Subject To Change ―予測不可能な世界で最高の製品とサービスを作る

  • 195人登録
  • 3.84評価
    • (15)
    • (18)
    • (20)
    • (2)
    • (0)
  • 14レビュー
制作 : 高橋 信夫 
  • オライリージャパン (2008年10月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873113852

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ドナルド・A・ノ...
ジェームス W....
チップ・ハース
ジェフリー・ムー...
有効な右矢印 無効な右矢印

Subject To Change ―予測不可能な世界で最高の製品とサービスを作るの感想・レビュー・書評

  • アジャイルなアプローチとは?

    →効果的な体験戦略、顧客視点からみた差別化ができること、顧客にとって一番大切なことを顧客の文脈で理解する必要がある
    アジャイルアプローチでは、比較的短期の開発サイクルを回し、顧客を開発プロセスに引き込む

  • 体験デザインについて書かれた本.うまく分割できていなくてくどい部分もあるけど,全体としてはいい本だと感じた.

    企業のビジネス活動において未来予測は重要であり,企業は顧客の要求に応え続けるために日々探究している.しかしながら,我々をとりまく社会や経済はこれまでになく複雑化しており,予測が難しくなっている.
    この本では,予測の精度を高めるアプローチではなく,予告なく変更される(subject to change)ことを前提として,未来に対して柔軟に対応するアプローチを提案し,その概念と適用について述べていた.

    - サービスを提供するにあたって,機能を増やしたり,業務を効率化することが優位性となる時代は終わろうとしている
    - これからは顧客を知り,共感される体験を提供する「体験デザイン」こそが重要である
    - 「体験デザイン」は特定の人だけではなく組織全体のコンピテンシーとして普及させる必要がある
    - アジャイルアプローチを取り入れて常に探究していく仕組みが必要である

  • 10分くらいで流し読み。
    なるほど、制作系やイノベーション系の人が好きそうな内容だけども、その中でも、リーン生産方式やらアジャイル開発が取り上げられてて好感がもてました。

  • 新しい製品を作るための方法論について書かれた本。
    答えが書かれているというよりも、方法論を自分なりに咀嚼して、自分なりの方法論を出す本である。
    答えが書かれていることを期待して読み出すと大変な目になる。

    定量方式でもなく、定性方式でもなく、混生方式でということがかかれていたが、本当にそれによって新しい製品がうまれるのだろうか。


    100%の方法論はなく、例外が多すぎる気がする。。。
    難しいからこそ、新製品が魅力的なのだろう。

  • 体験をデザインする。
    それにつきる。
    メモ。SPARCプログラム。
    つまみぐいな内容が気になる。

  • Adaptive Pathという30人くらいの規模ながら結構有名なデザイン会社の人が書いた本。エスノグラフィの大切さ(やったことがある人間としては万能薬ではないという下りが一番納得したけど)とアジャイルアプローチ(反復、反復、反復)というのが特に強調されていた。今思ったけど、アジャイルアプローチって擦り合わせじゃないんだろうか。日本企業の特徴、って学者に言われてる奴って、最近ウサン臭く感じられてきた。

  • コトラーのマーケティングマネジメント第一章の参考書籍

  • イノベーション系の本。リサーチ>体験のデザイン>プロトタイプモデル製作>アジャイル開発>反復と共有をコダック、appleの実例を交えてまとめられていた。またこのようなことは大上段ではなく細かくとも。次はIDEOの本を行ってみる。
    (2010/05/29:読了)

全14件中 1 - 14件を表示

Subject To Change ―予測不可能な世界で最高の製品とサービスを作るを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Subject To Change ―予測不可能な世界で最高の製品とサービスを作るを本棚に「積読」で登録しているひと

Subject To Change ―予測不可能な世界で最高の製品とサービスを作るの作品紹介

Adaptive Pathの主要メンバーが経験に基づいた実践的な考え方を提供する一冊。製品・サービスの作り手と顧客の関係を変える創造的でアジャイルなアプローチ。

Subject To Change ―予測不可能な世界で最高の製品とサービスを作るはこんな本です

ツイートする