アート・オブ・アジャイル デベロップメント ―組織を成功に導くエクストリームプログラミング (THEORY/IN/PRACTICE)

  • 333人登録
  • 3.94評価
    • (16)
    • (17)
    • (9)
    • (5)
    • (0)
  • 18レビュー
制作 : 木下 史彦(監訳)  木下 史彦(監訳)  平鍋 健児(監訳)  平鍋 健児(監訳)  笹井 崇司 
  • オライリージャパン (2009年2月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873113951

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
Joel Spo...
ケント ベック
メアリー・ポッペ...
有効な右矢印 無効な右矢印

アート・オブ・アジャイル デベロップメント ―組織を成功に導くエクストリームプログラミング (THEORY/IN/PRACTICE)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読み終わったー\(^o^)/
    アジャイルやらXPやらの辞典的な書籍。プロセスが体系的に書かれていました。
    辞典的な位置づけで、机に置いておきたい一冊。

  • アジャイル開発の基本的概念から、プラクティス的なものまで解説。多少量はあるが、一通りまとまっているのが◎。ただ、日本的なベストプラクティスや実際の経験談は無いので、そういった部分は別の書籍なりが必要か。

  • アジャイルサムライを読んでおくと、この本の内容を理解しやすく、また挫折せずに読めるんじゃないかと思った。
    アジャイルサムライでアジャイル開発の概念や適用方法を学び、この本でさらに詳しく実践方法を学べる感じ。各章の各節ごとにある「質問」の項は、自分が抱いた同種の疑問が載っていて、とても参考になった。なお、この本はXPを題材にしている。

    開発者、リーダー(や管理職)、ステークホルダー、コンサル、顧客(発注者ともいうべきか。真に発注したシステムに価値を見出す人)と、これらのどの層が読んでも役立つ内容といった感じ。

    パートIIだけでもいいから、世の中のソフトウェア開発にかかわる人全員に読んでもらいたい。そして、携わるプロジェクトの改善の一助にしてもらいたい。

  • アジャイル学ぶならぜひ一読を。
    基本が詰まってます。

  • アジャイルの各プラクティスに関する考え方などがわかって面白かったです。
    まだ、アジャイル未経験ですが、いつかは導入してみたい。。

  • アジャイルサムライの次の本として読んでいる。

    個人的には、XPだけでなくスクラムについての説明も欲しかった。

  • アジャイルソフトウェア開発で使われる手法について一つ一つ説明している本です。アジャイルサムライを読んだあとに読むと理解しやすいようです。

  • 和図書 548.96/Sh96
    資料ID 2011200127

  • 表紙がなんかきれい。つるっとしてる。
    内容は・・・勉強用というより、実践中に参照する・・・というか、相談する本って感じで、今の私にはまだ早いかなぁ~と感じた。
    書き方が口語で読みやすい反面、要点が良くつかめなかったり、拾い読みできないのは私の読解能力の問題なのだろうか~

  • アジャイルな開発手法…主にXP…についてエッセンスが詰まった良書です。

    それぞれのプラクティスについて深い考察がされていて、自分の状況を省みて比較できたので、非常に腹に落ちました。
    定期的に読み返す本だと思います。

    また、日本語訳も読みやすかったです。

    アジャイルな開発の本は色々と出ていますが、まず基本的な概念を知った上で、この本を読んで実践を繰り返す…というパターンが良いと思いました。

全18件中 1 - 10件を表示

アート・オブ・アジャイル デベロップメント ―組織を成功に導くエクストリームプログラミング (THEORY/IN/PRACTICE)に関連するまとめ

アート・オブ・アジャイル デベロップメント ―組織を成功に導くエクストリームプログラミング (THEORY/IN/PRACTICE)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アート・オブ・アジャイル デベロップメント ―組織を成功に導くエクストリームプログラミング (THEORY/IN/PRACTICE)を本棚に「積読」で登録しているひと

アート・オブ・アジャイル デベロップメント ―組織を成功に導くエクストリームプログラミング (THEORY/IN/PRACTICE)の作品紹介

アジャイル開発は人のなせる技である。アジャイル開発を極めるためには、その時々で無数の可能性を評価して最善の方策を選択することを学ぶ必要がある。本書は、あなたがアジャイル開発の「道」を極める手助けをしたい。本書では、アジャイル開発の実践方法の1つであるXPを中心に解説する。XPの概要と導入について解説し、XPによるアジャイル開発をチームに導入することを目指す。さらにXPのプラクティスについて詳述する。なぜうまくいくのか、うまくいかないのか、繰り返し実践することでXPが身につき、XPの指針を深く理解できるだろう。最後に、さらなるアジャイルの理解へのアドバイスを示すことで、実践を超えたところにある価値と原則を深く理解することを目指す。アジャイル開発のすべてをまとめた本書は、プログラマはもちろん、テスター、プロジェクトマネージャ、アーキテクト、ビジネスアナリスト、インタラクションデザイナ、顧客などアジャイルに関心のあるすべての人におくる一冊である。

アート・オブ・アジャイル デベロップメント ―組織を成功に導くエクストリームプログラミング (THEORY/IN/PRACTICE)はこんな本です

ツイートする