Head First Rails ―頭とからだで覚えるRailsの基本

  • 149人登録
  • 4.13評価
    • (10)
    • (7)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : David Griffiths
制作 : 松田 明  児島 修 
  • オライリージャパン (2010年1月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873114385

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
Travis S...
濱野 純(Jun...
まつもと ゆきひ...
エリック・リース
David Fl...
Joel Spo...
有効な右矢印 無効な右矢印

Head First Rails ―頭とからだで覚えるRailsの基本の感想・レビュー・書評

  • 楽しみながらrailsを学ぶには最適な本。rails2のみの対応なので、ver3を利用する場合はasset pipelineの部分等適宜読み替えが必要

  • 実際に作るとなるとほかにもう1冊必要になるかもしれないが、
    Railsの概要を短時間で学習したいなら非常にわかりやすくていい本。

  • 解りやすい。Railsのイロハを学ぶのには最適の本だと思う。著者が外人(訳本)というのが難点か。

  • 初心者向け。
    ストーリーがあって面白く進めることができるが、
    やや冗長に感じるところがあった。

  • センスある。これだけのユーモアをもってシステムのことを解説している本はまず無い。rails3について書いてあれば満点だったので続編に期待。

  • Ruby on Rails 2.0の入門書。

    感想記入時点ではRails3ですが、
    Rails入門という意味においては大変ためになる本です。

    ○良い点
    ・Railsの基礎を実際のWebシステム開発を通して学べる
    ・飽きないよう構成が工夫されている
    ・最終的にはGoogleマップとの連携などちょっと凝った事も学べる

    △注意点
    ・Rails3とRails2ではコマンドに大幅な変化がある
     (railsコマンド関連やroute.rb関連など)
    ・コード部分に間違いがあった。
    ・リファレンスブックではないので辞書的な使い方には向かない

    「Railsについて学んでみたいけど、お堅い本だと読み切る自信が無いな・・・」
    という方にオススメです。

  • Ruby on Rails について基礎から学べる教本。TiddlyWikiで個人用のメモを取りながら4章まで学習した。
    随所に飽きの来ない工夫が施されており(上司の無茶振りや忍者姿のハッカーが登場するなど)無理なく学習を進めることが出来る。非常に良著で初心者にはもってこい。

全9件中 1 - 9件を表示

Head First Rails ―頭とからだで覚えるRailsの基本を本棚に「読みたい」で登録しているひと

Head First Rails ―頭とからだで覚えるRailsの基本を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Head First Rails ―頭とからだで覚えるRailsの基本を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Head First Rails ―頭とからだで覚えるRailsの基本の作品紹介

これからRailsを学ぶ人、さらに深くRailsとWebアプリケーションプログラミングを理解したい人のための本。イラストや写真を使って、楽しくRailsの仕組みを解説。

Head First Rails ―頭とからだで覚えるRailsの基本はこんな本です

ツイートする