プロダクティブ・プログラマ -プログラマのための生産性向上術 (THEORY/IN/PRACTICE)

  • 361人登録
  • 3.95評価
    • (25)
    • (38)
    • (23)
    • (0)
    • (2)
  • 24レビュー
著者 : Neal Ford
制作 : 島田 浩二 (監訳)  夏目 大 
  • オライリージャパン (2009年4月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873114026

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
濱野 純(Jun...
Joel Spo...
Travis S...
有効な右矢印 無効な右矢印

プロダクティブ・プログラマ -プログラマのための生産性向上術 (THEORY/IN/PRACTICE)の感想・レビュー・書評

  • プログラマの生産性に関する本。

    大まかに以下の2点について書かれている。
    ・生産性向上のためのTips
    ・プログラマの考え方

    悪くないけど、読んでないならまずは「達人プログラマー」が優先かと・・・

    この辺共感できる
    ・怒れる猿
    ・極力正準化せよ

  • プログラマにとっての美徳は「怠惰」「短気」「不遜」の三つだ: Meet Up 大阪 @ blog
    http://meetuposaka.seesaa.net/article/432764517.html

  • 生産性向上のための Tips 集。前半は万人(おもに SE)向け、後半はプログラマ向け。

  • 仕事が早く生産性が高い人は、何か工夫している。
    生産性の高いプログラマになるために何を工夫するかの取っ掛かりを得るための本。

  • 名だたる開発者を多数擁するThoughtWorksのNeal Fordの書籍。よりよい開発をするための心構えや手法についてまとめた書籍は多いですが、この書籍の良いところは実際にすぐ使える具体的なテクニックをまとめているところです。

  • もっと若いうちに読みたかった。
    OSの操作・設定、ツールの導入などで生産性を上げる方法や、スクリプト化の進め、開発の効率を上げる方法として、テスト駆動開発、オブジェクトの扱い方についても触れている。

    優秀なプログラマはすでに、自然にやっていることが大半だと思われるが、いまいち満足できていない人はこの本からヒントが得られるかもしれない。

  • 「プログラマのための生産性向上術」に誤りなし。読むべき本です。
    第一部はツール中心、第二部は姿勢や考え方中心。はじめはツールの紹介に終始するのかと若干不安も感じたのですが、そうでもありませんでした。特に二部、面白くて一気読みしてしまいました。

  • 優れた人の作業を眺めて、生産性の秘訣を学びたくなるね

  • タイトルに偽りありません。
    本書には、プログラマのための生産性向上についての有用な Tips が示されています。
    取り扱っている内容はテクニックやツール、考え方や習慣など多種多様です。
    何かしら自分の道具箱に加えたいものが見つかると思います。

  • ・XFD
    ・プリミティブ型よりもドメイン型を使う
    ・シングルトンへのアクセスはinterfaceを介す
    ・名前から入るという設計アプローチ
    ・Command Prompt Explorer Bar
    ・コマンドプロンプトは9999行に
    ・Find Bugs / PMD
    ・アトミッククラス
    ・フレームワークは既存コードから作る!
    ・DSL:Expression Builder (メソッドチェーン)
    ・正規表現!

  • プログラマ個人が生産性を向上させるために、意識することと、やるべきことをまとめた良書。自分がPCを歩かせているか、走らせているかについて一通り確認できる。

    本書は、技法編と実践編に分かれており、技法編ではプログラマに限らずに使える一般的な内容となっていて、実践編ではプログラマ独自の内容となっている。

    技巧編
    ・加速(起動させやすく、ランチャーやショートカット)
    ・集中(邪魔なものを防ぎ、重要なことに集中する)
    ・自動化(単純な繰り返しは、自動化する)
    ・正準化(重複した余分なものを省いて単純化すること)

    実践編
    ・テスト駆動設計(徐々に大きく、評価基準を持って、カバレッジ等)
    ・静的解析(コードレビューに加え、ツールを使って調査)
    ・オブジェクトを「良き市民に」(自動化を過信しない。staticの使い方)
    ・YAGNI(どうせいらない。作りこみすぎない)
    ・古代の哲学者の教え(自動化を過信しない。)
    ・権威を疑う(今までは、ではなく、理由があるからで)
    ・メタプログラミング(新しい可能性。黒魔術w?)
    ・Composed Medhodパターン(抽象化レベル統一の原則。小さくして再利用)
    ・多言語プログラミング(ドメインに特化していくのでは?)
    ・理想のツールを探す(自分をベストな状態にする)
    ・対話の継続(自分自身を見つめ直す。改善を意識。)

  • Groovyスクリプトのサンプルが載っているということで読み始めた本書ですが、全章を通して、どうすれば「効率的」に仕事をこなせるかのテクニックがコンパクトにまとめられた良書だと思いました。
    ひとつ思ったのは、やはりコンピュータを取り巻く業界のスピードの早さです。本書で紹介されている内容はほんの数年前のものなのですが、もう既に主流ではなくなってしまっているものもあったり、今だったら違う言語を使うだろうなと思う内容についての言及がなかったりとなっています。
    しかし、本書を通して語られている内容は普遍性を追求したものとなっているので、読み物としてとてもよいと思います。

    オススメです!

  • エンジニアが作業効率を向上するためのヒントとして必携の書。

  • 「II部 実践編」のところが、参考になった

  • 作業効率を上げたいという思いは、プログラマなら誰しも、日常的に抱いているものだと思います。
    そのための、自分なりのテクニックも、多かれ少なかれ持っているものでしょう。

    この本は、そういうテクニックを集めたものです。
    大抵の人が、いくつかは「それはもうやってる」と思うところがあると思います。
    でも、これだけ集めてあると、「なるほど」と感じるところもあるでしょう。
    また、気になってはいたけれど、頭の片隅に追いやっていた部分をツツかれ、はっとするところもあるかもしれません。

    そういう気づきを通して、さらなる効率化への姿勢を示してくれます。

  • 本書のテーマはプログラマの生産性向上だ。どうすれば向上するのだろう?道具の習熟度を上げて適切に使いこなせば良い。これが本書の結論だ。それを個別の、例えばショートカットのようなTIPSやら、YAGNIやオッカムの剃刀などの考え方やら、手を変え品を変え説明することで示している。

    内容は概ね同意できた。コードはJava寄り、一部Ruby・Haskell・Smalltalk。コマンドラインやブレーンテキストの例などGUI使いには目新しいかも。

    電車が書斎のため本書くらいの大きさ・薄さの本は好物。

  • アジャイル的な開発を行う人向けの実践的ツール解説と開発プロセスの解説書。
    これからアジャイル開発を始めてみよう、あるいはコード生産性を上げて品質をよくしたいという人にとっては、実践的でいい本なのではないかと思います。

  • Ⅰ部だけ読破。
    プログラマでなくても、Ⅰ部は役に立ちます。

    PCを良く触る業務の人は、ぜひ読んだ方が良いでしょう。

  • 大分前に読んだ本なんだけど、たまにパラパラっと今でもめくる。

    オライリー先生にしては小さくて薄い。著者は知る人ぞ知るThoughtWorksのメンバー。

    「フーン」と思うだけで結局アタマに留まらないので「あなたのLifeをHackする」系の本は読まないことにしているのだが、この本はそういう類のものではなかった。

    プログラマ、あるいは日常的にマシンを駆使して作業する人々へ向けた、純粋な効率化のための本。浅学な僕としては、「なるほどー」と思う部分が多かった。

    逆にいえば、この本を読んで「なるほどー」と思うところが一つもなかったアナタは、既に効率化の達人である。

  • 2009/06/13 購入
    2009/06/18 読了 ★★★
    2016/10/19 読了

全24件中 1 - 24件を表示

プロダクティブ・プログラマ -プログラマのための生産性向上術 (THEORY/IN/PRACTICE)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

プロダクティブ・プログラマ -プログラマのための生産性向上術 (THEORY/IN/PRACTICE)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

プロダクティブ・プログラマ -プログラマのための生産性向上術 (THEORY/IN/PRACTICE)の作品紹介

生産性の高い人はそうでない人に比べ、同じ時間でより多くの仕事をし、より多くの成果を上げることができます。本書は、ソフトウェア開発におけるプログラマの生産性についての書籍です。プログラマ個人が、どのような意識を持ち、どのようなツールを使えば、単位時間当たりの仕事量を増やすことができるかについて示します。本書は2部からなり、1部では、作業を自動化するためのツールや集中を維持する方法など、開発に必要な作業の生産性を向上するテクニックとツールを解説します。2部では、テスト駆動開発や、メタプログラミングなど、生産性を高めるために取り入れるべき考え方や習慣について学びます。

プロダクティブ・プログラマ -プログラマのための生産性向上術 (THEORY/IN/PRACTICE)はこんな本です

ツイートする