CJKV日中韓越情報処理

  • 37人登録
  • 3.50評価
    • (3)
    • (0)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Ken Lunde  小松 章  逆井 克己 
  • オライリージャパン (2002年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873111087

CJKV日中韓越情報処理の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日本語情報処理の続編である。
    CJKV(Chinese, Japanese, Korean and Vietnamese)の東アジア言語処理を詳細に説明している。
    日本語情報処理は、日本人によらない、日本人のための、日本語によらない日本語の本だった。
    英語でこの本がでたときは衝撃的だった。日本人は、EUCだとシフトJISだのについてつまらない議論をしているときに、日本人以外の人により本質的な解説をされてしまったような気がした。
    本書でも、芝野耕作らの日本語文字コードの標準化を担当している方々に謝辞を送っているように、綿密な調査を行っている。
    文字コードと、コード化(エンコーディング)とを分けて記述するようにしているため、実際にファイル上に存在しているコードと、コードの飜訳処理の関係をより厳密に理解できると思われる。
    また、日本語の漢字表現と意味と読み方について記述しているため、日本語を理解してもらうためのよい技術書としても利用できる。

    ps.
    その後の展開としては、日本人による日本人のための漢字のフォントである文字鏡フォントがでて、日本の先進性が確保された。中国に対しても先行していた。中国、韓国、ベトナムの標準化活動をされている方々に紹介していただけると嬉しい。

全1件中 1 - 1件を表示

ケン・ランディの作品

CJKV日中韓越情報処理を本棚に登録しているひと

CJKV日中韓越情報処理を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

CJKV日中韓越情報処理を本棚に「積読」で登録しているひと

CJKV日中韓越情報処理はこんな本です

ツイートする