Spidering hacks―ウェブ情報ラクラク取得テクニック101選

  • 225人登録
  • 3.45評価
    • (10)
    • (15)
    • (50)
    • (1)
    • (0)
  • 17レビュー
制作 : 村上 雅章 
  • オライリー・ジャパン (2004年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (516ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873111872

Spidering hacks―ウェブ情報ラクラク取得テクニック101選の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 少し内容が古い為に,サンプルコードが動かないことも.

    Perlにある程度精通してから読むと,よく理解できるかも.

    しかし,アルゴリズムは比較的参考になるものが多い.

  • hacks シリーズは割りと小手先の技術をつめん込んだものなので,ある程度Perlを使い慣れている人で,スパイダのようなものをいくつか書いた,または書こうとしたことがある人には,有意義な本だと思う.わたしは,テキスト処理用の簡単なスクリプトを量産してるだけなので,あまり向かなかった.体系的に理解でき,説明してくれるようなものを買うべきだった.

    ツール群としては,非常に便利だと思う.もう少し勉強してから見直したい.

  • 完全に読み通したわけではまったくないが、パラパラと読んで全体の感じを抱けたので、いったん読了とする。

    正直言って、買わなくてもよかったかもしれない。。
    読んである程度参考になるのは、1章のSpideringのこころ得に関するところだけだと思う。ほかは、いかにもHow-toリストである。コードサンプルがPerlなので、Perlになじみがない自分にとっては余計そう感じたのかもしれない。

  • このHacksシリーズのよさは、テクニック100選にあるかもしれない。
    技術を体系的に教えようとしたり、解説しようとすると、書きたいことが多すぎて、整理しきれないことがある。本書のように、100という制約を設けると、じゃ、何を書いて、何を削ろうという選択がしやすい。そのため、内容も厳選され、質も揃うことになるのではないかと推測できる。
    ただ、本書だけは101になっている本当の理由はなんだろうかは興味がある。

    Spideringという情報検索(収集)ロボットに関する技術紹介である。
    自分のPCに取得した方がよいか、常にネットにつながるところで作業するかは、仕事の仕方によるかもしれない。

    情報の機密性、価値などに対する考え方で、集めてくるのがいいかどうか。
    情報の整理の仕方についても考えさせられる。

  • perlを勉強してから

  • スパイダリングとはWebサイトなどから、情報を収集することを指し、その際にはルール、マナーといったものが存在。そういうマナーから、実際に収集するテクニック方法などについて書かれているので、そういうプログラムを作る場合には加害者にならないためにも読んでおいたほうがよい。

  • スパイダリングの基礎から徹底解説してある本。
    内容が若干古い感は否めないけど、ノウハウとしては十分に役に立ちます。

  • WEBスクレーピング本。これは面白い!
    世界中のWEBサイトから情報を集約して、新しい価値を持ったコンテンツを作り出すためのテクニック満載。

  • 近々に読むべし!WEBからの情報収集方法についてのヒント。Perlの実践もかねて。

  • 株価情報などをあちこちのサイトを解析して、データベースにほっぽりこんだりしてますが、その足がかりになりました。

全17件中 1 - 10件を表示

Spidering hacks―ウェブ情報ラクラク取得テクニック101選を本棚に登録しているひと

Spidering hacks―ウェブ情報ラクラク取得テクニック101選を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Spidering hacks―ウェブ情報ラクラク取得テクニック101選はこんな本です

ツイートする