初めてのJavaScript 第2版

  • 135人登録
  • 3.70評価
    • (4)
    • (14)
    • (7)
    • (1)
    • (1)
  • 7レビュー
著者 : Shelley Powers
制作 : 武舎 広幸  武舎 るみ 
  • オライリージャパン (2009年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873114255

初めてのJavaScript 第2版の感想・レビュー・書評

  • 地元の図書館で読む。

  •  本当に初めてプログラミングに手をつけたときに、最初に見た本。コードの羅列で何が何だかさっぱりわからなかった。より入門的な他の本を読んで分かったが、この本は辞書として役に立つが入門書とはほど遠いという事だ。 
     プログラミングが得意な友人曰く、オライリーの本は基本的に辞書的要素が強いらしいので、メインでなくサブで使うといい思った。

  • ちょうど、jQueryを始めた時に、javascriptについて殆ど知らなかったので、タイミングよく発売されたので買って読んでみた。
    勉強になったよ。

  • (別にはじめてでもないけど復習も兼ねて)

  • 時間を無駄にする。この本は読まない方がいい。
    「初めての」とあるが、プログラミング初心者は対象ではない。冒頭からサンプルコードにXHTMLが含まれるが、意味不明・理解不能なままやる気を奪われるに違いない。
    また、説明文が冗長すぎる。わかりやすく書いているつもりなのだろうが、逆効果だ。リファレンス本読んだ方がよっぽど理解できる。
    JavaScript本なら、「JavaScript: The Good Parts」をお薦めする。

  • 一通りやればjavascriptの基本を大体抑えられる。英語っぽい言い回しが粋。

全7件中 1 - 7件を表示

初めてのJavaScript 第2版の作品紹介

本書では基礎固めとしてまずこの言語の基本的な構文や機能を、数多くの実例を通して学びます。後半の章では最新のWeb開発テクニックを例に、標準に準拠したWebサイトを構築するための正しいコーディング手法を解説するとともに、Ajaxなどの高度な技術の基本を紹介します。本書を読み終える頃には、読者はJavaScript言語およびブラウザで提供される数多くのオブジェクトモデルを使いこなし、基本的なAjaxアプリケーションを開発できるスキルが身についているでしょう。

ツイートする