詳解 Linuxカーネル 第3版

  • 224人登録
  • 3.81評価
    • (10)
    • (11)
    • (15)
    • (1)
    • (0)
  • 10レビュー
制作 : 高橋 浩和  高橋 浩和  杉田 由美子  清水 正明  高杉 昌督  平松 雅巳  安井 隆宏 
  • オライリー・ジャパン (2007年2月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1024ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873113135

詳解 Linuxカーネル 第3版の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なかなか全部は読めてないけど、ネットで調べるより詳しい情報が手に入ります。

  • この本に書いてあるのは、各機能ごとの概要説明とその実装の詳細な解説。この概要説明でさえもかなりのOSに関する前提知識が必要。
    機能の概要の説明だけであれば Linuxカーネル2.6解読室 の方がわかりやすかった。(Linuxカーネル2.6解読室は一部Webで公開されているものを読んだだけですが...。)

    ある程度Linuxプログラミングを書いて外からみたカーネルの動作を把握した上で、具体的に何らかの理由があってここの実装が知りたい、というときにソースと一緒に辞書的に必要な箇所だけ読む本。

    もしLinuxプログラミングを学びたいのであれば、カーネルAPIだけでなくLinuxの基礎的な解説もある、"ふつうのLinuxプログラミング"、"詳解UNIXプログラミング" などの本を読みつつコードを書いていくのがよさそう。

    (追記)
    ある程度OSの知識をつけてから改めてこの本を読みつつLinuxのコードをよんでみた。コードにもコメントはついているがそれでも難解な部分もあるため、コードリーディングする際にはこの本は必須だった。

  • LINUX内部を読み解くための羅針盤。OSからハードウェアまでのシステムの構造がよく分かるようになりました。

  • 一度、流し読みを終えた段階でのレビューである。

    本書はLinuxのカーネルをソースコードレベルで解説している。
    2007年に出た本であるため、扱っている内容はやや古く、Linuxのバージョンが2.6のものを対象としている。(このレビューを書いている時点でのLinuxの開発中のバージョンは3.6である。)
    従って、最新のLinuxの機能を追うためには、ソースコードやニュースサイトで独自に調査するしかない。
    しかし現時点でも、仕事などでLinux 2.6系のLinuxを扱うこともある人は、手元においておくと大変心強いし、最新の機能を抑える前に本書を読むことによって、最新のLinuxカーネルの理解をしやすくなる。

    本書の読み方であるが、1度全体を流し読みしてから、詳しく知りたい部分を精読していく方法が適していると感じた。
    ここで重要なのは、1回で全てを理解しようと思わないことである。
    Linuxカーネルは、ある機能が他の機能と密接に関係していて、大まかなLinuxの全体像が見えてこないと、順番に読んでいったはずが迷子になっていたということがある。
    流し読みが終わったら、必要に応じて他の書籍を用いながら、知りたい部分を集中的に読む。
    そして精読する中で、他の機能を知る必要があったら、他の機能の概要をつかむ。
    一度流し読みを終えているので、概要をつかむのに長い時間はかからないだろう。

    Linuxカーネルを扱っている本は貴重で数が少ない。
    その中でもこの本は、ページ数の多さから予想できるように、広く詳細に解説している点では高評価である。
    日本語訳もすばらしく、内容の難解さ以外で読みづらいと感じたことは無かった。
    しかし、文章量が多いために理解が進みにくい部分が多く、図をもう少し増やして欲しかったと思うが、現時点でのページ数を考えれば仕方の無いことなのかもしれない。

  • Linuxに関して、深く知る必要があったので読みました。

    メモリやドライバ、プロセス、ファイルについて詳細に書かれていると思います。

    特にメモリに関しては、物理的なメモリと論理的なメモリ、プロセスへ割り当て方等、細かく説明が書かれています。また、ブロック型のドライバのメモリの使用方法についても書かれています。

    KernelのSource Codeと読み比べた訳ではないですが、説明はSource Codeを元に書かれていると思います。Source Codeで確認する前に本書で解説を読むことでより簡単にSource Codeを理解することができると思います。

    LinuxのOSに機能を追加する方や、ファイルシステムの開発担当の方にお勧めします。

    ただ、本書は、大変分厚く電車で読むのは苦労しました。

  • Linuxのカーネルの理解は、システムの安定性、振る舞いについて理解する上での基礎となる。
    そのため、Linuxのカーネルの改変をしたい人だけではなく、ドライバを書く人、システムの管理者も一度読むとよいと思う。

    現在の自分の立場は、Linuxについては、利用者でありシステム管理者であるが、システムの受け入れ試験の際に、
    カーネルの理解をなしに受け入れ試験はできない。

    そのため、システム管理者は、Linuxを使うのであれば、カーネルの概要は読んでおくのが必須だと思う。
    そうでなければ、別のOSを選ぶ方がよいかもしれない。

  • 今となっては古い内容だけど、基本は押さえられる。

  • 内容は少し古くなってしまったが、ソースコードを読む足がかりにするのにちょうどよい。

全10件中 1 - 10件を表示

Daniel P. Bovetの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ブライアン カー...
ジェラルド・ジェ...
Tom Whit...
有効な右矢印 無効な右矢印

詳解 Linuxカーネル 第3版の作品紹介

本書はLinuxのソースコードの恩恵を最大限に活かすための羅針盤です。複雑で難解なLinuxカーネルの仕組みを、基礎からていねいに説明。Linuxカーネルの基本機能を網羅し、ハードウェア依存部分についても踏み込んだ解説がなされています。第3版では、Linux2.6を対象として改訂を行い、特にメモリとプロセススケジューリングについて大幅な変更と加筆がなされています。Linuxのソースコードを理解するためのガイドブックとして、オペレーティングシステムの本格的な解説書として最適の1冊です。

ツイートする