ちょっと早めの老い支度 (ORANGE PAGE BOOKS)

  • 102人登録
  • 3.10評価
    • (2)
    • (9)
    • (13)
    • (4)
    • (3)
  • 10レビュー
著者 : 岸本葉子
  • オレンジページ (2012年10月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873038278

ちょっと早めの老い支度 (ORANGE PAGE BOOKS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 367.7
    3/9の選書ツアーにて購入

  • 私よりちょっと年上ではあるが、世代的には近く、同じ独身。
    考え方に共感したり、衣類の収納方法のくだりなどでは、
    「えっ、今ごろ何言ってるの?」と
    相変わらずのおっとりぶりにほっこりしたり。

    それがガラッと変わったのは、専門家二人の方との対談。
    とても勉強になり、考えさせられた。一方で、少し落ち込んだり。

    でも、著者も書いている通り、先のことは考えつつも、
    考え方や視点も変わっていくこともあるだろうし、
    まずは、今を充実して生きていくことだな、と。

    定期的に読み直してみたい。
    続編もあるようなので、そちらも読んでみたい。

  • 著者の方がちょっとお姉さん。
    若い頃の作品(私も若い)はよく読んだ。久しぶり。
    タイトルがやっぱりキャッチー。
    おひとりさまの「老い支度」決して遅くはないと思い、私もガツガツ身の回りを片づけていたので共感しきり。
    僭越ながら思考がよく似ていると感じるので読んでいて、友達(先輩?)と話しているかのよう。(M)

  • 私も老後が確実に近づいている。
    広島市立中央図書館 K367.7:きし

  • 2013.10.09

  • 著者と同世代の私。
    体にもいろいろと年齢を感じるようになって、この本に手を出しました。

    そうだよね、そうだよね、と同感しながら読み終わりました。

    しかし、それにしても、あと40年もあるんだよね~。
    というか、うまく長生きして、意識を持って生活を楽しむ老後って40年もかんがえないといけないんだなあ。
    なんか、いろいろと考えさせられました。

    これからも近くに置いて、たまに目を通しながら、がんばっていこうと思います。

  • 同世代の筆者であり親近感がある。効率化を図るつもりが注意力散漫になる、なんて自分の事みたい。

  • 最初は、「老い」という言葉に抵抗があって、気にはなるものの買おうかどうしょうか、かなり迷いました。
    読んでみると、老いるということそのものに直に触れているのではなく、生活の中で何気なく起こっている出来事に対して、ものの見方や考え方を少し変えれば自然に受け入れられるものごとがあるんではないかといった、作者が自分へのメッセージにも似たような感じのものでした。私にはまだ老いじたくなんて…と思わずに、高齢化社会の今だからこそ幅広い年代の方にもお勧めできるなぁ~と思いました。

  • 2013.1.14

全10件中 1 - 10件を表示

岸本葉子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ちょっと早めの老い支度 (ORANGE PAGE BOOKS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ちょっと早めの老い支度 (ORANGE PAGE BOOKS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ちょっと早めの老い支度 (ORANGE PAGE BOOKS)はこんな本です

ちょっと早めの老い支度 (ORANGE PAGE BOOKS)のKindle版

ちょっと早めの老い支度 (ORANGE PAGE BOOKS)の文庫

ツイートする