セキュリティの神話

  • 114人登録
  • 3.48評価
    • (0)
    • (12)
    • (13)
    • (0)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : John Viega
制作 : 葛野 弘樹 (監訳)  夏目 大 
  • オライリージャパン (2010年4月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873114514

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ブライアン カー...
有効な右矢印 無効な右矢印

セキュリティの神話の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 初心者におすすめ

  • パソコンのセキュリティ全般について書かれた本

  • 情報セキュリティとセキュリティ製品の噂や嘘を暴露する話といったところだろうか。元McAfeeのCTOによるものであるという点において興味を持った。冒頭7割くらいを読んで、セキュリティ業界の人と飲みにいった時に話すこととほとんど違いがないことにおどろき、読むのをやめた。神話というとちょっと大げさで、「セキュリティおやじ居酒屋談義」というタイトルがしっくりくる気がする。

  • 会社でPCが起動し終わるまでの時間を利用して読んでたら,結構時間がかかった。

    読みやすいエセイ。

  • まず、読み終えたのが第一刷第一版だったのだが、序盤に「セキュリティ」を「セキュリテイィ」と誤植している箇所が多すぎる。「セキュリテイィの神話」と、タイトルを間違えるのはプロの訳者として如何なものか。
    後半にも誤字が一箇所あった。

    終わり1/3くらいが具体的で面白かった。それまでは漠然とした話が多かった気がする。注釈の方が本文より興味を惹いたような。

    ただセキュリティを闇雲に強化するのではなく、コストパフォーマンスを考えさせる描き方だった。

  • 「アンチウィルス」という慣れた言葉を優れた技術を開発したからって避けることはない、という主旨の12章には考えされられました。何か過去の製品よりも優れたものを作るときには名前やジャンルを新しく作ろうとしてしまいがちですが、何の延長にあるものかをお客様に理解してもらうものでしたら一般化した言葉を使ったほうがいいという主張、確かにそうかもしれません。
    全体を通して、何か目新しいことを書いているわけではありませんが、McAfeeというセキュリティソフト開発側にいた人(執筆時点では一度離れたが復帰直前らしい)の話という点ではよかったです。セキュリティについての考え方を自己点検できました。著者はソフトを変に薦めるようなこともなく、妙に覚めてた意見を書いていますので偏りはないです。ただ最後の数章が単調なのが残念。

  • セキュリティ業界で働く著者の発言は時に過激とも取れるものがあったり、無謀だと思われたりするものがある。ただ、セキュリティ市場全体を見渡したとき、著者の意見は大きく間違っているものではないと思う。
    ただ、「セキュリティ」という言葉の定義が人によって異なる現状からすると、やはりただの夢物語に過ぎない感じも否めない。
    一人の技術者の意見として読み流す程度にとどめておき、自分の中で落としこむ作業が必要な書籍だろう。
    内容としては面白いので業界関係者は一読してみると良いと思う。

  • セキュリティ業界に身をおく著者のコラム集。と個人的には思いました。

    45章ありますが、1章1テーマで短くまとめられているのですんなり読めると思います。

    ただ、テーマが網羅的ではないので、例えばCISSPの資格の勉強などには使いにくい本だと思います。単純に読み物として読んだほうがいいです。

    続きはコチラ
    http://blog.livedoor.jp/oda1979/archives/2808452.html

  • あー。全部の章を読んでません。

    読んだ章も、ところどころ読み飛ばしました。

    知らない事実もあったので、ためにはなりました。

    こういった視点も必要かなと思います。

    なんか、公平な文書じゃない?って思っちゃいました。
    (McAfeeの人のようですし)

    う~んと、読まれる方によっては、取り扱いに要注意ですね。
    (本って鵜呑みにしないようにですね。)

  • 内容的に可もなく不可もなく。
    ただ知っておいた方がよい物もちらほらありました。
    IT屋さんなら書店で内容を見てみるのはいいと思います。購入の必要があるかどうかは人それぞれ。

全11件中 1 - 10件を表示

セキュリティの神話の作品紹介

McAfeeの前副社長で、現SaaS部門CTOである著者が、ITセキュリティ産業に長年携ってきた経験を元につづった本。ウイルスやフィッシングから、クラウドや仮想化まで、コンピュータに対するさまざまな攻撃の手口を記し、攻撃への対抗策を考察する。本来攻撃を防ぎ、対策を講じるはずの「ITセキュリティ産業」の人たちが、結果的にかえってユーザを危険にさらしていることや、ユーザが正しい防御策と信じている事柄の危険性を指摘し、ITセキュリティの真の姿を明らかにする。

ツイートする