Mad Science ―炎と煙と轟音の科学実験54 (Make:PROJECTS)

  • 229人登録
  • 4.13評価
    • (30)
    • (29)
    • (13)
    • (2)
    • (1)
  • 37レビュー
著者 : Theodore Gray
制作 : 高橋 信夫 
  • オライリージャパン (2010年5月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873114545

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
高野 和明
冲方 丁
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

Mad Science ―炎と煙と轟音の科学実験54 (Make:PROJECTS)の感想・レビュー・書評

  • 中学生の時に本書を読んでいたら科学部(化学部)に入っていたかもしれない。危険すぎるワクワク実験の数々。
    生のNaとClを混ぜて食塩を作り、重水で氷を作る。マッチ、鉛筆、ナイロン、アルコールを自作する。炉で金属を溶かすのは当たり前。テルミット反応まで起こす。
    でんじろう先生(を使うバラエティ番組)、被験者ばかり危険にさらさないで、こういう面白いの見せてよ。

  • ドクロマーク付きの絶対危険でおかしな実験がたくさん!爆発するシャボン玉を作ったりスニッカーズをロケット燃料にしたり、写真だけでもインパクト十分でおもしろいです。液化窒素を入れて凍らせるアイス、作ってみたい。すごくなめらかになるらしい!基本爆発ものが多いですが、雪の結晶を接着剤で硬化させて保存するなどというロマンティックなものも。一応HOW TOが書いてあり「十分な経験を持つ読者なら、実験を実際に行うことも可能」だそうです。

  • 相変わらず O'reilly の編集は読みにくい。そして、例によって、通常よりもかなり多めの知識が詰め込まれている。質的にも、私が知らなかったようなものがかなり含まれているので、マニアックである。演出も十分だが、日本の狭い自宅でやってみようとするには危険すぎる実験が多い(街から外れた納屋が必要なレベル)。

  • 【配架場所】 図・3F開架  
    【請求記号】 407||GR

    【OPACへのリンク】
    https://opac.lib.tut.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=165335
    【推薦コメント】
     科学でこんなこともできる!!

  •  学校では絶対にできないであろう、炎と煙と轟音が伴う化学反応の再現実験。ならばせめて、写真と図解で紹介しよう!
     家庭で再現できるものから、ちょっぴりの油断や慢心が死につながる危険なものまで、54の実例をフルカラーで掲載した、絶好の化学の副読本。

     この本を読んでからドラッグストアやホームセンター、百円ショップに行ってみよう。これまでとは違った視点で、棚に並んだ商品を見ることになるはずだ。

  • こんな本を出版していいのか!
    というのが第一印象。授業では絶対紹介されないような危険な実験が多数紹介されています。方法等も親切に書かれていますが、しっかり自己責任の元行うこと。
    ただ、著者の圧倒的な知識&好奇心に加え、美しい写真が好奇心を刺激してならない。

  • 購入。

    美しい科学実験を写真付きで解説している。元素の解説がついていることが多い。

    とにかく写真がきれい、理科の実験の地味さとは比べ物にならないほど目を引く。中学あたりのマグネシウムを単純に燃やす実験でも光のまばゆさに衝撃を受けたが、この本にある「金属は燃えるがままにせよ」(表紙の写真)のように接していたらまた違う感動を得られたと思う。

    「グラスのなかの量子力学」では過酸化水素と塩素を混ぜて光る現象が、量子力学の入り口になるとあり、引き込まれる文章だった。

  • 写真もたっぷりで眺めているだけで男子はワクワクできる本。

  • 推薦理由:
     興味本位で危険で面白い化学実験の数々を、フルカラーの写真とユーモラスな解説で楽しめる。

    内容の紹介、感想など:
     ナトリウムと塩素を爆発的に反応させるという危険極まりない実験の目的は、ポップコーンに塩味をつけること。美味しいアイスクリームの材料は、生クリームと砂糖と卵とバニラに1リットルの液体窒素。重水で氷を作り、「氷が水に沈むかどうか」という賭けをしよう。スニッカーズやオレオクッキーのエネルギーで模型ロケットを飛ばそう、等々。この本に載っているのは、タイトルに恥じないMadな科学実験ばかりだ。全ページが「決定的瞬間」を捉えた写真とユーモラスな解説で、科学が好きな人はもちろん、全然興味ないという人でも引きこまれてしまう面白さである。それぞれの実験は、材料と手順が詳しく解説されているが、材料や道具を入手するのは難しいかもしれないし、かなり危険な実験もある。しかし、誰でも「ちょっとやってみたい」と思ってしまうに違いない。

  • 化学に触れるのは高校以来のド素人ですが、説明もわかりやすく、なにより素晴らしいです。強大なエネルギーを感じる写真が多々。ていうか危ねえ!

  • 「空き瓶一杯に貯めた銅貨を使って、両替よりももっと楽しい事が出来ないか探している人へ。合言葉は『酸』だ。」(本文より)

    酸だ、じゃない(笑)。ここで笑えないユーモア欠乏症の方にはお薦めしませんが、結構万人向けです。
    刺激的で意外と日常的な数多の科学実験を修めた本書は、「化学の普及」と言った高尚な目的はみじんも持たずに著者がやりたい実験をやりたいようにやっています。普通の科学書は「液体窒素でアイスを作る」とか「高電圧でコインを圧縮する」しません。視力に多大な影響を与える実験が非常に多いのですが、対処法もしっかりと書かれており親切な作り。対処法のハードルの高さを理解出来れば真似しようとは思いません。

    この本から学んだ最大のポイント、それは「専門知識と好奇心があれば人生は退屈しない。少々のお金があればなおさら」

  • 世界一美しい周期表の著者が書いた、Mad scienceの本。アメリカンな感じ。見るだけでも面白い(^_-)

  • 化学はばくはつだ! ヤバい感じの実験と美しい写真で眺めてるだけでも超楽しい。化学の知識なんてなんもなくても「すげーwww」で楽しめる良書。

  • 僕が持ってる本の中でもダントツでマジメにバカやってる本。笑える。でも、あくまでも科学原理に則った話だし、解説もしっかりしてるのですごく深く読める本。こんなことしてみたいよな〜と思える「イカれた実験」100選。オールカラーなのがポイント高し。

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:407||G
    資料ID:51000686

  •  全カラーで,いろんな科学実験54のレシピを紹介。ただし危険。しょっぱなが,ナトリウムにボンベの塩素を混ぜる製塩法。反応容器の上に吊り下げたポップコーンに塩味をつけようという寸法。ポップコーンを入れてた網は熱で溶け,反応容器に落ちたコーンが弾けて,燃え盛る金属ナトリウムがまき散らされる。危ない…。
     ほかにも,水銀を使ったファラデーモーター,液体窒素を使ってアイスクリーム作り,水素のシャボン玉に火をつけて爆発,などなど危険な実験が満載。さすがに自分でやってみようとは思わなかった…。
     写真が多くてビジュアルが良いので,子供たちと眺めたりも。低融点合金でできた,湯で熔けるスプーンとか,重水で作った水に沈む氷とか,なかなか興味深いらしく良く見てた。

  • 自宅でやってみるわけにはいかない実験ばかりだが、写真を眺めているだけで楽しい。

  • 資料ID:W0156871
    請求記号:407||G 79
    配架場所:本館1F電動書架C

  • ナトリウムに塩素を噴射し、塩化ナトリウム=塩を生成してポップコーンに味付けをするなど、過激な実験が満載。写真も非常に美しく、見ているだけでかなり楽しいです。
    単に過激なだけではなく、もちろん読むといろいろと科学的知識も身につきます。液体金属がこんなに簡単に作れるなんて知りませんでした。

  • 書名の通り大変Madな内容となっています。
    とはいえ、一つ一つの実験が高度なために尊敬すら覚えてしまいます。
    この本は家庭でできる実験本とは全く違います。
    きっと、おそらく、家庭ではできない、というかしてはいけない。
    止めはしませんが…。
    写真が多く、目で見て危険を味わえること請け合いです。

  • これはすごい本です。家庭?で本当にいろいろな過激な実験をやってしまうんです。HPには映像もあります。よい子は決してマネをしないように。でも,やってみたくなるなあ。

  • …ん?ちょっと待てよ、まさかこの人…。
    やっぱりそうだ!「元素図鑑」のあの人じゃないか!そりゃイイ感じにブッ飛んだ内容に違いない!
    勿論「オイオイオイオイこのオッサン、何やっちゃってるの…」と終始度肝を抜かれることになったのだが。こんなにニヤニヤ出来る科学書ったらない。ちょっとした言葉がもう一々愉快。「猛毒も清潔に」とか。
    あと「How to」が料理レシピっぽいのが笑えたり。化学は台所から発生したって説もあるんだっけか。うん似てる似てる、材料にオレオとかもあるし。
    ただ料理との些細な違いは、ほんのちょっと火が強火だったりね、2000度とか。塩味つけるのにも命がけだったりね。あと逃走経路の確保が強く推奨されてたりするってところだけだよね。
    塩味のところの注意事項「この二つを混ぜるのは正気といえない」って、いやアンタでしょうよ、やったの。

    実家に帰ったらこの本で一番安全性が高そうなアレを試してみようと思います。雪の結晶を永久保存。東急ハンズに売ってるかなぁ、プレパラートとカバーガラス。

    そして後書きで知ったが著者はイグ・ノーベル賞の受賞者らしい。案の定!

  • これ、最高だ!
    この本のまねすると、家を破壊するか、警察に捕まるか・・・・いずれにせよ人が死ななければ幸いと言わなければならないだろうww

    それにしても、水銀のプールに入ればどんな感じになるのか知りたい。
    違法じゃないし結果自己責任なんだから、やっても良いんだろうけどなぁ。

全37件中 1 - 25件を表示

Mad Science ―炎と煙と轟音の科学実験54 (Make:PROJECTS)に関連する談話室の質問

Mad Science ―炎と煙と轟音の科学実験54 (Make:PROJECTS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Mad Science ―炎と煙と轟音の科学実験54 (Make:PROJECTS)を本棚に「積読」で登録しているひと

Mad Science ―炎と煙と轟音の科学実験54 (Make:PROJECTS)の作品紹介

科学の歴史では、数多くのアマチュアサイエンティストが自宅の地下室や作業場で実験を行い、驚くべき成果をあげてきました。本書はその伝統を継ぎ、エクストリーム(過激)な実験を通して、科学の原理と楽しさを伝える書籍です。すべての実験はプロの写真家によって撮影され、読者は「オレオクッキーを燃料にしたロケット」「コップ一杯の水と電池で水素を作る方法」「シャボン玉爆弾」「雪の結晶を永久保存する方法」など、54本の実験の決定的な瞬間を安全に楽しむことができます。十分な経験を持つ読者なら、実験を実際に行うことも可能です。

ツイートする