ビジュアライジング・データ ―Processingによる情報視覚化手法

  • 283人登録
  • 3.48評価
    • (5)
    • (17)
    • (21)
    • (1)
    • (2)
  • 10レビュー
著者 : Ben Fry
制作 : 増井 俊之 (監訳)  増井 俊之 (監訳)  加藤 慶彦 
  • オライリージャパン (2008年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873113784

ビジュアライジング・データ ―Processingによる情報視覚化手法の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 背中に青色シールを貼った図書のコーナーに並んでいます。

  • A2

  • Processing関連の書籍は何冊か買ったけれど、これが一番実用的かな。まったくの初心者向けではないけれど、インタラクティブなグラフの書き方なんて他に見たこと無いです。

  •  読んで良かった。時系列とグラフは早速パクらせて頂いた。

  • 和図書 547.48/F49
    資料ID 2010105050

  • 翻訳が読みやすくていい感じ。

  • processing面白い。

  • 情報を視覚化する手法をProcessingを用いて実際にコードを書きながら学習していく本。
    著者のBen FryはProcessing主な開発者の一人である。良書。

  • ライブラリを利用して手法を説明するのは、初心者にわかりやすく本も書きやすいのではないかと思う。
    しかし、エンジニアにはまったく役にたたない事にページを割かれるわけで、あまり良い手法とは思えない。
    まあ、駄本。

  • 気になる

全10件中 1 - 10件を表示

Ben Fryの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
David Fl...
有効な右矢印 無効な右矢印

ビジュアライジング・データ ―Processingによる情報視覚化手法はこんな本です

ビジュアライジング・データ ―Processingによる情報視覚化手法を本棚に登録しているひと

ビジュアライジング・データ ―Processingによる情報視覚化手法を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ビジュアライジング・データ ―Processingによる情報視覚化手法を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ビジュアライジング・データ ―Processingによる情報視覚化手法の作品紹介

手軽で強力なプログラミング環境「Processing」を用いた情報視覚化技術についての解説書。地図情報・階層ファイルシステム・リスト・グラフ構造・時系列データなど、さまざまなデータの収集・解析手法から対話的な視覚的手法・プログラミングテクニックまでを豊富な実例を用いて詳しく解説しています。EclipseなどのJava開発環境や、ActionScriptを利用した視覚化手法についてもカバーしています。

ツイートする