ」を本に書いています。

    珍しくふみこさんが物を新しくしたり、購入したりしていてなんだか、ほっとする。

    必要であれば買っていいのよね、買ったものと長く付き合おうとしていければいいのよねぇ。

    それにしてもふみこさんの家族は仲がいい。

    私は仲良しな家族の話が苦手というひねくれ者なので、素直に素敵な家族ねって言えなかった。

    でも、作れるならそんな風なのにしたいなぁとひとつ理想が見えました。

  • 20150112読了
    軽い気持ちで読める家事エッセイ。●家族は「のびちぢみ」する。●ちくちくの効能。

  • この著者の考え方には共感する部分が多いのだけど、やたら平仮名が多くてイラっとする。いい年なんだし、ほっこり系女子みたいな書き方はどうかと思う。

  • こんな風にいろんな事に向き合うたらいいなぁ。。。
    カラッポマン、時々なる事がある。
    読んでいて心地いい1冊。

  • ものを大切にするとか、工夫をして楽しむとか、なんか良い感じである。読んでいると、心が優しくなれる本。

  • 「〜する」と「〜なる」のあいだは、ほんとうに思いがけないことの連続だ。備えても備えても、備えきれなかったということもあるかと思えば、ちっとも備えていなかったのに咄嗟の判断でなんとか切り抜けたり。思うとおりにならなかったことを、おもしろがっている自分を発見したり。つまらないのは、お定まりの「〜すれば、〜になる」を生きようとすることだ。「〜する」と「〜になる」のあいだの思いがけなさを味わう機会を逃すことだ。

  • まあ、ためになる内容だったかと言われると微妙。
    読む必要もあまり無いかもしれない本。それでも星3つなのは、わたしの感性に合うように感じたから。

  • 暮らしのエッセイ。
    ごめんなさい、パラパラ読みです。
    読書に飽き飽きしてきた頃の息抜きにエッセイを読みたくなる。ですが、教訓めいたものや人生観指南は苦手で。影響を受けやすい性質なのでわざと避けています。
    この本はそうでもないかなと思って手にとってみましたが、個性が強すぎるのか、ちょっと避けてしまいました。
    じっくり読んでない分際ですが、いいなと思った箇所が一つ。「忘却に乾杯」。

  • ここのところ、妻が山本ふみこさんの本を読んでいる。

    「おもしろいの?」と訊ねると「なんていうか、日々の、ここ!っていういいところをついてくるのよね」

    興味を引かれたので読んでみました。

    エッセイです。
    たしかに面白い。

    著者の生き方や生活の工夫に、自分の脳がくすぐられました。

  • 山本ふみ子さんのエッセイは、キラキラの言葉がいっぱい。ほんの数行、はっとするくだりがあって、何度も読んでしまう。
    ・・・これは台所仕事のことなの?家事のことなの?・・・・人生を語っているの・・・?
    きっと、台所仕事が、人生に通じるんだろうな、うん。

  • C0077 世代的な問題かもしれませんが、わたしには合いませんでした。エッセイだとは思っていなかったのです。

  • 昔の貧乏には品格があったという。「ゲゲゲの女房」の水木しげるの時代。では今の時代はというとローンの返済、かさむ借金、など、食べられないというのではない困窮。ここで品格が問われる。約しく暮らすことを楽しむ気持ちを忘れないでいたいものです。

  • 物が飽食状態・・・・な我が家。
    足りないくらいにしたら
    すごく気持ちよさそう・・・・な半面
    あ~あれがあったのにな。と思いだしそうで
    なかなか捨てきれない。
    うー。
    と色々思わされました。楽しい本でした。

  • 持ちすぎないということが、心の風通しをよくする。

    うんうん、きっと そうなんだろうな。
    そんなふうに できればいいな。

    でも。

    実行に移すことは、わたしにとっては
    かなり高いハードルのようです。。。

  • この著者のものを読むのはこれが初めて。

    『知足』 足るを知る。
    すばらしい生き方をなさっているとは思いますが、それを見習って実践するのはなかなか時として勇気のいることだと思います。
    そういう生き方を共に歩んでくださる御家族もまた素晴らしいと思います。
    豊かさは決してお金ではないと言うことをこの本が教えてくれます。

    ただ文章のリズムがつかみづらく、私には読みにくいところが多々ありました。

  • 自己満足トーンで書かれていても魅力的に思う本はたくさんあるが、この本は終始つまらなかった。感覚的に合わないようで、魅力を感じる点がなかった。

  • 希望する生き方。多少、大袈裟だけど。『おとな時間の、つくりかた』楽しみな本となりました。

  • この人の暮らし方、素敵なんだよなぁ。
    時々文章がわからないとこがあって
    でもそこもまた好き。

    私もこの人みたいにものをもたずに
    すっきりと日々を大切に暮らしたい。
    さっさとやれ。

全26件中 1 - 25件を表示

足りないくらいがおもしろい (山本さんの愉快な家事手帖4 )を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

足りないくらいがおもしろい (山本さんの愉快な家事手帖4 )を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする