クラウド セキュリティ&プライバシー ―リスクとコンプライアンスに対する企業の視点 (THEORY/IN/PRACTICE)

  • 130人登録
  • 3.63評価
    • (4)
    • (5)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 13レビュー
制作 : 下道 高志(監訳)  笹井 崇司 
  • オライリージャパン (2010年6月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873114583

クラウド セキュリティ&プライバシー ―リスクとコンプライアンスに対する企業の視点 (THEORY/IN/PRACTICE)の感想・レビュー・書評

全13件中 1 - 13件を表示

クラウド セキュリティ&プライバシー ―リスクとコンプライアンスに対する企業の視点 (THEORY/IN/PRACTICE)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

クラウド セキュリティ&プライバシー ―リスクとコンプライアンスに対する企業の視点 (THEORY/IN/PRACTICE)の作品紹介

企業情報システムのクラウド化に際して、直面するリスクに正しく向き合うために、クラウド技術のセキュリティについて解説。企業ユーザに向けて、クラウドを体系的に解説し、インフラストラクチャセキュリティ、データセキュリティとストレージ、監査とコンプライアンス、またクラウドが企業ITに与える影響など、クラウドのセキュリティについて包括的に解説。

クラウド セキュリティ&プライバシー ―リスクとコンプライアンスに対する企業の視点 (THEORY/IN/PRACTICE)はこんな本です

ツイートする