プロダクティブ・プログラマ -プログラマのための生産性向上術 (THEORY/IN/PRACTICE)

  • 365人登録
  • 3.97評価
    • (26)
    • (38)
    • (23)
    • (0)
    • (2)
  • 23レビュー
著者 : Neal Ford
制作 : 島田 浩二 (監訳)  夏目 大 
  • オライリージャパン (2009年4月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873114026

プロダクティブ・プログラマ -プログラマのための生産性向上術 (THEORY/IN/PRACTICE)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • プログラマの生産性に関する本。

    大まかに以下の2点について書かれている。
    ・生産性向上のためのTips
    ・プログラマの考え方

    悪くないけど、読んでないならまずは「達人プログラマー」が優先かと・・・

    この辺共感できる
    ・怒れる猿
    ・極力正準化せよ

  • プログラマにとっての美徳は「怠惰」「短気」「不遜」の三つだ: Meet Up 大阪 @ blog
    http://meetuposaka.seesaa.net/article/432764517.html

  • 生産性向上のための Tips 集。前半は万人(おもに SE)向け、後半はプログラマ向け。

  • 仕事が早く生産性が高い人は、何か工夫している。
    生産性の高いプログラマになるために何を工夫するかの取っ掛かりを得るための本。

  • 名だたる開発者を多数擁するThoughtWorksのNeal Fordの書籍。よりよい開発をするための心構えや手法についてまとめた書籍は多いですが、この書籍の良いところは実際にすぐ使える具体的なテクニックをまとめているところです。

  • もっと若いうちに読みたかった。
    OSの操作・設定、ツールの導入などで生産性を上げる方法や、スクリプト化の進め、開発の効率を上げる方法として、テスト駆動開発、オブジェクトの扱い方についても触れている。

    優秀なプログラマはすでに、自然にやっていることが大半だと思われるが、いまいち満足できていない人はこの本からヒントが得られるかもしれない。

  • 「プログラマのための生産性向上術」に誤りなし。読むべき本です。
    第一部はツール中心、第二部は姿勢や考え方中心。はじめはツールの紹介に終始するのかと若干不安も感じたのですが、そうでもありませんでした。特に二部、面白くて一気読みしてしまいました。

  • 優れた人の作業を眺めて、生産性の秘訣を学びたくなるね

  • タイトルに偽りありません。
    本書には、プログラマのための生産性向上についての有用な Tips が示されています。
    取り扱っている内容はテクニックやツール、考え方や習慣など多種多様です。
    何かしら自分の道具箱に加えたいものが見つかると思います。

  • ・XFD
    ・プリミティブ型よりもドメイン型を使う
    ・シングルトンへのアクセスはinterfaceを介す
    ・名前から入るという設計アプローチ
    ・Command Prompt Explorer Bar
    ・コマンドプロンプトは9999行に
    ・Find Bugs / PMD
    ・アトミッククラス
    ・フレームワークは既存コードから作る!
    ・DSL:Expression Builder (メソッドチェーン)
    ・正規表現!

全23件中 1 - 10件を表示

Neal Fordの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
濱野 純(Jun...
有効な右矢印 無効な右矢印

プロダクティブ・プログラマ -プログラマのための生産性向上術 (THEORY/IN/PRACTICE)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

プロダクティブ・プログラマ -プログラマのための生産性向上術 (THEORY/IN/PRACTICE)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

プロダクティブ・プログラマ -プログラマのための生産性向上術 (THEORY/IN/PRACTICE)の作品紹介

生産性の高い人はそうでない人に比べ、同じ時間でより多くの仕事をし、より多くの成果を上げることができます。本書は、ソフトウェア開発におけるプログラマの生産性についての書籍です。プログラマ個人が、どのような意識を持ち、どのようなツールを使えば、単位時間当たりの仕事量を増やすことができるかについて示します。本書は2部からなり、1部では、作業を自動化するためのツールや集中を維持する方法など、開発に必要な作業の生産性を向上するテクニックとツールを解説します。2部では、テスト駆動開発や、メタプログラミングなど、生産性を高めるために取り入れるべき考え方や習慣について学びます。

プロダクティブ・プログラマ -プログラマのための生産性向上術 (THEORY/IN/PRACTICE)はこんな本です

ツイートする