C/C++による組み込みシステムプログラミング

  • 44人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
  • 3レビュー
制作 : Michael Barr  有馬 三郎 
  • オライリー・ジャパン (2000年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873110134

C/C++による組み込みシステムプログラミングの感想・レビュー・書評

  • 組み込みシステムの特にプログラミング環境に的を絞った本です。
    デバイスドライバの本などと比べるとちょっと内容は薄いかも。

  • 組込みシステムでは、いまだにアセンブラだけの開発もあります。
    また、MISRA-Cのような特定のコーディング標準を利用している場合があります。
    またC++ライブラリまたはC++用のAPIも普及しつつあります。

    対象によっては、様々なC++用のコーディング標準が提案されています。
    そのため、対象ごとのC++ライブラリ/APIの仕様と、
    コーディング標準にもとづいたプログラミングが要求されます。

    そういう具体的な対象ごとの領域に入るための入門としては適していると思います。
    特に、ADEOS(A Decent Embedded Operating System)というC++で書かれたOSについて言及しているので、C++でも組み込みシステムがかけることがわかり、たいへん重宝しています。

  • 私は、組み込みソフト開発暦10年を超えますが、このキャリアの最初の3ヶ月以内にこの本に出会うことができていれば、多少は役に立ったでしょう。ということで、素人、新人向けです。

全3件中 1 - 3件を表示

C/C++による組み込みシステムプログラミングを本棚に登録しているひと

C/C++による組み込みシステムプログラミングを本棚に「読みたい」で登録しているひと

C/C++による組み込みシステムプログラミングを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

C/C++による組み込みシステムプログラミングはこんな本です

C/C++による組み込みシステムプログラミングのペーパーバック

ツイートする