UNIXシステム管理 第3版〈VOLUME 1〉

  • 61人登録
  • 3.60評価
    • (5)
    • (2)
    • (13)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : AEleen Frisch  飯塚 正樹  下田 みどり 
  • オライリージャパン (2003年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (602ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873111384

UNIXシステム管理 第3版〈VOLUME 1〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • UNIX の基本と、システム管理でよく利用される機能が中心。OS 別に解説する部分も多い。
    ちょっと古いのと、合計ボリュームが多いのが難点。オライリーを読むのが苦じゃない人向け。

  • UNIX管理者には困ったときに参考にできる必須アイテム。基本的なことが網羅的に記述されており、ちょっとしたときのガイドブックとしても使うことができる。

  • 名著。分厚くて内容が濃い。さまざまなOS(特にHP-UXがありがたかった)について触れられている。grep検索のテクニックも参考になる。050915

全3件中 1 - 3件を表示

UNIXシステム管理 第3版〈VOLUME 1〉を本棚に登録しているひと

UNIXシステム管理 第3版〈VOLUME 1〉を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

UNIXシステム管理 第3版〈VOLUME 1〉の作品紹介

システム管理者が知っておくべきあらゆる情報を網羅し、多くのユーザに愛用されてきた書籍の改訂版(全2巻)である。Linuxに関する記述が大幅に追加された。VOLUME 1では、システム管理の原則、rootアカウント、UNIXの構造、基本的なコマンドをシステム管理に利用する方法、スタートアップとシャットダウン、TCP/IPネットワーク管理、ユーザとグループの管理、セキュリティ、ネットワークサービスの管理などを取り上げる。本書の解説対象になるシステムは、Red Hat Linux、SuSE Linux、Solaris、AIX、FreeBSD、HP‐UX、Tru64が中心だが、紹介するテクニックの多くは他のシステムでも応用可能。

UNIXシステム管理 第3版〈VOLUME 1〉はこんな本です

ツイートする