アプレンティスシップ・パターン ―徒弟制度に学ぶ熟練技術者の技と心得 (THEORY/IN/PRACTICE)

  • 246人登録
  • 4.11評価
    • (19)
    • (32)
    • (10)
    • (1)
    • (0)
  • 22レビュー
制作 : 柴田 芳樹 
  • オライリージャパン (2010年7月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873114606

アプレンティスシップ・パターン ―徒弟制度に学ぶ熟練技術者の技と心得 (THEORY/IN/PRACTICE)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 7月2日に翻訳者の柴田 芳樹さんから献本いただきました。どうもありがとうございます。

    さて、一見、舌を噛みそうなタイトルですが、実際に口に出してみると意外と大丈夫なので安心して声に出して読んでみましょう。せーの、、、という話は、置いておいて、「アプレンティスシップ」ってご存知でしょうか? 私は知りませんでした。

    で、サブタイトルに目をやると、「徒弟制度に学ぶ熟練技術者の技と心得」という、、、おい、この日本語はどこで切れるんだい? というものです。

    [徒弟制度に学ぶ] [熟練技術者の技と心得]
    [徒弟制度に学ぶ熟練技術者の] [技と心得]
    [徒弟制度に学ぶ熟練技術者の技] [と心得]

    うーん。読み終わった今、考えてみるとどれも違う気がします。
    いただいておいてなんですが、タイトルとサブタイトルで損してないですか??

    自分なら、
    タイトル:徒弟制度に学ぶ!ソフトウェア開発者を極めるための行動パターン
    サブタイトル:志あるソフトウェア職人への手引き

    とかにするなぁ。うーん。うーん。
    タイトルは出版社マターなので、柴田さんには選択の余地がなかったのかもしれませんが……。

    ★★★

    さて、本書は、成長中の意欲を持ったソフトウェア職人が、指導者または業界の全体とコミュニケーションをとる役割になるまでに直面する様々な難題に対して、どのような「行動パターン」を取ればその壁を乗り越えることができるかについて書かれています。

    ここで、成長中の意欲を持ったソフトウェア職人のことを“アンプレテイス”(apprentice)と呼び、指導者のことを“ジャーニーマン”(journeyman)と呼んでいます。
    見習い奉公中の職人が“アンプレテイス”で、徒弟奉公を済ませた一人前の職人が“ジャーニーマン”なのですね。

    “ジャーニーマン”の上に位置する“熟練職人”(master)というのもあります。

    スターウォーズのジェダイ・パダワン(Jedi Padawan)、ジェダイ・ナイト(Jedi Knight)、ジェダイ・マスター(Jedi Master)のようなものです。

    ★★★

    本書では、各パターンごとに「パターン名」「状況」「問題」「解決方法」「行動」「関連項目」でその問題に対してどういう行動をとればよいかが示されます。

    多くのパターンは「やっぱりそうであったか」と自分の経験から納得できるものでした。
    したがって、アンプレテイス達は道に迷った時に本書を読み返すことで明かりがみえると思います。

    ちょっと読みにくい(例えば日本語としては「あなた」という単語を消した方が読みやすいところが多いように思いました)のですが、参考になる(考えさせられる)ところの多い本でした。

  • 言いたいことはものすごくよく分かるけど、これらのパターンすべてを現実的に実践していけるような人が果たしてどれだけいるのだろう、というのが正直な感想。

    ソフトウェア開発者として生涯を通して成長し続けたいと熱望してやまず、そのために人生のすべてを捧げるぐらいの勢いじゃないと無理なんじゃないかと感じる。

    東方仗助の「なるほど完璧な作戦っスねーーっ 不可能だという点に目をつぶればよぉ~~」というセリフを思い出した。

    しかしまあ、それは極端な解釈であって、ソフトウェア開発者がスキルの向上を目指す上で参考にすべきマインドセットを学べるという意味では十分に良書だとも思う。

    部分的に取り入れつつ、自分なりのアプレンティスシップを形成していきたいなと思った。

    個人的には、
    ・気の合った者同士
    ・芸術より技芸
    ・壊してよいオモチャ
    ・学びを共有する
    ・無知をさらけ出す
    ・良き指導者を見つける
    あたりが琴線に触れた。

  • オライリーから出版された技術書ですが、ソフトウェア開発に留まらず、何かを極めようとしている人全般の役に立つパターン/アドバイスが記されています。

    何らかのプロフェッショナルになりたい、という人サポートする本ですので、まずはなりたいという熱意が無ければ何も始まりません。
    なのでこの本を見返す時、自分は「持続可能なモチベーション」「情熱を育む」のパターンからページをめくります。

    似たような概念をパターンとして抽出する、というソフトウェアエンジニア的視点から書かれた個性ある自己啓発書と捉える事も出来るような気がします。

  • まだ半分くらいしか読んでないけど、全体的な雰囲気としては掴めてきた。苦しい現状を前向きに捉えつつ成長に繋げるための指南・啓蒙書といった感じ。

    開発経験の長い人は当たり前に実践していることが多いと思う。
    泥沼にハマってたり落ち込んでるときに読むと、背中を押されるように救われることもありそう。

    ひとつひとつの項目は短くて、通して順番に読んでくと、エモいことだけが書かれたウィキをつらつら眺めてるような感覚になりますね。

  • [ 内容 ]
    本書は、徒弟制度をモデルとし、真のソフトウェア熟練職人を目指すためのパターンをまとめたものです。
    新しい技術の登場と絶え間ない変化に柔軟に対応し、ソフトウェア開発を生涯の仕事とするための心得とパターンを紹介します。
    意欲ある新人ソフトウェア開発者、またソフトウェアの匠を目指す技術者必携の一冊です。

    [ 目次 ]
    1章 序論
    2章 カップを空にする
    3章 長い道のりを歩む
    4章 正確な自己評価
    5章 永遠の学習
    6章 自分のカリキュラムを作る
    7章 結論
    付録A パターン一覧
    付録B 徒弟制度募集
    付録C Obtiva社徒弟制度プログラムの初年の振り返り
    付録D オンライン情報

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 自分用の Wiki クローンを作って、学んだことをまとめようと思い立った本。

  • 非常にためになった。英語からの和訳ということもあり若干言い回しに分かりにくいところもあったが、読んでいるうちにそれも慣れた。

    内容は、サブタイトルにもある通り、徒弟制度を参考にした技術者の技と心得ということだが、とりあえず情報量が多い。僕の経験が足らず目新しいだけなのかもしれないが、エッセンスがぎゅっと凝縮されているように感じた。
    少し経ったら、今度はノートに短くまとめながら読んでみたい。

  • 内容的にはプログラマとして成長するにはどうしたら良いか、といったもので個別のトピックは達人プログラマー等と重なる部分も多い。この書籍固有のものとしてはタイトルが表すように徒弟(師弟)の重要性を説いているところ。

  • 初心者だけでなくそれなりに経験をつんだエンジニアであっても学べることがある良書です。

    エンジニアリングという長い道のりをどうやって歩いていくべきか、迷った時にその状況に応じて取るべき行動や心構えを示してくれる本です。

    もっと早くにこの本を知っていたらいまとは違った選択をしていたかもしれないと思いました。

全22件中 1 - 10件を表示

Adewale Oshineyeの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ケント ベック
Joel Spo...
ブライアン カー...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

アプレンティスシップ・パターン ―徒弟制度に学ぶ熟練技術者の技と心得 (THEORY/IN/PRACTICE)に関連するまとめ

アプレンティスシップ・パターン ―徒弟制度に学ぶ熟練技術者の技と心得 (THEORY/IN/PRACTICE)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

アプレンティスシップ・パターン ―徒弟制度に学ぶ熟練技術者の技と心得 (THEORY/IN/PRACTICE)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アプレンティスシップ・パターン ―徒弟制度に学ぶ熟練技術者の技と心得 (THEORY/IN/PRACTICE)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アプレンティスシップ・パターン ―徒弟制度に学ぶ熟練技術者の技と心得 (THEORY/IN/PRACTICE)を本棚に「積読」で登録しているひと

アプレンティスシップ・パターン ―徒弟制度に学ぶ熟練技術者の技と心得 (THEORY/IN/PRACTICE)の作品紹介

本書は、徒弟制度をモデルとし、真のソフトウェア熟練職人を目指すためのパターンをまとめたものです。新しい技術の登場と絶え間ない変化に柔軟に対応し、ソフトウェア開発を生涯の仕事とするための心得とパターンを紹介します。意欲ある新人ソフトウェア開発者、またソフトウェアの匠を目指す技術者必携の一冊です。

アプレンティスシップ・パターン ―徒弟制度に学ぶ熟練技術者の技と心得 (THEORY/IN/PRACTICE)はこんな本です

ツイートする